大阪から東京への夜行バスに乗ってるときのことです。

車内は消灯され、私も眠っていました。

なんか体がムズムズしたので静かに目を開けると、

誰かが私の腕のあたりを触っていました。

目を覚ましたところでボーっとしている間に、

その手は、セーターの上を腕から胸の方へと動いてきました。

そこでやっと「痴漢!?」って思いました。

その人は大学生ぐらいの、可愛い感じの男の子で、

私が起きないように、そーっと胸を触ってきました。

暗い中で、ムラムラっとしてしまったのでしょうか。

私は妙に冷静に(寝起きだからかもしれません)それを見つめていました。

そのうち辞めるだろうと思っていたのですが、辞める気配はありません。

それどころか、だんだんエスカレートし、胸を露骨に揉んできました。

さすがに私も小声で

「ちょっとやめてください」って言いました。

すると開き直ったのか、

彼はいきなり私の口を塞ぐように唇を重ねてきました。

可愛い顔をして(?)激しくキスをされました。

しかも手は、私の胸をいやらしい手つきで揉んでいます。

私は力が抜けてしまい、ボーっとされるがままにしていました。

ふっと体を触っていた手が緩まり、彼が言いました。

「すみません、調子に乗り過ぎました。なんか急にムラムラきちゃって」

私は怒る気にもなれず、

「ううん、いいよいいよ。なかなか良かったし」

と冗談交じりに答えました。

すると、それを本気に取ったのか、また私の体を触ってきました。

今度は、私もそれに応えて、彼の股間に手を添えたりしました。

彼はジーパンでしたが、その上からでも解るぐらいパンパンでした。

彼の手は、セーターの中に入り、ブラの中にも入ってきました。

ブラはもう一方の手で外されていました。

その後は、朝までずっと愛撫されてしまいました。

もうどろどろにとけちゃうくらい

東京に着いたとき、フラフラで倒れそうなぐらい疲れていました。

彼に向かって

「疲れたからどこかで休んでかない?」

というと、彼は頷き、名前も知らないままホテルに行ってしまいました。

ずっとエッチモードだった二人は、入るなり、

シャワーも浴びずにエッチしちゃいました。

私は何度もイカされ、彼のも飲んであげました。

今までの人生の中で(大げさ(笑))最高に気持ち良かったです。

名前も連絡先も(そう言えば年令も)聞かなかった君、また会いたいな~(笑)

おすすめの記事