【H体験】週末泊まりに来てはセックスをするというパターンでした | H体験談~エロばなまとめ
   

【H体験】週末泊まりに来てはセックスをするというパターンでした

学生の頃、彼女(しょうこ)が泊まりに来てた時に

しょうこの友だちY子が夜遅く突然やって来たんですけど・・・・

この時のことを書いていいでつか?

しょうこが2週間ぶりにお泊まりでボクのアパートに来た時のことです。

手料理も食べ終わりマターリしてましたが、

しばらくするとしょうこが後かたづけのために流しに立ったので、

イタズラしようと思い後ろから抱きついて

スカートに中に手を入れパンツを下ろすと

「もう」と怒ったものの大して抵抗もしなかったので、

そのままクンニ&指マンをしてあげると簡単にイッてしまいました。

そのままセクースと思ったのですが、

夜は長いし結局しょうこのパンツを元に戻して

テレビを見ながら買ってきたワインを二人で飲んでました。

ほろ酔いかげんになった12時過ぎ、

電話が鳴ったので今頃誰かと思いながら出てみると

しょうこの友人若菜からでした。

「今しょうこいるでしょ。

終電に遅れたのッ泊めてッ」とちょっと酔っぱらいの感じ。

無言でいると、「もうケイ君(ボクのこと)ちの近くッ。

今からおじゃましま~す」と言って電話は切れました。

しょうこに聞くと若菜もデートだったらしく

「朝から2人で外泊届けを出して女子寮を出てきたんだけどなぁ」

とちょっと不満そうでした。

ここでしょうこ(彼女)、若菜のスペックを。

しょうこ 21才で小ぶりのBカップ。

中部地方の出身で高校卒業後都内で就職。

S県の女子寮に住んでる。

若菜 21才。

多分Fはあると思う。

しょうこと同期で同じ寮に住んでいる。

面識はもちろんあったが会う時はいつもしょうこと一緒。

10分程すると若菜が缶酎ハイをかかえて登場。

まあまあと3人で宴会が始まった。

若菜は結構ハイピッチで飲みながら今日のことを話してたけど、これはパス。

そろそろ寝ようかということになり、布団を2組敷いた。

左側の布団に若菜、

右側の布団の左側にボク、右側にしょうこ。

女の子2人と川の字で寝るのは初めてで結構ドキドキ。

しかも、さっきセックスしそこなってるし・・・・・

と天井を見ていると、若菜はもう寝息をたてていた。

そこでしょうこの方を向くと顔の前に両手を合わせて、

「ゴメン」ってポーズをしているので、

ボクも微笑んであげてから上を向いて目を閉じた。

どの位時間がたったかわからないけど、

チンコがモゾモゾするのでしょうこの方を向いて確認するとしょうこの手だった。

優しいタッチにビンビンになるとしょうこは静かにチンコへと潜っていった。

しょうこは口内発射もゴックンもOKな子だったので、

ありがたくしょうこのフェラチオを堪能した。

でも、やっぱり若菜が気になるので時々見てみるが、

相変わらず寝息が聞こえていた。

快感が最高に達して射精の寸前、

何故か若菜の方に目を向けると、

何と若菜は目を開けてボクを見ていた。

ビックリしたのとしょうこの口の中に射精したのは同時だったけれど、

息を整えている間も若菜はじっとボクを見ていた。

そしてニヤッと笑うと目を閉じて上を向いた。

布団の中のしょうこはボクのを飲み終えると

トランクスをはかせ布団に上がってきた。

そして小さな声で「オヤスミ」と言うと目を閉じた。

若菜にイク時の顔を見られたボクは寝つくはずもなく、

黙って天井を見ていた。

そして夜も明けようとした頃、

若菜がボクの左肩をトントンとするので顔を向けると

「あんなの見せられたら寝れないよ」

と小さな声でささやきました。

ボクはしょうこが眠っているのを確認してから若菜に

「えっ、何のこと」と小声で言いました。

若菜は「ケイ君のイク時の顔しっかり見ちゃった。

かわい~」と言うので、ボクが何も言えないでいると、

「しょうこってフェラうまい?私も彼に結構うまいって言われるよ」

と耳元でささやくのです。

これは無視が一番と思い黙っていると、

若菜は「怒ったのぉ、かわい~」

と言うなりボクのトランクスの上からチンコをすりすりしはじめました。

何時間か前にしょうこに口内発射したとはいえ、

若いチンコはあっという間にギンギンに。

若菜は、「へへっ、あそこは正直ネ。はみ出してるヨ。してあげよっか!」

と意地悪く言うとトランクスの中に手を入れました。

しかしすぐに、

「ベタベタしてるぅ。しょうこのが残ってるよぉ。」

と言い残すと起きて出して流しの方に行きました。

しょうこが気になりましたが、相変わらず寝息をたてています。

そして若菜が布団に戻ってきました。

若菜はしょうこが寝ているのを確認すると、

ボクの腕を引っ張って自分が寝ている布団に来る様に目で合図しました。

ボクはそーっとしょうこの布団から抜け出すと若菜の布団に行きました。

ここで布団に入った時のカッコを言っときますね。

ボク.....トランクス&Tシャツ

しょうこ.....ボクのパジャマ上下

若菜.....しょうこのパジャマ上下(ボクの家に置いてあるヤツ)

若菜は大胆にもボクのトランクスを下げてきました。

期待でいっぱいのボクは当然お尻を浮かせて協力しました。

そして水で濡らしたハンドタオルでチンコを丁寧に拭くと、

ボクのタマを舐めはじめました。

「しょうこよりうまい!」これが正直な第一印象でした。

しょうこは最初サオをゆっくり舐め、感じてきたら手と口を一緒に上下させて、

セックスになだれこむか口内発射のパターンだったので、タマ舐めは感動でした。

若菜はタマからサオの裏側へとじらす様に舐め上げ、

思わず声が出そうになりましたが、

しょうこが気になって必死で快感に耐えました。

やがて若菜はボクの上になって身体を回転させてきました。

パジャマは着てるといっても69の格好です。

しょうこが起きたら言い訳など出来る格好ではありません。

しかしフェラチオの快感も捨てがたく、最後までイキたいという気持ちから

“どうにでもなれ!”

とばかり目の前にある若菜のパジャマのズボンを下ろしました。

若菜は大した抵抗もせず、ピンクのちっこいパンツ姿になりました。

パンツの横からオケイコに指を入れると

クショグショに濡れており、奥に動かしてやると

チンコから口を離して、

ガマン出来なくなった様なあえぎ声を出し始めました。

さらに若菜を感じさせ、

ピンクのパンツを脱がせようとした時、

突然若菜がパンツに手をかけ、

身体を回転させてボクの方を向くと

「ダメ、それ以上されたら欲しくなっちゃう。

」と言いました。

耳元で「いれたい」とささやいたのですが、

「ダ~メ、イイコイイコしてあげるから」

とニコッと笑うと再びボクのチンコを舐めはじめました。

今度は気合い充分とばかりサオを手で動かしながらタマを口に含み、

カチカチになると両手でタマをもみながらサオを口だけで上下されました。

あまりの気持ちの良さに黙って

若菜の口の中に思いっきり射精してしまいました。

若菜は布団に戻ると、「えへっ、2度目なのにいっぱい出たネ。ごちそうさま」

というと何事もなかった様に寝息をたてはじめました。

昼頃目を覚ますと、2人とも着替えており何事もなかった様に話していました。

若菜は「ケイ君、突然オジャマしてゴメンネ!」と言うので、

「ホントだよ。全く!」と返したのですが、しょうこは黙ったままでした。

結局、夕方2人一緒に帰っていったのですが、

夜8時頃ドアをノックする音がしたので出てみるとしょうこでした。

しょうこはスーパーの袋を持っていたので、

「どうしたの?」と聞きながらも、とりあえず部屋に入れると、

「ゴハン食べてないでしょ。

いっしょに食べヨ!」とササッと作り始めました。

作ってる横で話を聞くと、帰る途中、

若菜が「しょうこジャマしてゴメンネ。

ケイ君に悪かったよねぇ」としきりに気にするので、

「じゃあ戻ってなぐさめよっかナ」と言うと

しょうこが「イイヨ。

今日の外泊届け出しといてあげる」となったそうです。

明日は5時起きで会社に行かなければならないと言うので、

一緒に銭湯に行って(風呂付きのアパートなんざ夢だった。

)ビールを買い、早めに布団を敷きました。

その夜のしょうこは驚くほど積極的で、

電気も消さず、普段は絶対嫌がるバックも

自分からお尻を突き出してボクをイカせると

2回戦はボクのチンコを持って騎乗位に持ち込み、

一生懸命腰を振ってイカされました。

中身の濃い連チャン中出しが終わり、

さすがにグッタリしたので電気を消して寝ようとすると、

裸のまましょうこが寄り添ってきました。

そして、「ケイ(ボクのこと)、もうあんなことしちゃダメだよ」

と低い声で言うのです。

「ハぁ?何のこと?」と、とぼけると

「これ以上言わせないで」と涙声になりました。

「若菜とあれ以上したら怒ろうと思ったけど、最後までいかなかったし・・・・」

「約束だよ。

ホントにもうダメだからね」と言うしょうこをそっと抱き寄せ眠りました。

次の朝、目が覚めるとしょうこは会社に行った様でもう居ませんでした。

それから数ヶ月は何事もなかった様に

しょうこは定期的に週末泊まりに来てはセックスをするというパターンでした。

若菜と会うこともなく、大して話題にもなりませんでした。

平日の夜、突然若菜から電話があったのは、

若菜に口内発射してから半年くらい経っていました。

「オ~イ、ケイ君憶えてる?若菜だよ。

今から飲みに行こうよ」という声は結構酔っぱらいモードでした。

しょうこの顔が目に浮かんだので、

「もちろん憶えてるけど、もう遅いから今度にしようよ」と言ったのですが、

「へへへ、もうケイ君ちのすぐ近く。

これから突撃しま~す」と言うなり電話は切れてしまいました。

缶ビール3本持って部屋に現れた酔っぱらいモードの若菜は、

流しで水を飲んだ後

「終電、遅れましたぁ。つきあえっ!あ・・・その前にパジャマ貸して」

と言うなりグリーンのお揃いのブラとパンツ姿になりました。

ボクはあわてて着ていたパジャマを脱いで若菜に渡しましたが、

ブラを見ただけでも巨乳だと分かりました。

それからビールを飲み始めましたが、

ヘンな気を起こしちゃいけないとセーブしたのですが・・・・・・・

やっぱり目の前にごちそうがあったらガマン出来ないですね。

結局朝までFカップを堪能し、4回も中出ししてしまいました。

若菜はフェラも上手だったけど、セクースも最高でした。

(トクニパイズリ)

それからも何回かしょうこにはナイショで若菜と密会しセックスしてました。

時には昼間若菜とシて夜はしょうことスルとか。

オケイコって一人一人違うなぁってニヤニヤしてたこともあります。

でも、こんなことは長続きしませんよネ。

それは突然でした。

いつもの様にしょうこが泊まりの時

「ケイ、近頃コンドームアタシ以外で使ってな~い?」と聞くのです。

「そんなことないよ」と言ったのですが、押入をガサゴソしてました。

すると、「このイヤリングな~に?ひょっとして若菜のじゃな~い?」

と片方だけのイヤリングを見せられました。

心臓が口から飛び出す程びっくりしましたが、

「昔忘れていったんじゃないの?」と返すと

「じゃあ私が持って行ってあげるネ」

と言われ、その場は何とかなりました。

数日後しょうこから電話がありました。

「ケイくん、若菜から聞いちゃった。

私、他の女と最後までは絶対イヤって言ったよネ。

一晩泣きながら考えたけど、やっぱり許せない。

だからもう無理。

今までアリガトね。」

と話すしょうこに必死で謝りましたが、2度と電話はかかってきませんでした。

自分でまいた種とはいえ、本当に悪いことをしたと思いました。

翌年ボクも就職が決まりアパートを引っ越すことになった時、

しょうこの部屋着やパジャマや下着が押入から出てきました。

結局全部処分しましたが胸が痛みました。

今は地元に戻り結婚もして子供も出来ましたが、

おいしかった様な切ない様な苦い様な、とってもビミョーな想い出です。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング