【H体験談】デカチンを舐め扱いて四つん這いになってる母

変態なんですよ…。

もうホントに、どうしようもないくらい…。

アレを『淫乱』って言うんですよ…。

とにかくチンポが好きなんです。

チンポがあれば、誰でもイイみたいで、

チンポの代わりを着けてたら、

女の人でもイイんですよ。

人間じゃなくても、別に構わないんです。

大量のDVDに、ありとあらゆる行為が納めてあるんです。

3P、4P、輪姦、乱交。

緊縛、露出、青姦、放ニョウ、飲ニョウ。

脱糞、食糞、…食糞は、無かったっけ?。

浣腸排泄、肛門性交。

異物挿入、拡張調教、それに同性愛と獣○に、おまけに幼○性愛って、

最低の女でしょう?

………僕の母、なんですけどね。
僕26歳、母48歳、父53歳。

僕、もうすぐ結婚して、婿養子に入って、

変態家族から完全分離・独立するはずだったんですよ…。

それなのに父が事故で入院しちゃって…。

それだけなら、別にどうってコト無いんですけどね。

ベッドでグルグル巻きの父が言ったんです…。

「………お前、母さんと、乱交パーティーに出てくれ。」

ありえないでしょう…?。

ありえないですよ、普通…。

でも、本気だったんですよね。

…だって僕の両親、二人とも変態ですから…。

父は小さいながら会社やってまして…。

小さいながら、やって行くには、やはりそれなりの裏技が必要なワケで…。

お得意さんを接待するのに、女の子や、愛人、母を使ってました。

今回は、父が主催の乱交パーティーで、

おもてなしを予定してたそうなんですが…、

アクシデントで主催が欠席じゃ、

格好がつかないとか、なんとか…。

「今後の取引に影響するんだよ…。頼むっ!。詳しいコトは母さんに聞いてくれ。」

コルセットで下げられない頭を下げられちゃ、しょうがないですね。

僕も昔、性犯罪スレスレの、…と言うか犯罪ですけど 、

やらかしたコトの後始末を、父に全部やってもらったし…。

「………大丈夫かしら、シンちゃんに勤まるかな?」

いっしょに聞いてた母が、不安そうに僕を見るんですよ…。

嫌だな…。

そんな目で見られたら、こっちも不安になるよ…。

どんな人が集まって、どんなコトするのか、僕、知らないんですから…。

危ない系の人とか来て、ヤバい物使ったりしないですよね…?。

僕、いっぺん痛い思いしてるから…、イヤなんですよね…。

と、露骨に嫌な顔してたら、父が、

「…大丈夫だろ?、ただの代役なんだから。お前はいつもと変わらず、母さん立てて、チンポ立ててろっ!」。

何だよっ!、それ…?。

居ても居なくてもイイってコトじゃん!。

…でも、パーティーの仕切りって、

いつも母さんがやってたの?。

いつも僕に、好き放題ヤラれてるイメージしかないから、

全然、想像がつかないよ………。

で、家に帰って、乱交パーティーの予習ですよ…。

で、DVD見せられたんですよ…。

はあ……………………っ、

そりゃあ、僕と今でも近親●姦してるくらいですから…、

ある程度、想像はしたんですけど………。

ここまで母が変態だとは、思いませんでした…。

いやぁ…、思いたくないですよ!

例え変態でもね?、息子としては、

綺麗で優しい母と、許されぬ愛に溺れていたいですよ………。

なんて言うか…、汚れた中にも美しさを讃えているって言うか…、

そっ!、耽美!、耽美ですよ!。

せめて耽美の『ビ』くらいは保っててほしかったな………。

それが、もう…、前述の有様ですよ…。

それに、僕は…、僕なりにですけど、

乱交パーティーの予習をするつもりなのに…、

肝心要の部分は、みんなカットされてて、

ただの裏DVDになってるんですよ、

コレ…。仕切り方とか、場の流れとか、

全然分かんないですよっ!。

ヤッて!、ヤッて!、ヤッて!、だけじゃあないですか!?

「ねぇ…、コレ見て…」

目がヤバいよ…、母さん。

そんなに興奮しないでよ…。

みんなが愉しんでる映像なんて、今はどうでもいいんだよ…。

で、乱交パーティーと関係ないじゃんよ、コレっ!。

大画面にデカデカと、黒人3人とヤッてる映像が………。

コレ、あんたたち夫婦で愉しむ、オカズ用のプライベートVでしょ?。

いくら使ったか知らないけど………。

良く撮れてるネ?

オイルでテカテカの黒い筋肉が、

ローションでヌルヌルの母に挑みかかってます。

………いつの間に、こんなコトやったんだか。

チンポなんて呼べない、砲弾みたいなヤツが、

ビンビンになって母を…。

あ~~~あ、フェラ無理だって………、

白目剥いて…、キッついなあ~っ!

「…ねぇ?、こんなの、母さんに入ると思う?」

…入れたんでしょ?、どうせ…。

そんなに興奮しないでよ…。

息子として恥ずかしいよ…。

僕もビンビンだけど…、触んないでよ!

「ああ~~~ん、ほらっ、入ってるの…。あんなに太いの…に、入ってるの…」

ソファーに座った黒人男に母が跨がって、

ゆっくりと腰を沈めてます。

…いっぺんには、入らないから、

穴を馴らしながら、少しずつ飲み込んでます。

デカイ手で揉みくちゃにされて、アナルにも指をズボズボ…。

『アオオォ~ッ!、アオオォ~ッ!』

…何、ちょっと英語っぽく、喘いでんだよ?。

………ああ、入った。

遠慮しね~な、この黒人。

ガンガン突き上げてんな………。

あんなにされて…、よく本気汁出せるな~?

「凄いでしょう?、凄かったわ…」

………あんたが、スゴイよ!。

あ、抜けた…。

おい、おい、………なんだよ、あの穴!?

。…壊れてないの?。

ぽっかり空いちゃって………。

まるで鳥の巣箱だよ。

「見て~~っ!、見て~~っ!。ズッポリ!、ズッポリ入ってるの~~っ!」

あ~~~っ、もおっ、なんだよっ!。

どっち?、どっちを見ればイイのっ?。

テレビのサンドイッチされてる方ぉ?。

こっちの生でフィストオナしてる方ぉ?。

どっち!?

「どっちもぉ~~。両方ぉ~~、両方ぉ~~見てぇ~~。」

画面には、ぽっかり前後の穴を開けて、

ズポンズポン音を鳴らしながら、

突き刺さる黒人チンポを白く染めてイク母が…。

こっちの、目の前では、

器用に手首近くまでマンコに突っ込み、

やっぱり白い本気汁を撒き散らす母が…。

『オオゥッ、アウッ、アウッ!』

マンコ担当の、土台になってた黒人が叫んでる。

中出しかな~?、って思ってたら、

母はポンッと引き抜いて、サッと口に咥えた。

…すげぇ、機敏だな…。

おっ、おおっ!、うわわわっ!、うっわ~~~~~っ!。

なんだよ、あの精子の量っ!?

牛乳パックを一個、握り潰して、

ぶち撒けた感じ!。

スゲ~~~ッ!

デカチンを舐め扱いて、四つん這いになってる母に、

今度はアナル担当が、喘ぎながら中出し。

白いデカチンが抜けた…。

ああ~~~っ、浣腸液みたいに精子が出る、出る…。

画面の母は、腰から下がブルブル震えて、膝がガクガクしてる。

そこに3人目の黒人が、お尻の肉を無理矢理広げて、

マンコにズルル~~~ッ、と!

ああっ、僕も我慢できずに、マンコに挿入~~~っ!

『イクぅ~~~~~っ!』

スポスポと腰を使ってたら、テレビの中の母と、

僕の下になった母がいっしょに叫びました。

上手いコト、映像と現実がシンクロしました………。

あ~あ、ホントに、この母が上手く仕切ってくれるのかな…?。

………まあ、とりあえず母のマンコに、

中出ししますけどね…。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング