「真帆」という女性と知り合いました。

真帆と出会ったのは、俺が学生の時で、
そいつは2個下の違う学校の女。

ちなみに俺はダブりで、今はフリーターをやっている。

真帆は、顔も可愛いいっちゃ可愛いけど、
俺の好みのギャル系やヤンキー系じゃなくて、
上品で清楚なタイプで真面目な感じ。

でもなんでそんな奴と知り合ったかって言うと、
夏休みに友達と駅前にいたときに、
真帆も友達と3人で駅前にいて、
そん時の格好がムチャクチャエロくて即行でナンパしました!

てゆーかエロいって言っても、
全然ふつーなんすけど

言ってる意味が滅茶苦茶ですんませんが、
胸元が軽く大きめに開いたTシャツに
膝上ぐらいのスカートだったんだけど、
体つきが滅茶苦茶エロくて、ムッチムチの感じで、
パイオツもデカくて、日焼けした女としかヤッてなかった俺にとっては、
日焼けしてない真面目っぽい女が新鮮に見えて、
しかも体つきがエロすぎたから 、
ぜってーハメてやるって思ってナンパしました。

普通の格好で真面目そうなに、
おっぱい大きくてスタイル抜群で、黒ギャルとは違った
エロさがあったんですね

そんで丁度3対3だったから、
話しかけたら最初は無視されて拒絶って感じ。

でもすぐに一人の女が笑いのツボにハマッてきてから感じになってきて、
「俺らの車でどっか行こうぜ」って言ったけど拒否られたんで、
「まぁまぁジュースでもおごりますよ!」なんて言って
自販機の前で少し喋りました。

向こうも俺らがちょっとチャラ男系だったから引いてたけど、
話せば意外と食い付きがよかった。

でも結局その日は映画見るって事でダメだったけど、
連絡先はガッチリ押さえて帰った。

ただその日の夜は、真帆のムチムチマ○コに挿入する事を
考えながらヤンキーのセフレを犯しました。

そして次の日即行で連絡とって、
何とかドライブに誘いました。

「海行こうぜ」って誘って、
この前の3対3で行く事になりました。

水着もってこいって言ったんだけど、
奴らが警戒してか持ってこなくて、
行く途中で強引に「買ってやるから!」つって水着を買いました。

しかも俺らが一緒にいるから、
かなりエロい奴をチョイスしました。

海につくと、真帆たちも空気的に渋々着替えにいきました。

そしてビキニで登場した真帆たちに、
即行で勃起してしまいました。

もう俺らはキャラ的に変態オヤジって事になってたんで、
かまわず勃起した状態を見せ付けます。

真帆たちは目を伏せながらも大爆笑でした。

真帆の友達は、
「やめなよ!真帆彼氏いるんだからね!あはは」って言っていて、
真帆だけ彼氏持ち。

そうなると俺は益々燃えてきて、
ぜってー犯してやるって感じでした。

でもとりあえずあのデカパイを味わいたくて、
一緒にゴムボートで海に入って、ワイワイやってました。

最初は警戒してたけど、スキンシップの効果は恐ろしく、
1時間ぐらいでお姫様抱っこぐらいは普通に出来るようになってて、
しばらく遊んでると真帆のビキニから乳首が飛び出していて、
「真帆、動くなよ!」って言ってから、
思いっきり乳首に吸い付いてやりました!

周りは大爆笑で、真帆だけは本気で抵抗してて、
終いにゃビンタされたんだけど、
乳首はコリッコリにおっ立っていました。

そんで最後の方には、
おっぱいぐらい普通に揉めるような感じになっていました。

もちろんその度俺は強烈にビンタされてましたけど!

そんで、海から帰るまでには
真帆とはかなり仲良くなっていました。

周りからは、「なんか昔からの友達みたいだよー」
とか言われつつも、俺は今日中には一発ヤラねーと
収まりがつかねーって思ってました。

家の近くになると皆眠くなってきて、
ガンガン寝ていました。

俺の家の車で来たから、
真帆を最後に降ろす作戦で行きました。

全員送り届けると、最後に真帆と二人になったんで、
「ちょっとドライブして帰ろうぜ!」って言って、
俺のいつものカーセックスポイントに向かいました。

真帆は警戒してたけど、
仲良くなってズバズバ言える関係になったから安心してたんだろう。

俺はカーセポイントにつくと、
「ちょっと真帆、くらげに刺されたかも、
超いてー、見てくんない?」って言って、
ワゴンの後ろに移動した。

さっきまで奴らが寝ていたから、
フラットに倒してあった。

俺はいきなりハーフパンツを脱いで、下半身裸になった。

真帆はすげービックリして
「ちょっとなに?ふざけないでよ!帰る!帰る!」
って騒ぎ出したから、
「ちげーちげー、玉の裏だよ、
マジで、ちょっと見て!」って言いながら玉を持ち上げて、
真面目なフリして見させた。

