【H体験】奥まではいきなり入れないんだよ! | H体験談~エロばなまとめ
   

【H体験】奥まではいきなり入れないんだよ!

俺が高校の修学旅行の夜の話だ。

消灯後に部屋を窓から抜け出し

(壁の塗り替えかなんかで窓の外に足場があった)

彼女の部屋へ。

廊下には、先生が見回りをしているので電気を消して、

俺と女の子4人(彼女含む)はヒソヒソと

誰が誰に明日、告白するとか、

他愛のない話をウノをしながらずっとしていた。

すると、突然ドアが開き「お前らまだおきてんのか!」と先生の声。

当然、俺は見つかる訳にはいかないので布団にもぐる。

そして俺の彼女がドアの方まで行き

「もう寝るよ〜」などと先生と話していた。

俺は、彼女の友達の布団にもぐりこみ息を潜めていると・・・

「なんか酒くさくないかお前らの部屋?」などと声が。

確かに結構飲みました。やべぇ・・・

しかし、男の先生って女の子の部屋の中までは入ってこないのな。

そんな感じでドキドキしてると

俺の顔にぴったり友達のおっぱいがあたっている事にようやく気付く。

この友達はかなりスペックが高く、

しかもノーブラだ。

なぜか俺は、いまなら大丈夫と思い、

友達達が着ていたトレーナーの裾から

手を入れ軽く乳首をつまんだ。

少しだけピクッとしたけど特に拒否する訳でもない。

調子にのった俺は、

トレーナーをまくりあげ乳首を口に含んだ。

音をたてる訳にはいかないので、

ゆっくり舐めたり、

含みながら乳首をレロレロしてみた。

友達は、すぐに俺の頭をグッと抱くようにしていた。

しかし、彼女が戻ってきてしまい

眠くなってきたから寝るかという流れになってしまった。

明日の明け方に部屋に戻ればいいかという事で、

俺は彼女と友達の間で寝る事に。

しかし、俺はまだ起ったまんまでなかなか寝られずにいた。

しばらくすると彼女の寝息が聞こえ始めた。

他の二人も寝たみたいだ。

俺は、おもいきって友達の布団の中に手をソロリと入れてみた。

そしたら友達と手があたり握り返してきた。

なんかエッチに手を握りあったりしていたら

友達が徐々にこっちにくっついてきた。

この時点で俺は我慢汁でまくりだった。

幸い右手が自由になるので手を友達の下を廻して

おっぱいをもんだりしていた。

すげぇキスしたくなったがかなりリスクが高い。

しかし、高校二年生の俺に我慢できるはずがなく、

友達の方向に顔だけ向けるとキスをしてきた。

ゆっくりと舌をからめあっていると友達の手が俺のティンコに!

友達は、俺のスウェットの上からゆっくりと擦るというより擦っている。

俺は、我慢できなくなりそうだったので

友達の手を離させて逆に友達のマンコを触ろうとすると、

手首を掴まれた。

だけど高校二年生の俺は気にせず強引に寝巻きの中に手を入れ、

太ももの間に手を入れるのに成功。

太ももを撫でていたら段々と開いてきたので

パンツごしにアソコに触れる事に成功した。

しばらくツンツンしていると、

「ァッ んっ んふっ」と小さく声を出し始めた。

俺はここぞとばかりにパンツの横から指を滑りこませる。

ヌルッかなり濡れている。

俺は彼女に

「女の子は、いきなり激しく出し入れしても気持ち良くないんだよ。」

と教えられていたので、

ちゃんとマン汁で指を濡らして

クリをゆっくりと円をえがくようにいじる。

「んふっ やぁ。んっ」

友達は、なんとか声をださないようにしている。

さらにゆっくりといじる。

友達は、我慢できないのか腰がういてしまっている。

「んふっあっーん」

アソコからは、すごい量の愛液がでてくる。

高校二年生の俺はもう我慢出来ず、

友達のアソコに指をゆっくり滑りこませる。

しかし、

「奥まではいきなり入れないんだよ!」

とも教えられていたので、

入り口を引っかくようにいじってみた。

ピチュックチュックチュックチュッと音がしてしまう。

ここまで来るともう止まらない。

指を奥まで入れてなるべく音が出ないように動かす。

「んっんっんふーっ」

クチュックチュックチュックチュッチュックチュックチュッ

「あっふー。んふっ」

友達が、俺の手首を掴んでやめさそうとする。

しかし高校二年生の俺はやめない。

クチュックチュックチュックチュックチュッ

友達は、「んふっんーっ」と体をビクッとさせた。

もしかしていったのかな?

まだ経験の浅い高校二年生の俺は、

「いった後は、動いちゃダメ~」

という教えの通り静かにしてみた。

なんか「ハ~。フ~。」って感じで

深く息してる。

五分くらいこの状態で、

すでに痛いくらい起っていて高校二年生の俺は、

めちゃくちゃ入れたくなっていた。

友達の耳元で「入れたい。」と囁くと

「ダメだよ・・・」と言われた・・・

確かに、頭の上に二人、

隣には彼女が寝ている。

無理だよな。

だけど高校二年生の俺には我慢など出来るはずがなく、

「じゃあ口でしてよ。」

とお願いしてみる。

「え~。あんました事ないし。」

「早く。」

言いながらスウェットから起ったモノを出して触らせた。

「早く早く。」

といいながら友達をせかす。

そして布団へ潜る友達。

そして、俺のチンコをにぎにぎしている。

我慢出来ない俺は、

友達の頭を持ちチンコをくわえるようせかす。

そして、ついにヌポッという感じでフェラされている感触が。

すごーくゆっくりなフェラで

ヌチュッヌチュッヌチュッヌチュッヌチュッヌチュッヌチュッ

とされていた。

多分、本当にあまりフェラした経験がないのだろう。

ただ、しっかりと吸い付く感じで

ヌチュッヌポッチュクとされていると

早くもいきそうになってきた。

だって高校二年生だから。

俺は、もう我慢が出来なくなり友達の頭を持って前後に動かした。

クチュックチュッヌチュッヌチュッヌチュッ

しっかりと吸い付いている。

すごくあったかい。

ばれるとかなんにも考えずガンガンに腰を振った。

ピチュックチュッチュッチュッチュッチュッチュッ

やばいっいくっ!

もちろん何も言わずおもいっきり口の中に放出した。

ムチャクチャ興奮したのでかなり出たと思う。

高校二年生だし。

友達は、無言で口で俺の放出したモノを受け止めている。

声は出せないので当たり前だけど。

もちろん捨てる訳にもいかないのでゴックンしてくれた。

すげぇ気持ち良い体験でした。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング