【H体験】段々激しくなるプレーに興奮の毎日でした

当時、俺は大学2年の日本文学科だった。

それまで部活一筋だった俺はあんまり女性を見てなかった。

今まで勇気出して告白してくれる人とか少なからずいたけど、

全部悲しい思いしてさせて終わったから、

恋愛したくてたまんなかったけど、

誰もいなくて諦めてた。

そんな中、

1年から某コンビニとスポーツショップでバイトしてた俺にも、

やっと本気で好きな人が出来た。

コンビニで時間帯が違うが夕方働いてた1つ上のAさん。

時間帯も違うからあんまり喋る時間とかないし、

可愛いから彼氏いるんだろなとか思って早1年半。

2つバイトしながらバイトきつかったけど

顔見たさでやってたようなもんだった。

そのコンビニでは半年に1回くらい地域清掃日があって、

時間帯に関係なく招集された時に始めてプライベートの話をした。

ずっと掃除しときたかった。

それから仲良くなって学校でもすれ違う時のあの笑顔とか忘れれない。

男のくせに彼氏の事聞けない自分に腹が立った。

大学2年も終盤になり、同期だった人達が辞め始めて、

俺も3年になるから辞めようと考えてた。

それをAにいうと、一緒に辞めると言ってきた。

ここから勘違いが始まって急に強気になった俺は、

初めて食事に誘った。

サークルも全然違うし、

共通点なかったけど誘ってみたらすんなりOKしてくれた。

当日、合流して免許は持ってたけど車がない俺は

バイクで彼女の家まで行き、

どうやって行くか迷った。

そしたら、

彼女はバイクを2人乗りすればいいといい、

バイクで行きました。

その時に彼女は「なんかセカチューみたい」

って言ったのも覚えてる。

他愛もない話をして店を出る。

帰りはバイクを押して一緒に歩いた。

公園があってそこでシーソーとかした。

それでベンチに座って話してるうちに互いの恋愛の話になった。

彼女も俺と一緒で好きになるのが下手ならしく、

告白されるけど、断ってしまうタイプでした。

そして一緒に帰ってる途中に

思わず好きって言ってしまいました。

ありきたりだけど、

もっと一緒に色んな所にAと行きたいって言ったら、

私もって言ってくれて幸せでした。

自分の家にジョーダンで来る?と聞くと行くと言い、家へ。

帰るなり今まで好きだったのが溢れて聞く事もなくキス。

彼女は下手くそで、二人ともぎこちない感じでした。

そして、「最後までして」って言われてしようとしたら処女でした。

俺は「彼氏いなかったの?」と聞くと、

「いなかった」と言い、またまた嬉しい気分でした。

俺の物を入れてみようとするけど、

半分もしないウチに痛い!と泣きべそ状態。

俺は指で最初に1本、2本とならして行き、

更にDカップくらいの胸を揉みしだきながら

クリトリスにむしゃぶりつきます。

恥ずかしくてスグに布団を被るAが凄い可愛いです。

そして再挑戦。

多分痛いんだろうけど、

ガマンする彼女を見て血が出てきたのを確認。

そして少し動いた後、抜いて俺は

「今日はここまでにしよっか」

と言うと嬉しがっていました。

それからは二人の性欲が一気に目覚めたかのように、

空いた日には泊まりに来てはSEXの毎日。

段々激しくなるプレーに興奮の毎日でした。

しかし、付き合ってから3ヶ月。

彼女が妊娠した事が発覚。

俺はあんまり慌てず、むしろ嬉しい気持ちがあり、

彼女に「自分の人生か、俺らの子供と歩いてくか決めよ」

と言ったら、即答で子供との人生と言いました。

親にはめちゃめちゃ言われましたが、二人とも大学を辞め、

俺はスポーツショップに頼んで就職。

彼女も落ち着いて産める状態になって良かった。

そんな俺も26才。

子供も4才になり可愛い真っ盛りです。

俺が1番気がかりなのは

彼女の人生を狂わせた事を後悔してる事です。

でも幸せだし、

お互い1人しか経験がない夫婦も珍しいですが、

毎日が楽しいです。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング




PAGE TOP