【エロ体験談】セックスの欲求をここ数年は不倫している彼で満たしています… | H体験談~エロばなまとめ
   

【エロ体験談】セックスの欲求をここ数年は不倫している彼で満たしています…

私は今年で29歳になりました。

私と主人とは結婚5年のセックスレス夫婦です。

でもセックスの欲求は、

ここ数年は不倫している彼で満たしています。

彼も奥さんがいるので、私とは不倫の関係です。

俗に言うW不倫です。

私は専業主婦なので、

彼の仕事の終わる時間や昼間の営業に合わせて

ビジネスホテルなどで密会しています。

この間も彼が出張で京都へ行くというので、

主人には実家に帰ると言って一緒について行きました。

人の目を気にせず彼との1泊不倫旅行です。

東京駅でお弁当を買ってから新幹線に乗り込み、

まさに旅行感覚で一層お互いの気持ちを高ぶらせました。

指定席に座り、昼間の時間帯なので周りには

そこそこ他の乗客もいたのにもかかわらず、

彼が私にキスをしながらあそこを触り始めました。

私のあそこはすでにびしょ濡れでした。

私はたまらず、「あ~ん…気持ちいい…」

と彼の耳元で熱い吐息を漏らしました。

彼が私の口を手で軽く押さえながら、

スカートを捲くりパンティーの横から指を入れてきました。

周りには他の乗客もいるので恥ずかしさと、

気持ちよさで我慢できなくなった私は、

「ねぇ…トイレで…イキたい…」と小声で彼の耳元でささやきました。

そして彼に手を引っ張られながら新幹線の狭いトイレへ移動しました。

トイレの鍵を掛けた途端に彼も我慢できなかったのか

即座にズボンとトランクスを下ろしました。

そして私はトイレの中でどうにかしゃがみ込んで、

赤黒く既に反り返った彼のアレにむしゃぶりつきました。

口の中に唾液をいっぱい溜めて、

ジュポジュポ音を立てながら根元まで咥え込みました。

しばらくすると彼は私を立たせて

スカートを捲くりバックから片足を持ち上げられて、

パンパン突かれまくりました。

彼の硬く反り返ったアレで一気に串刺しにされたみたいに子宮に当たって、

私はすぐに絶頂に達してしまいました。

もちろん彼はまだイッてないので、

パンパン激しく突いてくるたびに何度も何度も私は絶頂に達してしまい、

奥から大量の熱いものを噴いてしまいました。

同時に彼も私の中に大量の熱い体液を注入しました。

そして京都駅に着いたら本日宿泊するホテルへタクシーで向かいました。

予約してある部屋はもちろんダブルベッド。

彼は何とか簡単な用件はホテルから電話で済まそうとしていました。

私は観光そっちのけで、着いて間もないのに、

またベッドの上で何回も絶頂に達してしまいました。

彼はそのあとどうしても外せないクライアントとは打ち合わせに出掛けましたが、

予想以上に早くホテルに帰って来てくれました。

2人でホテルのレストランで遅い夕食を済ませると、

あとは部屋に戻り結局朝までエッチしまくりました。

本当に彼とはセックスの相性がよく、

子宮を突かれるたびに奥から熱いものが噴出してしまい

ベッドにはシミがいっぱいできてしまいました。

また彼の方も私とのセックスには満足してくれてるみたいで、

イッてもすぐにまた元気になり私の中で何回も熱い体液を放出してくれます。

今回のような出張不倫旅行は初めてですが、

普段の欲求をお互い満たしあうように、今日は何回もしてしまいました。

今では彼の出張が楽しみで仕方がありません。

そして、もちろん今でも彼との関係は続いています。

もう、私のカラダは完全に彼とは離れられなくなってます。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング