私はいやらしい女です。いつも変な事妄想して楽しんでいました。
あんな事されたら、あんな事したらと一人で顔を赤くする事もしょっちゅう。
夫は昔私の浮気を疑ってました。露出の多い服。 短いスカート。
苦言を呈する夫に「綺麗で若く見られるほうがあなたもいいでしょ?」
と切り返してきました。 勿論浮気の経験なんてないです。
おかげで夫は、未だに月に2,3度は求めてきます。
もうくたくたになって、もういやって言うまでしてくれます。

でも、セックスはセックス、願望は違うのです。
若い子は凄くいいんです。高校生ぐらいの子は全く
無遠慮な視線を投げかけてきます。
仲間と顔を見合わせてニヤニヤします。
彼らに拉致され、好きなように弄繰り回される、、、そう想像すると思わず下着が濡れてしまうんです。

帰ってきてスカートをめくり、オナニー。
指を激しく振動させ、いや、いやっと激しく腰をふってイっていました。
もう妄想じゃ我慢できなくなってきた自分を感じました。
家庭にはもう一人同じ事をしている人間がいたから。
そう、思春期を迎えた息子。私の命です。
実際に見た事はなくても「兆候」はわかります。
誰を?どんな事考えてしてるの?
まさにジェラシ-。

時々私の脚を盗み見ているのは知っていました。
今年中学3年生。高校の付属なので受験はなく部活に頑張ってます。
私は息子をちょっとかまいすぎ。いえ私がかまって欲しいんです。
お友達がくるんですけど、息子は私がお菓子持ってったりすると怒ってました。
私がエッチっぽいってからかわれてたんです。



ある時ひどく怒られて悲しくなりました。「じゃあ、オバサンぽい私の方がいい?」「そんな事ないけど、、、」
「まさか、私の事エッチな目でみてる?」
「え?そんな事ないよ」
「うそ!」私は息子をソファに座らせ、隣に。
胸に手を導きました。なでるように揉んできました。

もう、たまらない。夢よこれは夢よ、だから
なにしてもいい、そう思い込むことにしました。
その日は紺のタイトスカート。丈は膝上15センチぐらい。
テーブルのイスを向かいに持ってきて座りました。
そう、ここは電車。そっと少し脚を開きました。

「見える」「少し」
徐々に脚を開きました。
その日はベージュのけっこう面積が狭いパンティ。
スカートをたくしあげ、指をそこに。
私は目を閉じ聞きました。「見てる?」「見てるよ」
下からそっとなぞり徐々に強くしていきました。

「あ、、ああ、、、、、」
もういっぱい染み出てくるのがわかりました。
絨毯の上に寝て脚を拡げた私。
「きて、、こすって、、、」
「こう、?」「もっと強く、、もっと、、、」
息子はこぶしをつくり、激しくこすり、あげてきました。

「ああ、いやああああ!」
私は、噴出して達してしまいました。
「あ、、触らないで、、あああ」痙攣する私。
それが息子との官能の日々の始まりでした。

おすすめの記事