【H体験】17歳の娘に好きなパンスト履かせたままセックス・・

俺が高校3年の時、

クラスメイトとのセックスに失敗し妊娠させ、

高校卒業時に産まれた愛娘の綾も今年で17歳になった。

妻は娘が14歳の頃、パート先の男と不倫の末駆け落ちし、

現在は俺と娘の2人暮らしである。

父親の俺から見てもかなり「いけてる」娘で、

TV版「高校教師」でレ●プされた持田真樹ちゃんに似た感じのかわいい娘だ。

しかし、どういうわけか母親より俺のほうになつき、

風呂にも中●3年頃まで一緒にはいるほどのなつきようで、

さすがに俺のほうから「もう年頃だから」ということで

同浴は断った事があるほどの仲の良さだ。

とはいうものの、娘のパンティーやブルマ、

体力作りのために小●3年から通わせている、

スイミングスクールで着用している競泳水着を使っての禁断のオナニーに

現在も耽っている始末で、

言行不一致な父親だと反省もしているが、

娘の下着の魅力にはかなわないと最近では割り切っている。

離婚以降、女がいなかったわけではないが娘がどうしてもなつかず、

性欲は風俗で解消するのが常となってきたが、

近頃娘がパンティーストッキングを履くようになってきて、

押さえていた欲望が限界になってきてしまった。

俺は部類のパンストフェチで、

娘の出来たきっかけも妻が制服に黒いタイツ着用という姿に欲情しての結果である。

常にその姿にさせ、妻を抱き、

淫らな欲望をかなえていた俺の高校時代を

娘の履くパンティーストッキングが思い出させてしまったようだ。

たまに外出時に履いたパンティーストッキングを

洗濯かごの中に入れっぱなしで洗濯し忘れている時があるが、

その時は匂いをかいだり、

直履きして娘とセックスしている妄想を抱き、オナニーさえしている。

昨日の日曜日、娘はどこに行くのでもなく一日家にいたが、

パンストを履いておりソファーで座っている俺の横に座り、

わざと脚を俺の太股に乗せてきて挑発するかのように

「お父さん、私の脚好きなんでしょぉ〜」

と甘えてきたので、パンスト脚を優しく指で愛撫しながら

「かわいい娘の脚だからね」と言うと、

「脚、疲れちゃったからマッサージして」

とそのままに俺の愛撫を受けつつ、寝ているふりをしていた。

俺はここぞとばかりに娘のパンティーストッキングを堪能した。

娘は足の指先とふくらはぎあたりが性感帯らしく、

その部分のパンストを指で軽くつまむように引っ張ると

「あん」と小さくかわいい声を上げ、顔を赤くし感じていた。

俺の指がだんたんと太股へと上がって行くと

娘の反応も尋常ではなくなって、

どんどんと足が開いて行き、

終いにはパンストのセンターシーム越しの青いパンティーまでが

はっきり見えるぐらいになってしまった。

そこまで行くとさすがに「やばい」と思い、

「綾ちゃん、もうお終いだよ」

と強制的にうち切ったが、娘に火がついたらしく、

その後も俺にべったりで、手を太股あたりに持って行くは、

胸は押しつけてくるはで、勃起した俺の物を鎮めるのに苦労してしまった。

夜も一緒に寝たがり、

甘えてきたので断りきれずに寝てしまったが、

俺のち○ぽを指で「ツンツン」と刺激し、

何とかその気にさせようと努力していたが、

所詮愛撫は「子供レベル」でしかなかったので、

反応はしなかったが、

「これでパンティーストッキングを履かれていたら」と思うと、

近親●姦という禁断の世界にいつ踏み込んでもおかしくない状況で、

事実その後、娘は

「初めてのキスはお父さんだったから、バージンもお父さんにあげたいの」

と真剣に迫ってくる毎日である。

今月の俺の誕生日にはデートしてくれるそうであるが、

その日もし、俺のリクエストに応えて

娘がパンティーストッキングを履いたら、

俺はたとえ娘であっても抱いてしまおうと真剣に考えている。

俺が18歳の時、クラスメイトとの間に産まれた愛娘の綾(17歳)との

「近親●姦未遂」は別掲示板に掲示したが、

昨日の俺の誕生日についに綾を抱き、「女」にしてしまった。

以前から俺の誕生日には、娘と(今は離婚した)妻との3人で

横浜にある某ホテルのレストランでディナーをする習わしだったが、

ここ数年、離婚劇や勤め先の倒産、

娘の高校受験等で「誕生祝い」などできるような状況になかった。

しかし、娘の志望校合格を皮切りに再就職先で大成功をおさめ、

今では中古ながら自宅マンションを構えられるほど、金運にも恵まれてきた。

「ひさびさに誕生祝いをしようよ。」

と提案してきたのは娘で、

「お母さんがいないからあたしが妻としてデートしてあげる。」と、

その時はこの言葉に隠されていた娘のなみなみならぬ決心など解ろうはずもなく、

俺は軽く受け流しつつも

「やっと元に戻りつつある」

という家庭状況のほうに感慨無量であった。

その日、俺は娘に

「ディナーの後、スカイラウンジに行くから、レディーらしい服装でね。ちゃんとストッキングは着用だよ。」

とあくまで自然に娘にパンティーストッキングを履かせる算段で会話し、

娘も

「お父さんが私のこと、もっと大好きになっちゃうような服を着て行くね。」

と大のりきであった。

パンストフェチの俺は、

娘が最近履きだしたパンティーストッキングでオナニーをしているが、

娘の脚に張り付いているパンストを直にさわったのはまだ1度しかないので、

もっと堪能してみたかった。

そして期待以上に娘は「女らしく」ドレスアップして俺の前に現れた。

離婚した妻がそのまま置いていった黒のパーティードレスを着て

サニーブラウンのパンティーストッキングを履き、

ワインレッドのルージュを引いた娘は17歳には見えず、

ましてや周りから見れば「親子」というより

「カップル」にしか見えないだろう。

俺も4年ぶりにタキシードに身を包み、

娘とのデートに臨んだ。ディナーではお互いに、

この4年間のつらい思いで話しに終始してしまったが、

スカイラウンジに上がり、

横浜のかすんでいる夜景を見ながらカクテルを飲む頃には、

俺もおそらく娘も「親子」というより

「男と女」になってしまっていたと今は思っている。

23時近くなり、俺はリザーブした部屋に娘とチェックインした。

娘は飲み慣れないカクテルを飲んだせいか、ほんのりと顔を赤くし、

「お父さんのことT樹さんって呼んでいい?」

と聞いてきた。

俺は断る理由もないので、

「綾がそう言いたいんだったらどうぞ」と言いつつ、娘にキスしていた。

娘は俺にしっかりと抱きつくと

「ずっとまえから好きだったの、お母さんがいなくなってT樹さんがあたしだけの人になったから、ホントはすごくうれしかったの」

と告白してきた。

妻の逃げた理由のひとつには、

俺と娘の尋常ならぬ「親密さ」を

女の直感で感じ取っていたとしか思えない「フシ」があった。

「綾があなたを見る目は違う!!」

と言っていた妻の言葉は、

今の綾が俺を見ている眼差しなのだろう。

ぱっちりと大きな二重の瞳はウルウルと揺れており、

その瞳を見ているうちに俺には「父親」という

「法律的肩書き」は些末なことにしか思えなくなり、

娘をベッドに寝かせ、黒いドレスとブラジャーを脱がし、

オールスルーでサニーブラウン色のパンティーストッキングと

白いTバックのひもパンティーのみの姿にしてしまった。

わずか3年前まで一緒に風呂に入っていた娘の成長ぶりには目を見張り、

俺もいそぎ全裸になった。

両乳房もまだ固く、ピンク色の乳首を舐めて刺激しつつ、

やさしく揉みほぐすうち

「あん、あ〜ん」と歓喜の声を上げだした。

首筋、耳の中、耳たぶ、背中と指先でなぞるように刺激して行くと

娘は身をよじり初め、右手で俺のチン○をつかむや

「T樹ぃ〜、好き・・・」と言いながらフェラチオをしてきた。

お世辞にも上手ではなかったが、

何事にも勉強熱心な娘は、大方友達から聞いたか

レディコミの類でもみて一生懸命「イカそう」としているのだろう。

けなげな娘に俺は更にエレクトしつつもレクチャーを忘れなかった。

「もっと大きく音をたててすってごらん」、

「舌先でチョンチョンと刺激して」、

「舌を軽く触れさせながら舐め上げてごらん」、

「指先でたまたまをこしょこしょして」、

「くわえながら俺と目をあわせて」、

そのどれもに素直に応じ、10分近くなってようやく、

インサートに耐えうる堅さになってきた。

「じゃあ、綾のストッキングで楽しませて」、

ついに娘のパンティーストッキングを心おきなく犯せる時がきた。

まず、ひもパンティーを抜き去り、

「パンスト直履き」にすると、

すでにぬらぬらした愛液にまみれた綾の恥部が

センターシーム越しに張り付いており、

俺は大きな音を立てながらその部分を嘗め回した。

「いい〜、いいの〜T樹さんっっ!!」、

その声を聞きつつ俺は娘の脚に張り付いているパンティーストッキングを

つま先をなめ、そして太股あたりをパンパンと指で弾いてみたり、

ふくらはぎ部分を歯で小さく噛みきって伝線させたりし、

ナイロンの感触を十二分に楽しんだ。

「綾のパンスト、破いてもいい?」、

娘は小さくうなずき、脚を広げた。

「ビリッ、ビビビッ」とパンストが破ける独特の音がし、

俺の興奮も限界にきた。

固くなったちん○を入れるが、途中に引っかかりを感じ

「これが娘の処女膜か、この先は禁断の世界なんだな」

とクールに思考していたが、

ちょっとした拍子に「スッ」とインサートしてしまった。

「いたい」、娘はそう言うとしっかりと抱きついてきた。

俺は「実の娘とセックスしているんだ、

17歳の娘に好きなパンスト履かせたままセックスしているんだ!!」

と声にし、腰を淫らに打ち付けていた。

「いや〜!!T樹ぃ〜っっ!!」、

「綾っ!、綾っ!、綾っっ!!」、

コンドームの中には禁断の子種が充満しており、

娘の膣口からは少量の血が出ていた・・・・、

あれから24時間、

書斎を出ると俺の寝室では娘が、

命じたままに学校の制服にスクールパンストを履いて待っているはずだ。

なにしろ、もう「親子」ではないのだから・・・・。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング




PAGE TOP