五十路の主婦が口説かれた男性と久々に燃えるようなSEXをした浮気体験

五十路の主婦が口説かれた男性と久々に燃えるようなSEXをした浮気体験

私は熊本県八代市に住む主婦55歳です。

主人はここにある製紙会社の支社長で、59歳です。

子供は32歳の長女は結婚して、福岡県に住んでいます。

孫は2名います。

長男は30歳で鹿児島で結婚して矢張り孫は2名です。

最後に26歳の次女がいるのですが、

熊本の会社に専門学校を出て就職。

そこの部長と不倫していて、

東京に転勤になった時についていって、今も音信不通です。

さて子供も私の手を離れて、夫と二人だけが残りました。

何時までも家庭に浸かっていても、仕様が無いので、

カラオケを13年前から始めました。

近所のカラオケ教室へ通い、大学時代に合唱部にいた所為か、

直ぐに上手になり、八代でのカラオケ大会で何回も優勝しました。

NHKの「素人のど自慢大会」にも出場して、

熊本代表に選ばれて、福岡の九州大会に出ました。

その時に一人の男性と知り合いました。

別に不倫には何の興味も無かったのに、

50歳で同い年の彼をいつの間にか好きになっていたのです。

主人が工場長になって、物凄く忙しくなり、

家庭はほったらかしで仕事一筋。モチロンSEXは殆ど年に1,2回でした。

ですがこの歳になっても生理が月に1回4週周期であるのです。

もう出血の量は少ないのですが、生理タンポンを入れています。

なのにセックスしない、この不満も少しはありました。

九州大会でその大分県の代表の人と知り合いました。

放送局が用意してくれたホテルがたまたま同じで、彼とは同じフロアでした。

彼と他に5名が代表に選ばれて、

東京の全国大会に出られる事になったのです。

この大会では私は次点で、彼が優勝者でした。

その九州大会が終わりホテルで休もうと思ったのに、

何となく興奮して、一杯お酒を飲もうと、

一番上層階にあるバーに行きました。

そこで彼と対面して、「一緒にやりませんか」と誘われたのです。

物凄く嬉しく、本当に自分が何処にいるのかも忘れるぐらいに飲みました。

彼もかなり酔っていて、段々とシモネタになってきたのです。

「最近はSEXをしていますか」と冗談のつもりでしょうが、聞いてきました。

「去年から一度も男のアソコを見たことありません」と正直に答えました。

「今からいい事をして見ませんか」と隣で耳に囁かれました。

身体が突然ピクンとして、思わず頷いてしまったのです。

18階が二人のフロアです。

一度自分の部屋に戻り洗面用具と、

パジャマを持って彼の部屋に行きました。

暗い部屋を開けると、いきなりキスされました。

唇を開き、舌を奥深くに挿入されました。

もう我慢できませんでした。

51歳なのに更年期が無くていまだに生理があるのです。

それもあと2,3日後なので、物凄くSEXがしたいのです。

とに角家にいればオモチャをオメコに入れて、

オナニーに耽るときです。

性欲も性感も物凄く男根が欲しい時です。

直ぐにも挿入をして欲しく、

洋服はいきなり脱ぎ捨てて、全裸になりました。

彼も直ぐに全裸になり、陰茎を太く勃起させていました。

でもそんなには、大きいわけでは有りません。

むしろ主人のペニスの方が巨大です。

でも優しくキスをして、小さい胸を愛撫してくれます。

そして囁くのです。

「君を一目見たときから抱きたかった」と言うのです。

いきなり「私もこの人なら多分相性がいいだろうなと思いました」

と本心を明かしました。

ベッドでは最初からインサートなんかしないで、

かなり時間を掛けてユックリと勧めます。

キスで歯茎を舐めてくれます。

それも堅い舌先ではなく、中央のザラザラした部分で広く舐めるのです。

私に勃起した陰茎を握らせます。

先からチンポ汁が出ています。

私は上付きなので、大陰唇が饅頭のように盛り上がっているので、

そこを知っていて愛撫します。

クリちゃんをそっと愛撫して、

膣の入り口3cmぐらいのGスポットを指を入れて攻めてきます。

そのGスポットを執拗に擦り上げるのです。

気持ちが悪いわけがありません。

ホテルに帰って直ぐにお風呂に入っているので、

大股を広げました。

目にキスしたり、耳を舐めたり、脇の下を舐め、

両乳房を持ち上げて乳首を吸い込みます。

乳首を甘噛みします。

いきなりベッドの下に降りて、足の裏や柔らかい部分を舐め、

小指から全部の指を舐めてくれました。

ふくらはぎから大腿部に唇が刺激を与えると思わずに

「入れて~」と絶叫しました。

ヴァギナに口を当てて孔に熱い息を吹き入れました。

男のものは膨張して太いソーセージ見たいに膨らんでいました。

淫肉を掻き分けてやっと挿入されました。

「ウウウンン~、イイイ~、もうイッチャウよ~、イクイクイク」

と15分後には、連呼していました。

何だか意識が遠くに、宇宙の果てまで飛んでいきました。

「アアア子宮が燃えるよ~、凄~い、熱いよ~」と何を言っているのでしょうか。

オシ●コが突然噴出しました。どうも話に聞いた”潮吹き”かもしれません。

生まれて初めての体験です。

意識が何処に行ったのか、行方不明でありません。

彼が携帯の写メで大開きのオメコを撮影しています。

カシャッという音が聞こえて目覚めました。

膣からは彼の精液が溢れて流れ出しています。

いつの間にか熱いお絞りを用意して、アソコを丁寧に拭いています。

中に指まで入れて、中の精液を出して、大掃除しています。

「恥ずかしいわぁ」と思わずに股を閉めましたが、

「もう遅いよ、ちゃんと証拠を撮って置いたから」と写メを見せられました。

顔が写っているものは削除してもらいましたが。

「あとでパソコンのメールで送って上げるよ」といわれ

「それじゃずるいわ、貴方のチンポも撮らせて」

と萎びた陰茎を接写しました。

勃起した時に撮れよと不満そうでしたが、

私は普段の小さな陰茎が好きなので、それにしました。

このあとはまた続きがあるので書きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする