【エロ体験談】必死にアナル舐めまくって指でほじくってたよww | H体験談~エロばなまとめ
   

【エロ体験談】必死にアナル舐めまくって指でほじくってたよww

その昔、埼玉県某所でNK流(知ってる人は場所も知ってる)

なる本番ありのヘルスが横行してたころ、

それを模してMK流なる本番ヘルスがあった。

料金も6~7千円とリーズナブルで、

しかも女の子たちが若い!(大体が20代前半)

当然、店によってははずれもあるだろうが、

自分が行ってた店はかなり良心的な店だった。

(但し、写真が貼ってはあるが、

大体の実物は写真の8掛け程度だったけどww)

ある日、仲間数人と飲んでその店に行った時のこと。

週末のせいもあって店はかなりの混雑。

お気に入りの子は結構待つということで、

仲間達との‘終わった後の集合場所’の時間も考慮して、

少し年増だがA子ちゃんを指名(20代後半くらい)

しばし待合室で待ったあと、

お呼びが懸かりA子ちゃんと対面。

これが写真より可愛い子で、

物凄くHなフェロモンを発した娘だった。

まぁ、酔ってテンション高めだったせいもあったが、

写真より3割増しに見えたww

その店はカーテンで仕切られた店ではなくちゃんと個室。

ただし壁の上部は開放されていたため通路内は結構声が聞こえてた

通路の突き当たりにユニットシャワー室があり、

部屋でバスタオル一枚になり、

シャワーが開いてるのを確認後A子ちゃんと入った。

スポンジに液体石鹸をつけ入念に俺の身体を洗ってくれる。

当然チンチンもアナルもやさしく入念に・・・

すると、スポンジを持ってない手で

チンチンをしごきながらいきなりディープキス

それまでの娘は、いかにも‘コレは作業ですから’

みたいな洗い方ですぐ個室にはいってからのプレイだったが、

A子ちゃんは違った

Dキスをしながらチンチンをしごく。

そのまま俺の脚の間にA子ちゃんの脚をすべらせ抱きついてきた

もうその状態に興奮しまくった俺は

(いつものシチュエーションとのギャップ)

激しく舌を絡ませ、

倒れないように右手はA子ちゃんの肩に、

左手はA子ちゃんのオマンコに

・・・あら?もう濡れてる・・・

クリをサワサワしてると息遣いがだんだん激しくなってきた。

と、そのとき、外で他の客を連れた女の子が

『今使ってるみたいだからちょっとまっててね~』

と言っていたのでシャワー室でのプレイは終了。

いや~初めてだったね・・・

勃起したまま腰にタオルまいて廊下に出たのwww

外で待ってた女の子が俺の股間に気がつき

‘ニコッ’としながら会釈。

ちと照れたwww

部屋に入るとベッドに座った。

横にA子ちゃんも座りシャワー室での出来事に驚いた旨を話すと

『なんか興奮してきちゃったから・・』

と少しはにかみながら言うA子ちゃん

すこし談笑したあとプレイに入った

『じゃあ横になってください』

といいながらバスタオルをとったA子ちゃんは

程よい大きさのおっぱいで、マンコの毛は無い

『え?剃ってんの』と聞くと元からパイパンだという

どんなことされるんだろう?とわくわくしながら横になった

Dキスから胸元へ舌をはわし、乳首攻め、腹から本丸へ

もう既にギンギンになってたチンチンを

美味しそうにフェラし、

そのままチンぐりがえしされ、

尻肉をかきわけアナル攻め!

手でしごきながらアナルに舌をぶち込まれる感は

このとき衝撃的だったww

そしてまた本丸を攻めてきた時A子ちゃんがお尻をこっちに向けた。

69はいりま~す

しばしマンコを堪能後、

こっちも負けじとアナルにお返しのベロドリルw!

当然指でマンコほじほじしながらww

すると、よほど感じやすい体質なのかもうマンコびしょびしょ。

しかも

『ア~ッアッ!なんかでちゃう!ス、スゴイッ!アッ、ア~ン!な、なんかでる』

と当時意味不明なあえぎ声をあげながらがんばってフェラしてるわけww

(いまみたいに‘潮吹き’が一般的じゃない頃ねww)

で、その意味不明な語呂ww

が俺の琴線に触れたんだなww

なんか物凄く興奮しちゃってさ、

必死にアナル舐めまくって指でほじくってたよww

そのうちあえぎ声を発しながら

フェラと手コキの動きがだんだん早くなってきてさ・・・

ってか最後はほぼ手コキだったな~ww

そしたら出たんよ・・・

今なら‘潮’って言うんだろうけど

その時はおし●こだとおもってさww

こっちも興奮しまくって咥えてくれたと同時に

そのままドピュドピュッっと口の中に放出!

ただ、脈打つチンポとは逆に頭の中では

「うわ!失禁しやがった」って思ったわけさ。

しかも顔にかけられたもんだから

「汚ぇ!」って思っちゃったわけww

そしたらA子ちゃん鼻でフゥフゥして目がとろ~んとしながら

小さな手拭タオルに俺の子種を吐き出してから

『ごめんなさ~い・・・気持ちよすぎちゃった・・・』って

いつもなら、時間内で『もう一回!』ってなるんだけどさww

若かりし当時は‘ションベン’顔にかけられたと思ったら

途端に冷めちゃってさww

今思うと情けないよなww

結局、逝くにはイッたけど本番せずに終わってしまったorz

まぁ、その後の酒の肴になったけどねwwww

そんなMK流も警察の介入によりもうなくなってしまったそうな

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング