【セックス体験】9つ上の人妻さんに筆おろししてもらいましたw | H体験談~エロばなまとめ
   

【セックス体験】9つ上の人妻さんに筆おろししてもらいましたw

オレの初体験の相手は25歳

筆下ろししてくれたのは

9つ上の人妻S さんだった

そのとき失恋して精神的にオレはとても不安定になっていて

そんなとき出会い系を通して仲良くなり、

以前から話を聞いてくれていたS と知り合った。

そのとき童貞であることも彼女は知っていた。

Sはロングヘアーで少し小柄清楚な感じで肌は色白、

大きくて綺麗な目が印象的だった。

お互い初対面だったがでいきなり腕を組まれ街を歩いた。

とてもいい香りがして、オレと腕を組む手を見ると

指輪が光っていたのを覚えている。

なんだか少しだけ背徳感があった。

ドギマギするオレをリードして街を散歩をしたあと、

促されるままにラブホテルに俺たちは入っていった。

ホテルに入るとオレは緊張してガチガチで動けなかった。

それをよそにS は慣れた手つきで洋服を脱いで行く。

白い肌が見え、黒とピンクの下着がとてもエロかった。

そして彼女がゆっくりブラジャーをはずして下を脱ぎ、

乳房が露になった。あとから聞いたがDカップらしい。

はじめて見る女のひと裸体を、オレは凝視し、

下半身はち切れるぐらい大きくなった。

ジーパンから形が変わるぐらい勃起していた。

彼女はそんなオレを見るとクスリと笑いバスルームに向かった。

「服脱いでK君もおいでよ。一緒に浴びよう」

「…はい」

彼女に促されるままに服を脱ぎ、恥ずかしかったので

タオルを巻いてオレは彼女のいるバスルームに向かった。

オレの一物は興奮のあまり限界まで大きくなっていた。

そんなオレとシャワーを浴びながら彼女は

「洗ってあげるね」とやさしくオレの一物と体を洗ってくれた。

触られる度にビクンとオレの体は震えた。

ベッドにいくとSは恥ずかしいからと

電気を薄明かりにしオレを待っていた。

「Kくんおいで」

彼女に導かれるままにベッドに入った。

お互い裸のまま横になり向き合った。

目が合うのがわかる薄明かりのなか、

彼女はオレの固くなった一物をやさしく触り、

ゆっくり上下し始める。

ときどき筋をさわってくれてたまらず声がでそうになる。

「力抜いて…」彼女がいう。

「うん…オレもさわっていいですか?」

「いいよ」

オレも彼女の秘部に恐る恐る触れる。

ゆっくりと暗がりのなかで筋があるのがわかりそれをなぞる。

彼女はとても良い香りだ

「大きいね。フェラしてあげるね」

そういうと彼女はオレを仰向けにし、オレの一物を舐めはじめた。

舐めては咥え、舐めては咥え

チュパチュパ…と音がする

清楚な彼女のイメージからは考えられない

卑猥な舌の動きに童貞のオレは悶えた

S は裏の筋、玉の方まで丁寧に舐めたあと

彼女はオレの体を這うように上がってきた。

「緊張しないで」

彼女の顔が目の前にありオレに覆い被さるような体制になった

「いれようか?」耳元で彼女がいう。

「うん」

オレが答えるとS は、慣れた手つきでゴムをオレの一物につけると

上にまたがり一物をゆっくりと自分の膣なかに入れていく

「あん…んん..あん」

さっきまでとは違う色っぽい彼女の声がする。

オレはぬるぬるとした彼女の膣の感触がきもちよくかった。

自分の一物にまとわりつくような感じが堪らなかった。

「あん..これで卒業だね」

そういうと彼女はゆっくりと自分の体重をオレの一物にかけてくる。

「あん…んんん..あん..あん大きいね..あん..」

そういってくれる彼女の声と感じかたに

自然と未熟ながらオレの腰も、連動して動いた。

パンパンパン……

うん…あん…うん…ああん

.あん…あん…

気がつくとそんな彼女の手を握っていた

あん… ああん…

自然と、オレは力んだ

あん..あん

そしてオレは彼女のなかで人生はじめての射精したのだった

「よかったよ たくさん出たね」

彼女に誉めてもらうのは嬉しかった。

たぶん繋がってたのは初めてで3から4分だったと思う

それからオレの一物は元気で、収まらずゴムがもうなかったので

彼女に手で導いてもらい、彼女のお腹に射精した。

何回か逢ったあと、お互いに連絡がとれなくなりそれで関係は終わった

繋がった時間は短かったですが
人妻Sとの出来事は 今でもときどき思い出してしまいます。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング