【H体験談】「あー、いくぅぅ」と最後は俺の二本の指で果てた姫

俺にとっては、18歳の新人デリヘル嬢とのプレイは

もう気持ちよかったってもんじゃないくらい最高の体験だった。

万引きのような良心に背く時に感じるスリルで、

あそこがムズムズして夢精しそうな感覚と、

本来の体の気持ちよさとで、

最高に気持ちよかった経験だった。

去年の夏、世間が夏休みに入ったころ、

不倫で付き合っていた若い女に振られたばかりの俺は、

久しぶりにデリヘルで若い肌をむさぼろうと、

ネット検索。

すると、

「今日から体験入店」

「18歳のスレンダー」

「もちろん業界初体験!」

という新米デリ嬢がいる店を発見。
ピンときた俺は、早速電話して、

その娘を指名。

すぐに大丈夫だとのことで、

近所の安いラブホに移動し、到着を待った。

待つこと15分。

ホテルに入ってきたのは、

とてもデリヘル嬢とは思えない、

普通のジーンズとTシャツを着た、

地味目な、大人しそうな、

いかにも真面目そうな娘だった。

いかにもどっかの女子大生が、

ちょっとした夏休みの短期バイトに来たような印象。

実は危ないバイトなのにね。

顔も普通に可愛く、

確かにスレンダーだった。

そして、明らかに緊張していた。

それもガチガチに。

「ラッキー!」

俺の中で悪魔がささやいた。

この娘ならいける。

好きなように遊んでやるぞ。

こんな真面目そうな娘だし、

初日ならきっと病気の心配はないだろうし、

どこまでできるかわからないが、

できれば生で中だしで俺の種を送り込みたい。

と俺が画策しているうちに、

部屋の中に入ってきた彼女だが、

何も言えずに立ちすくんでいる。

本当にかなり緊張しているようだ。

よおしよおし、俺のペースでいくぞ。

ちょっと怖いお兄さんを意識して

(本当はへたれ)、

低めの声で話しかけてみる。

「緊張してるみたいだね」

「あ、・・・はい、すみません」

「黙ってないで、早く俺に時間とコース聞いて、

お金もらって、お店に電話しちゃってよ」

「あっ、はい、すみません、時間は?」

という感じで最初から俺のペース。

いい感じだ。

お金を払ったところで、

さらに動揺させるために、質問してみる。

「ねえ、18歳ってほんと? 実は22歳くらいでしょ?」

「あ、いえ、本当です」

「じゃあ、この前まで高校生?」

「はい」

「じゃあ、今は大学生?」

「あ・・・いえ、退学しました」

「ふうぅん」

返事に違和感を感じた俺は、

ジーンズをはいている

彼女を改めて見て確信した。

そして声を強めて言ってみた。

「っというか夏休みの学生さんでしょ??」

「え?」

「絶対そうでしょ? 短大のJDとか?

 別にどうってことないから教えてよ」

「あ、・・・はい。」

ラッキーラッキー。

きっと近くのおバカ短大の1年生だ。

ちょっとした小遣い稼ぎかのつもりか?

それともエッチなことに興味があるのか?

いずれにしても今日は本当に大当たりだ。

「大変だね。今日が始めてなんでしょ? 

やさしくするから大丈夫だよ」

「・・・ありがとう」

「今日は何人目?」

「2人目です」

「そうか、まだ慣れないよね。頑張ってね」

とか言いつつ、ちぇっ、

一番じゃなかったか。

まあ、いい、

それでも十分楽しめそうだし

ベッドに近づいてきたので、

ばっと抱きしめて、いきなり舌を入れて

でろでろのディープキスを浴びせてみる。

すると懸命に応えて、

舌をからめてくる。

お、さすが初日だけあって、

店の指導が効いてるのか

真面目な性格なのか、抵抗しないんだな。

そうとわかれば、

そこから何も言わせず一気に、

顔を舐め、首筋を舐め、鎖骨から上を

俺の唾液でべろべろにしてやった。

やっぱり若い娘はいい。

口に舌を入れ込み、唾液も注入。

俺はもう既に超興奮で爆発しそうだ。

一息ついて、見つめ合って、

ぎゅっと抱きしめると、

徐々に抱きしめ返してくる。

いいぞ。

案外嫌われてないようだ。

というより、実はエッチに興味があるのかも。

シャツを脱がし、上半身をブラだけに。

そしてゆっくりと胸をもみもみ、

円を描くように揉み上げる。

プルプルして気持ちいいぞ。

ブラの上から18歳、

未成年の張りのいい胸を十分堪能した後、

ブラをずらす。

Cカップくらいで、小さめのかわいい乳首だ。

乳首もべろべろちゅうちゅう、

エロ親父を極めるように舐めた。

上半身裸にして、胸から腹を舐め、

へその匂いを嗅ぎ、さらに下へ。

一気にジーンズも脱がし、

パンティ一枚。

パンティの上から骨盤全体をさすり、

唇で感触を確かめ、パンティ全体の匂いを嗅ぐ。

特に匂わないが、

このエロい感じがたまらん。

服を脱がす過程が俺は大好きだ。

普通のデリヘル娘は、さっさと脱いで、

風呂に行くから、ぜんぜん興奮しないし、

脱がせかけても、

「プレイはお風呂に入ってからお願いします」

とか言われるから興ざめする。

しかし、体験入店の初日の

短大娘は思いのままだ。

緊張からか風呂に行くことも忘れているようだし、

このままシャワーも入らず一気に行くぞ。

しかし、短大生のピチピチの肌は最高だ。

パンティの上から、

何度も下腹部の匂いを嗅ぎ、

しっかり凝視する。

あぁ、この風景最高だ。

今からこのパンティを脱がすと思うと、

また最高に興奮する。

ゆっくりとパンティを下げ、

おまんこもむき出しにし、

クンクンと犬のように匂いを嗅ぐ。

すっぱい匂いだ。

べろべろ舐めた。

あまり使ってなさそうなきれいな美マンだ。

後で聞いた話だが、高校の時の彼氏と何回かエッチしたことがあるくらいで、

3月に卒業して、この夏まで誰ともしていないとのこと。

半年前まで高校生だったんだよな。

そう考えるだけでも興奮。

しばらくマ○コを舐め続けるとかなり濡れてきた。

「ウン、アン、イヤ」

と声を出し始めた。

「あのさぁ、俺、芝居は嫌だから、

自然にしてね」

とまた強めに言ってみる。

「あ、はい。でも普通に気持ちいです」

だよね、普通に感じてることは

わかってますよ。

でも、念を押しただけ。

普通に自然にしてくれたほうが、

興奮するんだよね。

しかし、マジで感じてやがる。

そして本当に風呂に行くことも忘れてやがる。

このまま一気に行くぞ!

舐めるのをやめて、

横たわる姫の横に膝立ちになり、

俺の指をマ○コに入れて、

くちゅくちゅとかき回す。

手マンで

「アン、アン」

とさらに感じて声を出す姫。

エッチ初心者にオヤジのテクニックは効くはずだ。

さらに、姫の顔を俺の股間に押さえつけ、

舐めさせる。

一瞬姫と目が合う。

不安なような、どうするの?

的な自然な表情だった。

姫にとってはかなり屈辱的な

位置関係なのかもしれない。

あぁ、興奮する。

そして、俺のチ○コを喉の奥まで一気に入れ込む。

イラマチオ!

姫が「うごっ」とうめく

ははは、苦しそうだ。

いったん口から出し、またゆっくり舐めさせる。

あまり上手くはないが、

視覚的に興奮する。

かなり気持ちよく、

既にいきそうになるくらいだ。

一回出そうかとも考えたが、

回復力に自信がないので、がまん。

その間も、俺の手は

姫のマ○コを混ぜ続けている。

クリもしっかり刺激する。

すると中のほうから

くちゅくちゅくちゅ

とHな音がしだし、

かなり濡れ始めた。

こいつ、潮吹くな。

そう感じた俺は、姫に突き刺して

指を中指と薬指に変え

、一気に潮吹きのひっかき動作で、

指がつりそうになりながらもペースを上げた。

さあもうすぐだ!

「あぁぁぁ、いやぁ!」

と叫んだかと思うと、

びちゃびちゃびちゃと大量の潮吹き。

そしてベッド上に大きな地図が。

「あれ、潮吹いたね!そんなに気持ちよかった?」

と意地悪な質問。

「あ、はい」

はあはあと息を切らしながらも答える姫。

それからしばらく、敏感になっているクリや、

乳首、そして足の指先から顔まで、

まさに骨までしゃぶる感じで

舐め尽してあそんだ。俺は基本的にS。

攻めてもらう必要もないし、

この子にはきっとそんなテクニックもないだろうから、

俺のS欲を満たすのみ。

そして、いよいよメインイベントに。

「スマタできる?」

「すみません、やり方わからないです。」

「じゃあ、俺がするね。」

「あ、はい。」

と、俺が姫の股間に割って入り、

正常位の体勢でチ○コをマ○コに当てようとすると、

「えっ、入れないですよね?」

と拒否気味に腰を引き、

不安げな目になる姫。

「大丈夫、入れないよ。

スマタって、入れるような感じで、

お互い擦りつけあうと気持ちいいんだよ」

と適当に説明してみる。

「絶対、絶対入れないでくださいね」

お、ここは初めての強気発言。

「大丈夫、俺は結婚してるから、

病気うつされると困るし、入れないよ」

姫が弱気なら一気に

入れようかとも思ったが、

きっと店からも本番は禁止だと

きつく言われているのだろう。

まあ、初日の真面目な短大生には、

まずは安心させて油断させておこう。

しばらく、素股、というのか、

マ○コの入り口に、俺の亀頭を擦り付ける状態。

姫がかなり濡れているのと、

俺の我慢汁が潤滑油になり、

これ、かなり気持ちいい。

まるで正常位で、

本当に入ってはいないのだが、

まるで入っているような雰囲気になって、

俺の棒の裏側をクリやマ○コの

入り口にこすり付けて腰を振っていると、

気持ちいい気持ちいい。

やばい、このままだと俺がいきそうだ。

「アン、アン」

と姫のクリと俺の棒が擦れるためか、

姫もまるで入れているかのように感じている。

さて、そろそろ入れてみるかな、

とあくまで事故を装って生挿入に挑戦してみる。

ちょっと姿勢をずらし、腰の角度を変え、

亀頭を少しだけマ○コに入れてみた。

すると姫が、

「入れちゃだめぇぇ~」

おっとすぐに気づかれた。

「あれ、今入ってるのかな?」

ととぼける俺。

そのまま奥までは入れずに、

数センチだけ入った状態で、腰を振りながら、

空いた手でクリも刺激してみる。

「ちょっと入っちゃったね

だけど気持ちいいよ」

と甘い言葉をかける俺。

「あぁぁ、うぅうぅ」

と返事にならない新米デリヘル姫。

「すぐ抜くし、ちょっとだけなら大丈夫だよ。

本当に気持ちいいよ。ありがとね」

と優しい声で言ってみる。

まあ、本当に気持ちいいんだが。

「・・・あぅぅ」

ここが初日の短大生のいいところ。

仕方ない、きっとちょっとだけなら

大丈夫と思ったのかな。

まあ、姫も気持ちよさそうだし。

初めは亀頭部分だけをおまのに出し入れしていたが、

少しずつ少しずつ奥に入れていく。

それにしてもなんて気持ちいいんだ、

もういきそうだ。真面目な18歳に

生で挿入している征服感と、

本当の気持ちよさで、

かなり我慢の限界が近づいた俺。

しかしこのまま中で生で出してしまったら、

真面目な短大生は後で

面倒なことになるかもしれない。

店に連絡するかもしれない。

どうしよう。でももうだめだ。

出そうだ。

ええい、どうにでもなれ!

俺は、一気におまんこ奥まで挿入!

「あぁぁ!」

俺は、本当に、相当、

かなり興奮していたため、三擦り半でいきそうだ。

もういく、いく、いく、どうしよう

そうだっ!

スーパー悪魔がひらめいた。

いってないふりして、

このまま中だししよう!

射精の瞬間、表情を悟られないように、

姫に強烈なディープキスを与える。

そして自然に同じリズムで

腰をグラインドさせながら、

チ○ポがビクンビクンしないように、

静かに発射。

そして出しながら、

さらに普通のペースで5回ほど出し入れし、

全ての白濁液を注入完了。

あぁ最高だ。気持ちよすぎる。

射精感に浸る暇もなく、

ここからが俺の芝居。

「あぁぁん、あぁん」

と小さなあえぎ声を出している姫に、

「気持ちいいよ。

でもやっぱり入れたらダメだから、

もう抜くね」

と真面目っぽい声で語りかける。

「うん」

と素直な姫。

バカめ!

もう出てますから!

と叫びたいのを我慢我慢。

いったんチ○ポを引き抜き、

体を離すが、いったことがばれないように、

そのまま、マ○コに指をつっこみ、

手マン、どころかぐいぐい指マンでピストン。

俺の目には、溢れ出る俺の精子が丸見え。

それを押し込むようにマ○コをいじる。

結構でてくるなぁ、と苦笑いしながらも

頑張って奥に入れ込みました。

「あん、あん、またいっちゃう!」

あら、のんきに感じちゃってるのね。

「いいよ、何回もいってごらん」

もうそろそろ精子も出てこないかな。

「あー、いくぅぅ」

と最後は俺の二本の指で果てた姫。

お掃除フェラをさせたかったが、

それは我慢しないと味で

ばれるかもしれないからやめとこう。

「気持ちよかったよ。ありがとね。

俺はいかなかったけど、

ほんと気持ちよかったし、もうここまででいいよ」

と恩着せがましく言ってみる。

「下手ですみませんでした」

いえいえ、最高だったよ。

「大丈夫だよ。またお願いするからね」

「ありがとうございます」

と最後は笑顔の姫。

精子の匂いがしないか

ちょっと心配していたときに、

ちょうど10分前?のコールがお店からかかり、

すばやくシャワー。

わざと慌てたふりをしたから、

姫も自分の股間はちょちょっとしか洗わず、

シャワー完了し、パンティ装着。

よし、これでばれることもない。

ばれるとしたら、

次の客がいじって出てきたときかな、

と心の中で苦笑い。

次の客、びっくりだろうね。

迎えが来るまでの時間、

どうしてこういうバイトしているかを聞くと、

自動車学校の費用を自分で稼ぎたいかららしい。

実家が貧乏で、仕送りもあまりなく、

夏休みはこっちから実家に

仕送りをしてあげるつもりとか。

やはり貧困だけど真面目な女子大生なんだ。

でもこれも社会勉強。俺は悪魔だ(笑)

そして、夏休みは続き、

その店のHPを毎日見ていると、

その姫は生理休暇もなく、毎日出勤していた。

しかし、ある日突然、姫の名前が消えた

俺が注入してからちょうど一ヶ月弱経った頃かな。

きっと生理が来ないことに気づき、

検査して、妊娠がわかったのだろう。

ごめんね。

バイト代、堕胎代に消えちゃうね。

店に確認したかったが、

もし問題になっていたら困るので、していない。

が、間違いなく孕んでいたはずだ。

だって、俺は結婚していて二人の子持ちだが、

100%の妊娠率だ。

つまり避妊をしなかった

二回の生中出しで二人の子供ができたってこと。

さらに、今までも付き合った

女二人に堕させたことがあるが、

いずれもちょっとくらいいいかな、

と少し中だししただけで妊娠した。

病院で調べたら、俺の精子は

粘着力が強いみたいだから、

この姫も孕ませてしたったようだ

またどこかで会いたいな。

去年の夏の、最高の体験だった。

さあ、今年はどんな夏になるのかな~

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング