【エッチ体験談】校内に誰もいないのをいいことにすごいたくさん声を出しちゃったw

私は小学校で養護教諭(保健室の先生)をしている

24才のsayaといいます。

若い職員は私と、

同い年の男性教諭と事務の先生だけ。

私は既に結婚しているのですが、

今その男性教諭と付き合っています。

同い年ということで自然に仲良くなりました。

そしてある日、彼の教室で子どもの相談や雑談をしてた時、

なぜか話の流れで

「ギュってしてあげる」ってことになって。

軽いノリで、抱き合ったんです。

「あったか~い♪」

とか言いながら彼の顔を見上げると・・・

唇が近づいてきて、

そのまま自然にキスしました。

最初は「チュッ」て感じで。

で彼が「あ、スミマセンッ!」と言うので

フフッと笑って「いーよ?」と言うと、

彼は「いいの?」と聞きながら、再びキス。

何回かフツーのキスをして、

そのままディープに・・・。

舌が絡み合う感触が気持ちよくて

「んんっ・・・」と感じちゃったら、

その声に刺激された彼の手が私の胸に。

服の上でそっと撫で回して、だんだん服の中へ。

ブラをずらして乳首を触られ、すごい感じちゃって。

もうアソコも濡れてるのが自分でもわかるくらい。

でも廊下で足音がしたので、

急いで服を元に戻してまた普通に話をしてました。

すると事務の先生で、

「お先に失礼します」って。

それで学校には私と彼の2人だけになったので、

今度は私の保健室へ移動。

保健室のベッドに押し倒されて、キス。

シャツをまくりあげられて、ブラをはずされ、

たくさん乳首をなめられました。

「すごい大きい・・・最高・・・」

とか言いながら左手で胸を揉み、

もう一方の乳首に貪りついて、

右手でアソコをグチャグチャにして。

私も我慢できなくなって彼のパンツをおろし、

彼のモノを握ると・・・

すごい太いんです!!

今までしてきた男の中でも最高の大きさ。

早くいれて欲しくて

「ちょおだい・・・」と言うと、

彼はそっとグチャグチャの私の中へ・・・。

想像を絶した気持ちよさでした。

「アアッ・・・すご・・・い・・・おっきい・・・気持ちいい・・・」

って言っちゃった。

彼は「大丈夫?痛くない・・・?」

と聞くので、

「んっ・・・最高・・・」

と言うと思いっきり奥までついてくれて。

保健室だというのに、

校内に誰もいないのをいいことに

すごいたくさん声を出しちゃった。

ラストは足を持ち上げられて、大きく広げられ、

彼のをくわえ込んでるアソコを見られながらの状態で

2人でイキました。

その後も職員室や教室、図書室、体育館倉庫、

などいろんなところでエッチしてます。

「校内」っていうスリルと彼の大きなおちんちんがたまりません。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング