【エッチ体験談】売店横のトイレで先生のオマンコをいただいたwww

2月にうちの高校は修学旅行だった。

4泊5日の京都-奈良-広島の定番コースだが、

その日程の中で1発は彼女とハメたいと思っていた。

しかし、去年の修学旅行で上の学年が大問題を起こしたため、

先生の見回りが強化され、なかなかチャンスがなく、

悶々と最終日を迎えてしまった。

これが最後のチャンスだと思い、

俺は6人部屋ではあるのだが、

部屋に彼女を呼んでSEXをすることにした。

もちろん、部屋の友達に出て行けとは言えないので、

公開FACKとなることは彼女には伝えてあった。

何度か野外でSEXした事があったので、

何度も見られた事はあるのだが、

同じ部屋に人がいるシュチュエーションってのは初めてだった。

夜10時半すぎ、彼女が来た。

ホテルのB館からA館へは、

先生の見回りが特に厳しいハズなのに。

その理由を尋ねると、窓から飛んだらしい。

幸いにして、彼女の部屋は2階で、

ベランダの緊急脱出用ハシゴを使ったらしい。

ゆかたを着用した彼女(ヒトミ)は、

風呂上りで髪の毛がまだ濡れている。

部屋の友達には来ると言ってなかったので、

全員がビックリドッキリの表情だった。

俺は、その状況を打破すべく

「ごめん、これからヤッてもいい?」

とかなり軽い調子で聞いた。

満場一致でOKが出たのは言うまでもない。

高○生が4~5日も出さないで我慢できるわけがない。

ちなみに、部屋のメンバーでは5人中、

3人が彼女ありの経験済み、2人が童貞。

俺は、中3でヒトミと初めてSEXをした。

それから3年、ヒトミ以外に経験はない。

彼女もヤル気マンマンだったので、

フトンを一組部屋の奥へ敷き、

テーブルで形だけの壁を作り、

他のメンバーは「見ねーよ」と口を揃えるが、見る気マンマン。

俺も見られるというシュチュエーションに興奮し、すでに勃起。

早速、ヒトミとフトンに入った。

電気は豆電球のみ点灯している。

俺は裸で前戯すべく、ヒトミのゆかたのヒモをほどいた。

あいも変わらず華奢な体があらわとなり、オッパイを舐める。

ここでコンドームの準備を忘れフトンを出る。

テレビの前に置いたバッグへ歩き出したとき、

すでに部屋のメンバーがオナニーを始めていた。

視線はテーブルの向こうのヒトミに釘付けだ。

コンドームの箱を取り出し、テーブルの向こうへ戻る。

「みんな見てる。」というと、

「いやーん。」とヒトミが答えた。

俺はフトンに入り、浴衣とパンツを脱いだ。

ヒトミも自分でパンティを脱ぎだした。

いつもはもう少し前戯するのだが、

今日は興奮しすぎですぐに入れたかった。

だから「フェラしてよ」といい、フトンを剥いだ。

この状態だと、マンコは濡れているはず。

俺は、ヒトミのお尻をたぐり寄せ、69の体勢をとった。

長いテーブルではあるが、

他のメンバーは今何をしているかわかっているハズだ。

俺は音を立ててマンコをしゃぶった。

いつも良く濡れるのだが、今日は濡れすぎで、

クリを舐めるだけで、鼻の頭がジャブジャブとなる。

俺はヒトミにコンドームを渡し、被せてもらった。

体勢を変え、正常位。

早速挿入。

やはり濡れすぎ。

コンドームのスベリとあいまって、まったく摩擦感がない。

しかし、今日はみんなが見ている手前、

そのまましばらくピストン運動をした。

長持ちチンポをアピールだと張り切った。

でも、興奮しているのであっけなく一発目を発射してしまった。

時間にして約5分の挿入時間である。

俺はゴムをはずし、汚れたチンポをヒトミにしゃぶらせ、

新しいゴムを再びチンポに被せた。

もはや見られてもいい気持ちにはなっていたが、

こちらから見せるのもおかしな気がしたので、バックで再び挿入した。

テーブルの上からは、俺の肩より上が出た。

部屋のやつらを見回すと、相変わらずチンポを擦ってる。

一人はティッシュでチンポを抑えていたので、

すでに発射したのだろう。

俺はヒトミのマンコに全力でチンポを打ち付けた。

ヒトミも先ほどまでは喘ぎ声を我慢していたが、

これほど激しく突かれたら声が出てしまう。

部屋には喘ぎ声と肉と肉のぶつかる音が鳴り響く。

疲れてきたので、今度はヒトミに上に乗ってもらった。

ヒトミはテーブルの上から頭が出ないよう、

身をかがめて腰を振った。

俺はテーブルの端からやつらを見た。

先ほどより2メートルほど近くに来ている。

テーブルまでの距離は3メートルない。

かなり近い。

俺がズコズコと、下から突き上げて

ヒトミが絶頂に達しようとしたとき、

とうとうテーブルの上から、

友達の頭がまさにニョキニョキと生えたように5つ並んだ。

俺は気づいたが、ヒトミは気づいていない。

俺は、チンポを入れたまま再び正常位の体勢へ。

すぐにヒトミは見られている事に気づいたが、

全く気にせずに下から腰を振ってくる。

これに勢いづいた彼らは、部屋の電気を点け、

ハアハアいいながらチンポを扱く。

俺も限界が近い。

そのまま腰を打ちつけチンポを引き抜き、

ゴムをはずしてヒトミの腹に出した。

2度目ながら大量に出た。

彼らも、俺と同じタイミングで発射。

案の定、畳の上にザーメンをこぼしたようで、

あわてて拭いていた。

その後、落ち着いてから俺は、

ティッシュでヒトミの腹とマンコを拭ってやり、

パンティと浴衣を着させた。

B館まで送り届けようと、部屋を出て二人で走ったが、

A館ロビーでC組副担Y(女)に気づかれた。

でも気の優しい先生なので、

なんとか見逃してもらった。

そこでヒトミを見送り、先生と話し込んだ。

部屋でした事をすべて明かした。

27歳の先生も熟れごろで溜まってるみたいだったので、

無理やり口説き落とし、

一階売店横のトイレで先生のオマンコをいただいた。

ゴムがないので生ハメ。

さすがに3回目なので長持ちはしたが、

売店の自販に男共がひっきりなしに来るので、

ものすごドキドキした。

最後はバックから、お尻に発射。先生は2回イった。

今後もSEXさせてくれる約束もしてくれた。

俺はなんだか興奮して朝まで眠れず、

翌日の東京までの道のりは寝ていた記憶しかない。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング




PAGE TOP