真帆はすげー嫌がってたけど、
しょうがなく覗き込んで、
「よくわかんないよー」って言っていた。

俺は仰向けで寝ていて、
俺の玉を覗き込むために、
真帆はケツをこっちに向けて覗き込んでいる。

その真帆の格好がヤバくて、ビキニそのままの上に、
俺のTシャツを着てるだけで、ムチムチのケツから、
ふっくらしたマ○コの盛り上がりが飛び出していて、
俺は我慢できなくて後ろからまんこを撫でてやると、
「キャッ、やだー、それはダメ!ホントにダメだから!」
ってマジ拒否してた。

でも俺は完全に勃起していて、
「俺の方がダメだろーが!」って言って真帆に飛びつきました。

真帆はすげーマジ抵抗で、
本気で引っ叩かれたり、引っ掻かれたりしました。

でも俺はパワーには自信があったから、
真帆の両手を俺の片手で握って、頭の上で押さえ込んで、
Tシャツを破きました。(俺のだし)

そこまできたら残るはビキニだけだから、
下着みたいなもんだから、背中の紐を引っ張って、
簡単に取ってやりました。

もうムッチムチの巨乳が飛び出してきて、
乳首にむしゃぶりついてやりました!

真帆も抵抗はしてたけど、
時々「ビクッビクッ」と体が反応します。

「やだ、やっ、やめっやだぁ~」と泣き声交じりで嫌がっています。

この時はマジで嫌だったと思います。

ただ、乳首の方はビンビンに勃起しまくりで、
俺は「真帆、乳首コリッコリなんですけど!」
とかふざけて言っていた。

俺はたっぷりおっぱいを愛撫してやると、
今度は下も紐を引っ張って脱がせた。

少し大人しくなってたのに、
下に手がかかると急に復活して抵抗しだしたけど、
破ったTシャツで両手を縛って、シートに固定した。

そしたら俺の両手が自由になったから、
思いっきり真帆の両足を広げて、
じっくり砂の付いたまんこを見てやった。

真帆はこん時マジで大声で叫びやがったけど、
車内灯の下にマングリ返しで両足を広げてやったら、
びっしり生えたマン毛が、
ビラビラに絡みつくぐらいビッチャリ濡れてやがった。

俺はクンクン臭いを嗅ぎまくって、
「真帆おお、すげ濡れてんじゃーん」っていたぶった。

真帆は顔を背けるように無視していた。

俺はそのびちゃマンをねぶり尽くすように舐めまくった。

真帆は「やめてえ、ホントにやめてよお」
と騒いだけど、時々「あっ、あぁ~ん」と声が出てきた。

クリトリスを重点的に攻めてやると、
腹筋がギュッと力んで、ケツの穴もヒクヒクしてきた。

真帆は必死でポイントをズラそうと腰を動かしてるけど、
すでに34人とヤッてる俺にとっては女の考えてる事はすぐ分る。

力いっぱい真帆の両足を広げて、
ポイントを舐めまくってやると、異常に暴れだしたから、
徹底的に攻め続けると、ガクガクって小さく痙攣しはじめて、
腰をガンガン振りはじめて、

「はぁああ、はぐっはぁあ」

ってうめき声みたいな感じで叫んだと思ったら、
体中痙攣してプルプル震えて、何も言わなくなった。

ガチイキした。

真帆はだらしなく股を広げたまま反応がなかったから、
その隙にぶち込む事にした。

俺が真帆の股に間に割って入って、
マ○コにチ○コを擦り付けてると真帆も気付いたみたいで、

「もう、やめて、はぁ、うっはぁはぁ」と言ってる。

でもイッた後の余韻で力が入らないような感じだった。

俺はもちろんゴムなんて用意してねーから、
そのままぶち込んだ。

自慢じゃないけど俺のチ○コはハンパなくデカいから、
ほとんどの女が最初は痛くて入らない。

真帆の場合はマ○コも全然使い込んでねーから、
入れるだけでかなり苦労した。

痛い痛い騒ぎながらもやっと入って、
真帆に無理矢理キスしながら
「お前、俺の女になれ、いいか」ってずっと囁いてやった。

真帆はずっと、
「いや、こんな事する人なんてふざけないでよ
彼氏いるって言ったでしょ・・・」

って泣きながら言っていた。

俺はゆっくりピストンしながら、
真帆の穴を俺のサイズに慣らすようにして、
時々奥にグリグリ押し付けてやった。

真帆は最初の5分位は痛い痛いうるさかったけど、
だんだん呼吸が荒くなってきて、
歯を食いしばって声を我慢していた。

俺は面白くなって、時々強めに奥を突いてやると、
「あうっ」って声がもれていた。

そしてキスをしながらどんどんピストンを早めていって、
最後には普通に突きまくってやると、
巨乳をブルンブルン揺らして

「あぁ~ん、あっあぅついやぁ~イクぅぅ」と感じまくっていた。

それでも俺が、「俺の女になるか?」と聞くと
「いや、こんなのいやぁあっ、やだぁ」って抵抗していた。

だけどマ○コは相変わらずビッチャビチャで、
どんどん奥からおまんこ汁があふれてきていた。

とりあえず俺は近くに転がっていたインスタントカメラで、
真帆の裸を撮りまくって保険をかけて、
その後本格的にセックスを楽しんだ。

後で時間を見たら、
結局2時間もその場所でヤッていたみたいだった。

真帆のマ○コも俺のサイズに慣れてきて、
バックからぶち込んだときは、
ブリブリマ○コっぺをかましながらもすんなり入った。

真帆のマン汁の量は尋常じゃなくて、
バックになったときにはケツの割れ目に沿って
背中までびっちょり濡れていた。

俺は「お前感じてんだろ?あ?」って言いながら
ケツを叩きスパンキングしまくって犯した。

最後の方になると真帆は抵抗もなくなって、
ただ口を腕で塞いで声を殺していた。

ただ、体はビクビク反応していたから、
挿入してから2回もイってんのは分ってたけど。

そして最後はどこに出すか迷ったけど、
ここまで来たら中出しだなって思って

「いく~~、あーー出る」って言って思いっきり一番奥に
ビュッビュッって音が出そうな量をかけてやった。

この前から真帆を犯す事だけを考えて、
今日は一日巨乳で勃起しまくりだったから、
溜まりまくってすげー量。

その後は当然、「掃除しろ」って言って無理矢理口にぶち込んだ。

それから一発抜いた俺はやっと落ち着いて、
「真帆、わるかったな、お前がエロすぎるからしょーがねーよ」
と言ってごまかしたけど、真帆は完全に無視していた。

それから気まずい空気の中、
二人で着替えて真帆の家まで送っていった。

真帆は一切喋らなかった。

そして家の前についた瞬間、即行で真帆は降りていった。

その日の夜は、「まぁ一発やったし、もう会わなくていいや」って思ってたけど、
次の日になると犯した興奮が忘れられなくなって、
もう一度ヤリてーなって思うようになっていた。

真帆を犯した次の日、一応気になって連絡してみたけど、
やっぱ完全に無視されてて、海に一緒に行った仲間経由で、
真帆の友達に探りを入れたら、
今日は一緒に買い物にいってるらしいって事だった。

ショックで家に引きこもってる感じじゃ無いってのが分かったから、
しばらく様子を見る事にした。

それから1週間以上毎日連絡をしてたけど、
全く無視しされててムカついてきたのと、
もう一度犯したくなってきたので、
真帆の家の前にストーカーみたいに張り込み込みw

真帆の友達経由でその日の行動予定を聞いて、
夕方6時ぐらいから待ち伏せをしてた。

そしたら7時ぐらいに真帆が帰ってきて、
相変わらずのムチムチの体に勃起寸前で声をかけた。

車から顔を出して、「真帆!」って呼んだら、
すぐに俺に気づいて、変質者でも見るような顔で
こっちを睨みつけて走り去ろうとしたから、
もう一度「おーーい真帆!」ってデカイ声で叫んだら、
隣近所に気づかれたくなかったみたいでこっちに寄って来た。

真帆は「なんなんですか」
ってすげー嫌そうな顔で言ってきた。

俺 「お前俺の女になれって言ったよな?何逃げてんの?」

真帆「ふざけないでよ、馬鹿じゃないの、もう来ないで。」

俺 「ふざけてんのはおめーだろ、俺の女になれって言ったらなれよ!」

真帆「は?勝手なこと言わないで下さい。警察呼びます。この前の事も話します。」

俺 「は?いいの?彼氏にバレるよ?な?写真もあんだけど。」

真帆「最低・・・」

俺 :「今から俺んちこいよ、ゆっくり話そうぜ」

真帆「無理、あなたの家なんて行きたくありません。」

俺 「じゃあいいよ、この前のあいつらとこの写真で楽しむわ!」

真帆「ふざけないでよ!ホント絶対許さないから!」

俺 「許さないってどうすんの?あはは、ね?どうすんの?」

真帆「・・・」

俺 「じゃあ明日でいいよ、俺んち来いよ、迎えに来るから、1時でいいな!」

真帆「知らない・・・」

真帆はそのまま家に入っていって、
俺は帰りました。

次の日、ちょっと遅れて1時半ぐらいに真帆の家に着くと、
気づいたのか、真帆が出てきました。

家の前で車に乗るのが嫌らしくて、
俺を無視して歩いていきました。

そして家から離れたところまで追っかけてくと、
やっと止まって車に乗りました。

白いシャツを首まで閉めて、下はジーパンです。

完全な防御体勢です。

そして助手席に座って、窓の外をずっとみています。

話しかけても完全無視で、
そのまま家に連れ込みました。

家には誰もいないから、
俺の部屋に入った瞬間、後ろから巨乳を揉みまくってやった。

真帆この前以上に抵抗して、
マジビンタが飛んできた。

俺もこのままじゃ疲れるから、
「いい加減にしろよ、真帆、お前は俺の女なんだから、
抵抗すんな、彼氏に言うぞ、真帆に中出ししちゃったよって、
マ○コビチャビチャにして3回もイってましたよって、
え?いいの?」

って言うと真帆は黙って下を向いていました。

俺は一服しながらテレビ見始めると、
真帆は5分ぐらい立ったまま下を向いて固まっていたけど、
そのうち、「どうしたらいいの・・・」って言い出した。

俺 「だから、俺の女になってりゃいいんだよ。」

真帆「それは無理です、彼氏がいます。」

俺 「じゃあ別れれば?」

真帆「出来ません。」

俺 「なんで?」

真帆「大切な人だから、ずっと一緒にいたいから・・・」

俺 「じゃあ両方と付き合えよ、
そんで俺に優先的にヤラせろ。」

真帆「そんな事出来るわけないじゃないですか!
お願いします、写真を返してください
本当に彼氏が好きだから、こんな事で別れたくないから
お願いします・・・」

俺 「分かった、じゃあ今日で最後にするから、
一発ヤラせろ。それで終わりにしてやるよ。」

真帆「それは・・・無理です・・・」

俺 「何だよ全部無理ってよー、話になんねーよ。
もういいよ、勝手にさせてもらうわ、帰っていいよ、じゃあね。」

俺は真帆を部屋の外に引っ張り出して、ドアを閉めた。

真帆はビックリして、
「ちょっと、なに?なんなの?開けてよ!どうする気?」
ってあせって叫んでた。

俺は一服終わるまで完全無視していた。

5分ぐらい無視してると、ドアの外から、
「分かりました、分かりましたから、今日だけ・・・」
と声が聞こえたからドアを開けてやった。

そして真帆を部屋に入れると、
「じゃあ、今日だけはお前は俺の彼女だ、いいか?
どんなに嫌いでも、今日は俺を彼氏だと思え!
いいか?」と優しく言うと、
真帆は涙目になりながら「分かりました・・・」って答えた。

そして俺はさっさと裸になると、
真帆の服を脱がせようとした。

だけど真帆は「待ってください
先に写真を全部ここに出して下さい。」
って言うから、ネガも写真も全部出してやった。

真帆が確認してる時に服を脱がせようとしたら、
「いいです、自分で脱ぎます・・・」と冷たく言われた。

そしてカーテンを閉めてくれってうるさく言うから、
カーテンを閉めたけど、電気を逆につけてやった。

真帆は渋々背中を向けて脱ぎだした。

下着になったら相変わらずスケベな体が出てきて、
すぐにぶち込みたくなった。

下着のままこっちに来ようとしたから、
「全部脱げ」って言って裸にさせた。

巨乳を手で隠しながらベッドに座っていた。

俺は、「まずはフェラだな、おい、ほらっ」って感じで
真帆の頭を抑えつけてチ○コに持っていた。

真帆は目と口をギュッて閉じていた。

無理矢理口に入れただけで何もしないから、
「お前が約束守らないならもう帰っていいよ」と言うと、
やっと少し動き出した。

嫌々やってるからなのか、
フェラ自体したこと無いのか分かんないけど、
全然出来てねーから一から教えてやった。

途中でエロビデオも再生して、
同じことやれって感じでやらせていた。

まぁ真帆の口には俺のは入りきらねーから、
くわえるのは無理だけど、20分もやらせてるとそこそこ出来るようになって、
玉とかも舌で舐めまわさせた。

時々、「俺のチ○コうめーだろ?」って聞いて、
無理矢理「おいしいです」って答えさせていた。

俺は真帆に、「ケツこっち向けろ」って言って、
フェラさせながら手マンしてやると、
触った瞬間からビッチョリ、マン毛が濡れてまとまっちゃってたから。

俺は「お前濡れてんじゃねーよ!」って笑いながらケ
ツを叩いてやった。

真帆は耳を真っ赤にしながら聞こえないフリをしていた。

俺はフェラを止めさせて、仰
向けに寝たまま真帆のおっぱいが俺の顔に来るように抱き寄せた。

そして巨乳に顔をうずめながら揉みまくっていると、
すぐに乳首がカッチカチになってきた。

真帆はまた声を殺していたけど、
「今日一日は俺の彼女だろ?我慢したら怒るぞ」
って言うと、徐々に声を出していた。

真帆は乳首の両攻めが弱いらしくて、
乳首を真ん中に寄せて二つ一気に口に含んで舌でレロレロすると、
ガクガク震えながら、
「あっ、やぁ、あん」ていい声が出てきた。

真帆は仰向けの俺にまたがる感じになってるから、
いつのまにか俺の腹が真帆のマン汁でヌルヌルになっていた。

そして気が付くと真帆の野郎は小さく腰を振っていて、
相当感じていやがった。

俺は「お前マン汁溢れてんじゃねーかよ、気持ちいいか?」

って聞いたけど、

「知らない、ハァあんっァハァ」て感じで答えなかった。

そして今度は真帆に俺の顔をまたがせて
クンニしてやる事にした。

真帆もだんだん素直になってきて、
嫌がらずに動くようになってきた。

この前犯したときに真帆のポイントは知ってるから、
そこを舐めるとすぐに逃げようとするから、
ケツをガッチリ押さえて舐めまくると、
すごい力で俺の顔を太ももではさんできたと思ったら、
「はぁああ、はぁっ、うはあっ」って
叫びながら急に力が抜けて、
俺の顔をつぶす勢いで倒れこんできまし た。

また激しくイッたみたいで、
痙攣して起き上がれない状態だった。

あとあと聞いた話だと、
本気でイッたのは俺の車で犯された時がはじめてらしくて、
それ以来俺にヤラれるとすぐにイクようになったらしい。

それで、真帆は立てなくなったから
仰向けに寝かせて、もう一度クリ舐めしてやった。

最初はくすぐったいって騒いでたけど、
また無理矢理押さえ込んで舐めると、
峠を越したあたりからデカイ声で喘ぐようになった。

そしてすごい勢いで腰を振りだして、
俺の手をがっちり握り締めて、

「はぁあああ、やだ、いや、やああっはぁハァ」

って叫びながらイキやがった。

とくに最後の腰フリがハンパ無くて、
こんな変態見たことねーよってぐらい激しかった。

これもあとで聞いた話だと、

オナニーする時はうつ伏せに寝て、
枕にクリをこすり付けてイクらしいので、
腰を動かすのが習慣になってるみたいで、
イク時は勝手に動くらしい。

そして立て続けにクンニでイカせると、
真帆は力が抜けてぐったりでした。

だから今度は指マンに変えて、得意のGスポット攻めしました。

潮吹き女は最初の5、6回動かしたらすぐ分るんで、
クチュクチュってやったら明らかに潮吹き出来そうだったから、
即行激しくかき回したら真帆の奴がブリッジする勢いで
腰を突き上げて感じまくってた。

「ダメ、それダメ、変になる、変になるぅ、あぁ」

って叫びだしたから、

「イク時はイクって言えよ!いいか!」

って怒鳴ると、

「ダメ、またダメ、あっいっイク、イクあぁ~あ」

っ て言ったと思ったら、
やっぱりブチュブチュ言いながら潮が流れ出してきた。

真帆は今まで以上に激しくイって、
指を抜いた後も「チョロッ、チョロッ」って感じで潮が止まんなかった。

これはタオルを取りに行くフリをしてこっそりまた撮影したやつです。

真帆の潮で布団がビチョビチョです。

俺は耳元で、「彼氏とヤッた時もこんなんか?」って聞くと、
フワフワした表情で首を振って、

「こんなの、知らない、ハァ」

ってうわ言みたいに言ってた。

もう真帆は完全にラリッてキメセクしているみたいな感じだったから、
「入れるぞ」って言っても抵抗はなかった。

俺がチ○コをあてがうと、

「避妊、ハァハァ、して、お願い、お願いだから」

って言ってたけど体が動かないみたいで逃げようとしないから、

「今日は俺の彼女だろ?だったら生だろーが」

って言うと真帆は、

「彼氏ともちゃんと着けてるから、ハァハァ」

って言ってたけどそのままぶち込んだ。

やっぱり最初は痛いみたいだったけど、
またゆっくり俺のサイズに馴染ませてやると、この前より遥かに早く感じはじめた。

俺は真帆の耳元で「ああ、気持ちいい、真帆、愛してるよ」って何度も囁き続けた。

真帆も感じてきてるから、俺が囁く度に両足で俺の胴体を締め付けてくる。

俺は真帆に「俺のこと好きか?」って聞いた。

もちろん好きって答えが帰ってくるわけないのは知ってる。

真帆が何も言わないと、
「今日だけだから俺のこと愛してるって言え、いいか?」
って言って無理矢理言わせた。

それも一度じゃなくて何度も言わせた。

俺の経験上、好きじゃないくても何度も好きだって言わせると、
マインドコントロールみたいになって、
好きになるパターンを知ってた。

だから真帆にも何度も言わせた。

真帆に「愛してる」って言わせた後に激しくキスをしながら、
「俺も愛してる」って言って何度も繰り返して、
どんどんピストンを早める。

真帆がイキそうな時に合わせて「
彼氏よりも好きか?」って聞いたら、

「あっ愛してる、いや、ダメ、イク、あぁぁ愛してるぅ、イクぅ」

って叫びながらイキやがった。

もう俺に言わされてるのか何なのか区別はつかなかった。

てゆーか言わされてるフリをして自分の本音を言ってるパターンだろう。

そして結局自分の気持ちがわからなくなってく。

もう真帆はイクときには素直に俺に抱きついて
ガクガク震えながらキスをするようになっていた。

色々な体位で真帆を犯しまくった。

真帆は10回以上は軽くイッていた。

時間を見たら六時になってて、
2時ぐらいからヤッてたから4時間もヤリッぱなしだったみたいだった。

俺もそろそろイクかって思って、
「真帆、そろそろ出すぞ、いいか?」って聞くと、

「ハァハ、うん、中にはぁダメえ、、お願い、ハァハァ」

ってまともに喋れてないけど
中出しだけは拒否してるみたいだった。

でもそんなの関係ねーから、

「中に出そー、やべー中にだすわ!イク、イク」

って言うと

「いやぁダメ、中だめぇ~イクぅぅあぁ~」

って叫びながら、真帆は反射的に両足で
俺の胴体 を締め付けてきて、逃げるどころか自爆してやがった。

俺はマジで気持ちよくて、かなり出た感じがした。

引き抜くとドロドロ出てきてた。

もうこの時は、俺がまたカメラ撮ってるのなんて
分んないぐらい痙攣してマ○コからブリブリ精子を出していた。

真帆は股が閉じられないみたいで、
ヒクヒク痙攣しながら大股を広げてぶっ倒れていた。

一発ヤッた後は急に冷めるのが俺で、
「真帆、もういいから帰れ」って言って風呂も入らせないで追い返した。

送ってくのも面倒だから一人で帰した。

真帆が歩いて帰るのを窓から一服しながら見てたけど、
フルマラソンでも走った奴みたいにフラフラだった。

真帆とは最後の一発の約束でしたけど、
そんなの守るつもりは毛頭なかったから、
次の日午後に真帆の家に行きました。

真帆は一人暮らししてるのを知ってたんで、
いきなり行くと真っ青な顔して真帆が出てきました。

心底『最悪』って感じの顔で、すげー焦った声で、
「これから彼氏が来るの、ホントにまずいの、
帰って、お願い、もう来ちゃうから」ってマジで切羽詰まってました。

でも俺には関係ないから、
「あっそ、じゃちょっと入れさせろ、ここでいいから、
早く、そしたら帰ってやるから。」って言うと、
真帆は必死で抵抗していましたが、
こんなやり取りをしてると彼氏が来ちゃうって思ったのか、
涙目で「じゃあホントに早くして下さい。」って
言って自分でスカートからパンツを抜き取って、
俺が「ケツ出せ」って言うと、
玄関の壁に手を突いて、立ちバックの格好をした。

真帆のケツを両手でグイッて広げると、すでにマン汁が出ていた。

俺 「お前なんだよ、もう濡れてんじゃん、ヤリてーんだろ?」

真帆「もう早く済ませて下さい・・・来ちゃいますって」

俺 「じゃあもっとゆっくりしてこうかな?」

真帆「じゃあそういう事でいいですから・・・」

俺 「あっそ、じゃあ部屋で休んでこっ」

真帆「分りました、したいです・・・」

俺 「チ○ポ入れて欲しいか?」

真帆「・・・はい、入れて欲しいです・・・」

俺 :「彼氏とどっちのチ○ポ入れて欲しい?」

真帆:「こっちです、もういいですから!
お願い早くして下さい!来ちゃいまっ、はぁんだ、駄目ぇ~いやぁ~ん」

俺は突然ぶち込んで、
ケツ肉をパァンパァン鳴らしてピストンしてやった。

真帆のムッチリのケツはいい音が出て、
真帆ビックリしてアエギまくっていた。

真帆のマ○コサイズも、俺の巨根にすっかり馴染んでいて、
奥からおまんこ汁がドンドン溢れてきた。

そして入れて2分もしないうちに、
真帆はガクガクして立てない状態になって、
「いやああ、ダメ、もうダメ」と言いはじめたから、
「これから彼氏がくんだろ?
イク時は彼氏に謝ってからイケよ!」と怒鳴ると、

「ごめんなさい、あっぁあ~、イッちゃぁん、ご・ごめんなさい、
イクぅぅぅハァハァ」

真帆は力が抜けて床に倒れ込もうとしたから、
俺は抱え上げて駅弁状態で、
真帆の背中を壁に押し付けた。

真帆はぐったりしちゃって、
俺がキスすると真帆も舌を出してきた。

そして腰を動かすと真帆は俺にガッチリしがみついてきて、
自分でもグイグイ腰を動かしている。

俺 「もう出すぞ、中でいいな?」

真帆「ダメぇー、中だめ、お願い、
他ならどこでもいいから、顔でも口でもいいから、お願い、ハァハァ」

俺 「ダメだ、出るぞ、中に出してって言え」

真帆「あんダメだよ、あああ、ダメ、お願い」

俺 :「じゃあまだ帰らねーぞ、どうする」

真帆「もうやだああ、あん、好きにし、あぁ中に出し、
ダメ、イク、イッちゃうぅ出して~」

俺は全部真帆の中に出すと、
真帆を床に落として、そのまま口にチ○コをぶち込んで掃除させた。

そして真帆をそのままにして部屋を出た。

車に戻ってエンジンをかけると、
若い男が真帆の部屋に向かっていったので、
恐く彼氏だと思うが、真帆がマ○コに入った
俺の精子をどうしたかは分らない。

そして俺は次の日も当然のごとく
真帆の部屋に行って、玄関で真帆にしゃぶらせて、
精子を飲ませて帰ってきた。

真帆は嫌がってはいるが、
結局強引に押せば股を開く女になった。

ケツ出せって言えば、嫌な顔しながらも
自分でパンツを脱ぐし、しゃぶれって言えば、
俺をイカせる為に玉まで勝手に舐めるようになった。

そしてほぼ1週間毎日、真帆の家で犯してると、
真帆が「彼氏にバレると本当に困ります
連絡してからにしてもらえますか・・・」と言い出した。

逆に言うと『連絡すればいつでもヤラせます』って言ってるようなもんだ。

それから俺は、真帆と連絡を取り合って、
彼氏が帰った後や来る前に性処理をさせるようになった。

俺はその興奮にハマったみたいで、
他のセフレとはしばらく会わなかったぐらいだった。

学校が始まってもその生活は変わらなくて、
彼氏が来ない夜とかは泊まり込んで
朝まで真帆のマ○コを使いまくった。

そして学校まで車で送ってくと、
車の中でパンツを脱がせて、
無理矢理ノーパンで登校させた事があった。

真帆はかなり抵抗したけど、
車から追い出してやって登校させた。

そして面白いのはその放課後だった。

俺は友達の車を借りて
真帆が学校を出てくるのを待っていた。

友達の車は塗装屋の車で、
業務用のワゴン車の窓にミラーシートが貼ってある。

だから昼間は外からは車内が見えないけど、
中からは良く見える感じだ。

ノーパンの真帆が学校から出てくると、
車から呼び付けた。

真帆は真っ赤な顔で焦って寄ってきて、
「学校に来ないでよ!」と嫌な顔をしたが、
無理矢理車に乗せると、フラットにしてある後部座席に連れ込んで
、両足を思いっきり広げてやった。

真帆は真っ赤な顔で
「嫌あ、見えちゃうから!やめて!お願い!」って暴れました。

俺は無視してマ○コを広げると、ビッチョリ濡れていた。

今濡れたのか、今日ずっと濡れていたのか分らないが、
太ももまでベッタリマン汁が垂れていた。

そして俺は真帆をおしっこポーズに抱えると、
窓の外から見えるようにマ○コを突出した。

外には学校からかなりの数の生徒が出てきていて、
帰る奴やその場で話してる奴らでごったがえしていて、
さすがに真帆は泣きそうな顔で嫌がったけど、
「真帆のビチャマン見せてやれよ、
こんなに濡らしやがって、嫌がってんじゃねーよ変態のくせに」とか言ってると、
真帆は嫌がってはいるものの、小さく震えだして、
逃げようとしなくなった。

それどころか、
「あいつ知り合いじゃね?あーあセンコー出てきちゃったよ」とか言ってると、マ
○コからドロドロ汁が溢れてきやがった。

そしてちょこっとクリを擦ってやると、
自分で口を押さえながら腰を振りまくって、
30秒位であっと言う間にイキやがった。

この状況に相当興奮してるみたいだった。

その後も軽く手マンしてるだけで、
ブシャブシャ潮を噴き出しながら、3回もイッていやがった。

普段の10倍早くイク感じだった。

こんどは俺のもしゃぶらせようと思ってチ○コを出したら、
何も言って無いのに自分からしゃぶりついてきやがった。

待ってましたと言わんばかりに激しくしゃぶりついて、
マン汁も止まらくて、太ももがベチョベチョだった。

そして俺が入れようと思って少し体を起こすと、
真帆も察したのか四つん這いになってこっちにケツを向けた。

すぐにぶち込んでやると、
ガクガク崩れ落ちるように顔を床に伏せて、無茶苦茶感じていた。

声は殺してるが、体の反応が尋常じゃ無くて、
太ももがずっとプルプル揺れていて、
何度イッたかわからないぐらいだった。

そして最後は当然のように中出しをした。
もうこの時には真帆は何も文句を言わなくなっていた。

そして車から降りると、フラフラしながら帰っていった。

俺もこのシチュエーションにハマってしまったのか、
車を借りれる時は学校前でしょっちゅう待機していた。

真帆は2度目からは抵抗しなくなり、
マ○コをビッチャビチャにして車に乗ってくるようになった。

このころから真帆が徐々にスケベになってきて、
バックでぶち込んでる時とかに、

「イク、気持ちいいすっごい、イクぅ~凄いよぉ~」とか言うようになってきた。

しゃぶらせてる時も、「チ○ポうめーか?」と聞くと、
従順なペットのようにうなずくようになった。

このカーセックスはかなり面白くて、
真帆が彼氏と外で待ち合わせてる時とかに、
彼氏から見える位置に車を止めて、
目の前で真帆を犯しまくるってのが最高だった。

はじめて真帆にその話をした時は、
かなり抵抗されると思ってたけど、
意外と「どうせ言う事きかないといけないんでしょ」みたいな感じで、
すぐに納得したのが驚きだった。

そしていざ彼氏の目の前で真帆を犯すと、
ハンパじゃなく興奮していてビビった。

もうヤル前から「ハァハァ」いってて、ア
ソコ触ってる時には呼吸困難にでもなるんじゃねーかってぐらい興奮してた。

マジでちょっと触っただけでイクし、
耳もとで「彼氏が見てるぞ」って言うだけで
体中鳥肌たててブルブル震えてマン汁を垂らす女になっていた。

俺は何もしなくて寝てるだけなのに、
勝手にしゃぶって、勝手に上になって入れてきやがった。

もう自分からパンパンすげー音たてながら腰振っていて、
車が揺れまくってるのに気にしないで絶叫してイキまくっていた。

俺は「とうとう頭おかしくなったのか?」って思うぐらいだった。

最後は四つん這いでバックから犯しながら、「
彼氏より俺のがいいだろ?」って聞くと、
今までは絶対答えなかったのに、

「いいの、すっごい、すっごい興奮するうぅ
いっぱいイッちゃう、いい、こっちのがいいの
すっごいおっきい~ダメ、あぁまたイクっ~」

ってヨダレ垂らしながら激しくイっていた。

そしてチ○ポを勢い良く抜くと、マ○コに力が入らないのか、
オシッコみたいなのがビュッビュッ、
ジョロオって噴き出しはじめた。

そしてウェットティッシュでアソコを慌てて拭いて、
彼氏の所にフラフラ走って行った。

それからしばらく野外にハマって、
真帆を連れて公園の便所とかでヤリまくった。

真帆は文句は言わなくて、
明らかに俺に呼び出されるのを楽しみにしてる感じが分かった。

しばらくして俺はナンパした別のセフレにハマりはじめて、
真帆とは連絡を取らなくなりはじめていた。

そして1週間もすると真帆と全く連絡も取らなくなった。

それから2ヶ月過ぎた時に、
なんと逆に真帆から俺に連絡をしてきやがった。

俺はその時セフレが3人いたから忙しくて無視してたら、
何回も連絡が来るようになって、うざかったけど電話に出ると、
「生理が来ないんだけど・・・」とか言い出した。

後で分かったんだけど、この時は生理は普通に来ていたけど、
俺に連絡する理由が無かったからウソをついたらしい。

俺はしょうがねーから真帆の家に行って話を聞いた。

真帆は落ち込んだ感じで待っていたけど、
俺はどうでもよかったから、
「久々にあったんだから取り敢えずヤルか?」って言ってみると、
意外にも「いいけど・・・」とかあっさりオッケーしやがった。

あれだけ俺を嫌っていたはずなのに、
久しぶりに会った真帆は楽しそうにしてやがった。

取り敢えず真帆を裸にすると、
相変わらずムッチリした巨乳が出てきて、引っ叩いて遊んだ。

それでも乳首をビンビンにして感じていて、
マ○コもビシャビシャだったから、
「お前俺に惚れてんの?」って聞くと、

「少し・・・」とか言いだした。

でも俺はハッキリ、
「マジで?まぁ俺はお前なんかセフレとしか思ってねーよ、
マジで」と言うと、落ち込んだ顔をして、
「うん、分かってる・・・」と言ったから、
念押しで「彼氏と別れんなよ!めんどくせーから!」と言った。

それでも真帆はいいらしくて、
抱き寄せるとすぐにキスしてきて、勝手に舌を押し込んできた。

もう昔の真帆とは違い、
俺の言う事は忠実に聞く完璧に調教された性奴隷。

昔は無理矢理フェラさせていたのに、
今では、「これでいいですか?」って聞いてくるようになった。

面白いからオナニーでもさせてみると、
電マを両手で持って、クリに当てて潮を噴きながらイキまくっていた。

そして入れる前は、
「彼氏よりもおっきいオチ○ポを真帆のオマ○コに生でぶち込んで下さい・・・」って言うようになった。

挿入時の感じ方は本気モードで、
俺に激しく抱きついてきて、
「好き、すごい好き、あああ、いい」って言いながら感じていた。

最後に、「中に出すぞ」って言うと、
「中に出して、いいの、できちゃってもいいの、出して、出して、
いい、すっごい、イク、あいぃぃ」
って絶叫しながらイキまくっていた。

真帆が何でも言う事を聞くようになったから、
色々面白い事をさせた。

真っ裸で車の助手席に乗せて走りまくったり、
童貞の後輩の前でマ○コを見せてやったり、
自分の学校の校門の前でう○こをさせた事もあった。

真帆は俺に命令されるたびに快感を覚えていったらしくて、
1ヶ月もするとすっかり俺の奴隷になっていて、
スケベな命令をするたびに目をウルウルさせて興奮するようになっていた。

特にア○ルセックスにはすぐにハマって、
マ○コ以上に感じるらしく、「どっちに入れて欲しい?」って聞く
と「お尻の方」って答えるぐらいだった。

そしてア○ルにぶち込んでヌチャヌチャ腰を振りまくると、
決まって「結婚したい」「妊娠したい」って言ってくるようになった。

だからア○ルにぶち込んでも、
射精する時だけマ○コにぶち込んで中出ししてやってた。

もちろん俺は結婚する気なんて全くなかったけど。

真帆とは20才前までシコタマやりまくった。

途中で彼氏と自然消滅したらしく、
呼び出せばいつでも来るようになった。

バイブやローターは当たり前で、3Pもしたし、
やって無い事は無いぐらい使いまくった。

真帆は俺無しでは生きられなくっていて、
1週間も会わないと欲求不満でおかしくなりそうな勢いだった。

俺も他のセフレで疲れてる時は、
真帆に目隠しをして後輩にやらせてる時もあったぐらいだ。

でも本当に妊娠が発覚して、
「産みたいし結婚したい」って言い出したから、
無理だって言って、金だけ渡して会わないようにした。

それからどうなったか知らないけど、
会わなくなって3ヶ月は電話が鳴りっぱなしだった

おすすめの記事