【セックス体験】風呂場でまた3Pかな・・ | H体験談~エロばなまとめ
   

【セックス体験】風呂場でまた3Pかな・・

俺 27歳

元カノ 佳恵 24歳

佳恵の先輩 敬太 25歳

佳恵の上司 加藤 32歳

先日、3年間付き合った彼女(佳恵 24歳)と別れた。

彼女から見た俺は何かが物足りなく、

俺から見た彼女はHの面でもの足りなかったからだ。

それから2カ月後。

そんな佳恵が俺の家の近くの飲み屋から出てくるところを偶然目撃した。

佳恵と仲の良い先輩(敬太 25歳?)、

それから佳恵の上司の加藤(32歳?)が一緒だった。

3人は仲良く話をしながら、歩いて行った。

こちらには全く気がついてない様子だったので、

悪いとは思ったが後を追った。

しばらく歩くと、

3人はあるアパートへ入っていった。

一人暮らしをしている敬太のアパートのようだった。

部屋は1階だったので、

ダメもとで反対側へ回ってみた。

すると、レースしかしていなかったので、

こちらからは中が良く見えた。

部屋に入ってきた3人は床にすわり、

小さなテーブルを囲んで会話を楽しんでいた。

そのうち男二人が佳恵をはさむ位置に移動した。

ここから先は、まったく想像もしていなかった出来事が起こった。

笑いながら敬太が佳恵の胸をつついた。

佳恵は多少嫌がるそぶりを見せていたが、

結構楽しんでいるようだった。

すると今度は加藤が佳恵の後ろに回り込み、

両手で佳恵の胸をわしづかみにした。

その様子を見た俺は「えっ!」と

一瞬大きな声を出しそうになったが何とかこらえた。

そんな俺の驚きをよそに3人の行動は

どんどんエスカレートしていった。

敬太が佳恵のスカートをめくり、

佳恵のアソコを指でいじり始めた。

佳恵もそれに応えるように

二人の肉棒をズボンの上からさすりはじめ、

あっという間に3人とも裸になってしまった。

舐めたり舐められたり、

佳恵のアソコには当然のように指が入れられ・・・。

いつの間にこんなことができるようになったのか。

俺と付き合っていたころのHに気が進まない佳恵の姿はそこにはなかった。

いよいよ挿入の瞬間。

まずは敬太が正上位で挿入。

生だった・・・。

上の口では加藤のものをくわえていた。

普通に3Pをしている佳恵の姿を見ながら、

俺はしばらく意識が飛んでいた気がする。

胸をもまれながらガンガン突き上げられる佳恵の体は、

完全に2人の男のおもちゃのようになっていた。

10分ほどすると、

佳恵が敬太の腰に足をからみつけた。

敬太が佳恵の中で果てたのがその動きと表情からわかった。

俺は3年間佳恵と付き合っていて、

生で入れることすら許されなかったのに、

佳恵自らの意思で中出しさせる姿にあぜんとした。

そして佳恵はすぐに四つん這いになり

敬太の肉棒を口で掃除し始めた。

そしてバックでされるのが嫌いなはずの佳恵の後ろから加藤が生で挿入した。

加藤は佳恵の尻肉をつかんだり、

胸をもんだりしながら、

当然のように佳恵に中出し。

すぐさま風呂場へ向かったようだった。

「はぁ~。」

といった感じで大きく息をついた佳恵がゴロンと転がったそのとき、

俺はものすごいショックを受けた。

ちょうど佳恵の尻がこちらを向いた。

なんとたった今加藤が発射した精液が、

佳恵のアナルからあふれてくるのが見えたのだ。

横から見ていてわからなかったのだが、

佳恵はずっと加藤にアナルを攻められていたのだ。

流れ出てくる精液をティッシュで拭いている佳恵の前に敬太がやってきて、

そのまま仁王立ちフェラが始まった。

5分程で顔射フィニッシュ。

お掃除フェラをした後は仲良く風呂場へ向かって行った。

30分ほど待っても出てこなかったので、

風呂場でまた3Pかな・・・と思う。

なんでこんなに変わっちゃったんだろ?

よくわからないまま、

俺はすぐさま自宅へ戻りティッシュを手に取った・・・。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング