【エロ体験談】彼女は処女だったのですがあまり痛くなかったそうです | H体験談~エロばなまとめ
   

【エロ体験談】彼女は処女だったのですがあまり痛くなかったそうです

高校3年生の頃の話です。

自分には好きな人がいました。

仮にその子をたか子とします。

たか子は高校1年の時に初めて同じクラスになり、

自分が一目惚れしました。

ですが、彼女とは1回も喋った事がありませんでした。

彼女と初めて喋ったのは、高校2年の時。

彼女は高校2年の前半の頃、

病院に入院していたため、

しばらく学校を休んでいました。

彼女は2学期が始まった時に登校し始めました。

そんなある日、

自分が放課後友達を探していると、

自分の教室が明るくて、

気になって中を見てみると彼女が1人で勉強をしていました。

その時初めて彼女に話しかけました。

自分「○○見た?」

たか子「○○?うーん見てないけど、」

自分「そっか・・・・・・てか何やってんの?」

たか子「ん?勉強だよ。入院してる間に数列の範囲がスゴい進んでて全く分からないんだ」

真面目だな~って思ってると、たか子

「伊藤(自分の名前)さ、ここ教えてくれない?伊藤って数列得意なんでしょ?」

自分「・・・いいよー」

確かに当時自分は数列の帝王と呼ばれるぐらい数列ができていたので、

ここは見せ場だと思い、彼女を教える事になりました。

自分「ここにこれを代入して、それで・・・・・・」

こんな感じに教えていると。

たか子「おー解けた。さすが数列の帝王だね」

自分「正直解き方さえ分かれば簡単だろ?」

たか子「うーんでもやっぱ難しいな。・・・・・・ねえ、もしまた時間あったら教えてくれない?」

自分「おう、任せとけ」

何より彼女とこんなに話す事ができて、

自分のテンションは上がっていました。

もっと話したかったのですが、

探していた友達が来たので彼女とは別れました。

帰りに友達が、

「そろそろ伊藤も彼女作って、俺を裏切るんだな~」

と冷やかしてきましたが、凄く嬉しかったのを覚えています。

その日の夜、彼女からメールでまた教えてくれっていうメールがきたので、

明日もまた勉強を教える事になりました。

次の日から彼女の勉強を手伝う事になり、

彼女とは話す回数が段々増えてきました。

そんなある日、

たか子「伊藤ってさ・・・好きな人とかいる?」

自分「え?いるけど、」

たか子「えーだれだれ?」

自分「・・・言えるか」

本当は目の前にいるのに、なぜか言えませんでした。

その後、彼女は自分の好きな人を探ろうとしてきましたが、

自分は断固として言いませんでした。

自分「じゃあさ、たか子は好きな人いるの?」

たか子「・・・・・・いるよ」

自分「へぇー」

正直これ以上聞きませんでした。

もし自分じゃなかったらの事を考えて、そこは聞けず、

それからは互いの好きな人を詮索する事はなくなりました。

それから半年ぐらい経ち、気がつけば高3です。

彼女とは同じクラスでしたが、

もう勉強を教える事はなくなり、

話す事も減ってきました。

自分も志望校を目指すのに日々勉強ばかりしていました。

そんなある日、友達が急に、

友達「あー彼女欲しいな」

自分「この時期に何言ってんだ」

友達「いやさ~最近ストレスばっか溜まってんだわ。だから癒しが欲しいわ」

自分「・・・・・・確かにな」

友達「確かにって、お前彼女いるじゃん」

自分「は?」

友達「とぼけんなよ、昨日予備校で俺そっちのけで楽しそうに話してたじゃねーか」

自分「ちげーよ、ただの幼馴染みだよ」

友達「はぁ~どっちでもいいけど、さ、調子乗ってると殴るぞ」

こういう会話をしていました。

その日の放課後先生に質問して帰ろうと思っていたら、

教室にたか子がいました。

あまり話していなかったので、

久しぶりに彼女に話しかけました。

自分「おう」

たか子「・・・・・・あのさ、伊藤ってさ、志望校どこ?」

自分「俺?・・・・・・俺はH大学だけど、」

たか子「うーん・・・・・・じゃあ私もそこ受けようかな」

自分「えぇ??ってか志望校まだ決めてなかったのか?」

たか子「まぁね。親とか先生に早く決めろって言われてる」

自分「でも何で俺と一緒のとこなんだ?」

たか子「・・・・・・だって伊藤の事好きだから」

自分「え?・・・マジで?」

たか子「うん、勉強教えてくれる前から好きだったんだよ」

自分「そうか・・・」

この時すぐに返事しとけばよかったのに、

状況がまだ飲み込めていなかったので、

しばらく棒立ちのままでした。

すると、

たか子「・・・でも伊藤って彼女いるんでしょ?」

自分「え?」

たか子「今日話してるの聞いたんだ。だから返事は聞きたくないよ」

そう言うと彼女はどこかに行ってしまいました。

自分は何をする事もできず、しばらく棒立ちしてました。

次の日、彼女とは目を合わせる事も出来なかったのですが、

さすがにこのまま誤解されては駄目だと思ったので、

放課後彼女を呼び出しました。

自分「あのさ、本当に俺、今彼女いないよ」

たか子「・・・・・・」

自分「俺もさ、ずっと前からたか子の事好きだったんだ」

たか子「・・・・・・本当に?」

自分「うん」

たか子「本当に本当?」

自分「うんうん」

たか子「じゃあさ、キスしてくれる?」

自分「うん」

教室でしたが、かなり動揺していたのでオッケーしました。

そしてキスをした後、彼女は

たか子「ねえ誰も来なさそうだし・・・・・・やらない?」

自分「いやいや無理無理無理、人来たらヤバイだろ」

たか子「えーやろうよ、最近ストレス溜まってるって言ってたじゃん」

自分「・・・・・・じゃあ、せめて奥のE組でやらない?」

自分の性欲には勝てません。

結局当時使われていなかったE組でする事になりました。

自分「じゃあ・・・やるか」

たか子「うん」

始めにキスをしました。

結構長かったので息苦しかったですが、

とても気持ちよかったです。

彼女の下を触ればグショグショで、

もう入れてもよさそうだったので彼女の中に入れました

自分「大丈夫?痛くない?」

たか子「・・・ちょっと気持ちいいかも」

彼女は処女だったのですが、あまり痛くなかったそうです。

それから10分くらいして中に出し、その日は2人で帰りました。

たか子「ってか伊藤って本当に彼女いなかったの?」

自分「だから本当だよ」

たか子「じゃあ前に言っていた幼馴染みの子って何なの?」

自分「いや普通に女友達みたいなやつだよ。てかあいつ彼氏いるし」

そう言うと彼女は無言で腕にくっついてきました。

その後は特に会話はしていないのですが、幸せでした。

その後自分たちは無事志望校に合格しました。

今も付き合っています。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング