【H体験】自分も全裸になり義母の身体を唇と舌で愛撫した

妻33才の義母は、早くに結婚出産したため、

まだ51才、妻と私の歳の離れているため、

私よりも年下である。

年に1.2度近くに来たからとうちに寄って行くことがあるが、

大抵は妻の休みの日の昼間の事でもう何年も顔を合わせてはいない。

そんな妻の義母から、携帯に電話が入った。

話したいことがあるから会いたいとのこと、それも妻には知られないように。

私から言うのもだが、妻も妻の妹もかなり整った顔立ちなのは、

この義母譲りで、10才くらいは若く見える。

妻の義母としてこれまで見て来たので、

性の対照として見たことは無かったが、

妻には内緒で会いたいとの連絡で、一気に性の対照になってしまった。

仕事を終え、待ち合わせの場所に向かった。

約束の時間より少し早く着いたが、義母は既に着いていた。

クラクションを軽く2回鳴らすと、

振り向きそのまま小走りに車に近づき、

挨拶もせずに車に乗り込んできた。

何やら周りの目を気にしている様子なので、

一先ず車を走らせた。

「話って何ですか?」

車に乗り込んでから、

何も言わず少し怖い顔で

前を見ているだけの義母との空間に耐えきれず

僕から、切り出した。

それでも、義母は口をひらかず、

前を見ているだけだった。

10分もあてなく走っただろうか、義母が

「今日する話は人には聞かれたく無いから、二人きりになれるところへ行って…」

とようやく口を開いた。

「ふたりっきりって…」

また、変な妄想の断ち切れて、いない私は、

そばにある亜美と何度か使ったラブホが浮かんだが、

義母の思いつめた感じはそんなところでは無い雰囲気と自身を戒め、

しかしそんな場所はあとボックスくらいしか浮かばず、

ボックスの駐車場に車を入れた。

義母は、行く先のあてが違ったらしく、

「ここじゃ…ホテルとかは、無いの?何もしないから連れ込みとかでもいいよ」

と場所替えを伝えてきた。

連れ込み!!!!????

心を見透かされたようで驚いたが、

怖いくらいの義母の言いように圧倒され、

近くにある義妹と何度か使ったラブホへ乗り入れた。

勝手のわからない義母は、僕に誘導されるまま、

僕の後ろに着いて部屋に入ってきた。

部屋の扉を閉めるなり、義母は持っていたバックで、

2.3度後ろから私を叩くと、

「亜美(義妹)ともここに来たの?」と私に罵声を浴びせた。

その瞬間、身体中の血の気が下がって行くのがわかった。

と同時に「なんで?」「なにを?」と、

言い訳をするための思考で頭の中が、パニックになってしまった。

向かい合わせになって、

さらに左頬にビンタを喰らった。

その後、どうしてこんなことに…とその場に泣き崩れてしまった。

どう声をかけたら良いか、

わからない私はその場に立っているだけだった。

暫く、其のままの時間が過ぎたあと立ち尽くすだけの私にしたから

睨みつけるように視線を向けて

「いつからなの?どうして?美穂(妻)と上手くやっているとばかり思って安心していたのに…」

「美穂には気づかれてないの…」

と矢継ぎ早に浴びせかけて来た。

ようやくと事態が、自身に受け止められ、

「なんでわかったのですか?」と返すことができた。

「亜美に生理が来てないなと、先月気づいたのだけど、遅れてたりすることもあるし…、チョット注意してたらあの子がシャワーしてる時に貴方からの着信があって…??と思ったらラインやりとりの後友だちと出かけるって…後を着いて行ったら貴方が車で迎えに来て…、昨日帰って来たあの子を問い詰めたら貴方と…」

と話し始めた、

話しながらまた気分が高揚したらしく何度か叩かれながら…

しまった、やってることは聞かされていなかったのか…

でも、どうしてわかったのかって肯定してしまったし…

少し後悔しながら、義母を抱きしめ耳元で、すみませんを繰り返した。

其の後、暫くそのまま言葉を交わしたが、

姿勢も苦しくなり、

ソファー代わりにベッドのはじに二人で腰をかけた。

義母の中で溜まっていたものが、

一気に外に出たためか、

一通りの話が終わると極めて冷静な大人になっていた。

「それで、これからどうするつもりなの?子供まで作って…」

と切り出して来た。

「いえ、確かに関係は認めますが、子供は…

言いにくいのですが…」と、亜美との話を正直にした。

半信半疑で聞いていたが、義母の僕へのイメージが、

僕の説明と合ったらしく、納得をしてくれた。

「亜美とは、おしまいにできるの?」

と念を押され、少し言葉詰まってしまった。

「美穂と、別れるつもりはありません、ただ亜美も、正直かわいいと思ってます。」

と、言った途端義母の形相か、また怖くなってしまった。

「それじゃダメ、あの二人は姉妹なんだから…他人じゃ無いのよ」

そんなことを淡々と語り出し僕の説得を始めた。

そんなやりとりで時間が経つと、僕も冷静になり、

ここに来るまで感じていた、義母への女がまた、浮かび始めた。

『このチャンスを活かして、お義母さんを抱けないか…、何もせずただただ、人に頼り代償のように身体を提供する亜美は、いつか切り離さなければと思っていたし、だいたい、いけるセックスを覚えてしまって抱かれたがっているのは、亜美の方だし』

と自分勝手な考えが頭の中を埋め始めた。

そんなことを頭で考えながら義母の話をうわのそらで聞いている時に、

義母の耳元に唐突に

「お義母さんを、抱かせてくれるのなら、もう亜美とは会いません」

と話しかけてみた。

僕に説得を続けていた義母の口から言葉が、止まった。

僕は、義母の身体から一度身体を話すと、彼女の唇に唇を重ねた。

義母は、一瞬戸惑い唇を固く閉ざしていたが、

必要に舌を往復させると

「一回切り、本当に亜美とは終わらせてね」

と言うと舌を絡めて来た。

義母も義父を3年前に亡くしている。

舌を激しく何度も何度も絡ませてくる。

この気持ちが、覚めたりさないように…、

僕は一気に義母のまとう服を全て脱がすと、

自分も全裸になり義母の身体を唇と舌で愛撫した。

久しぶりの同世代とのセックス、

若い女のハリのある肌とは違い、

緩く柔らかい肌の感じは妻や亜美とは異なる興奮を覚える。

直接の攻撃より、二の腕や脇、脇腹を

リンパの流れに沿って何度も何度も愛撫する。

時には、乳首やクリに触れる程度で刺激をして、

少し離れた性感帯に愛撫を繰り返す。

眼をつぶったままの義母は、

「うっ…、や…あふっ…」、と言った、声を殺しながら、

抑えきれず漏らす声から、

ようやくと攻め始めた

クリや、乳首やに反応しながら…

あんっ!ううんっ!といったしっかりした声に変わってきた。

妻や妹のあの時の声の大きいのは、

どうやら義母譲りらしい。

それならここも…

脚を左右に大きく開き、義母のクリにむさぼりつく。

50を超えた義母のあそこは、娘たちと違い、少し強い匂いがある。

が、むしろこの匂いが僕には良い刺激となる。

「佳祐くん…吸って!強く痛いくらい!」

いつの間にか両手で僕の頭を掴み、

僕がクリから離れないようにしたうえでそんなことまで…

リクエストとあれば…

唇をすぼめクリトリスを音を立てて吸う。

「佳祐くん、佳祐くん…」何度も何度も僕を呼ぶ。

そうこうしているうちに「あっ、あっああん…い、いくぅ…」

と、叫ぶと腰を何度もビクつかせ、

乳輪が無くなるほど乳首を立ていってしまった。

「そうだ、アレも…」

確認してみたいことを思い出し、

いったまま放心している義母の腰にマクラを入れ、

あそこに中指と薬指を挿入する。

放心しているところに、いきなり指が入ってきて、

義母は、驚き「待って、待って」

と繰り返したが、

僕は、ぐちょぐちょになった義母のあそこに挿入た指を

おへその裏側を絞るように激しく往復させる。

「待って…ダメ、佳祐くん、ダメだったら…違うものが出ちゃう、ダメ…やめて!ダメ、ダメ…」

を何度か繰り返したあと観念したように、

勢い良く指の動きに合わせて潮を吹いた。

「一緒だ…」

そのあとは、力の抜けた義母を休ませることなく、

僕のものを口の前に起きしゃぶらせる。

フェラは、あまりしたことが無いらしく娘たちには、とうておよばない。

フェラはそうそうに切り上げると、

それでもギンギンになった僕のものを、

義母のおまんこにぶち込む。

入れた瞬間、眉間にシワを寄せたが奥まで入れ出し入れを繰り返すと、

動きに合わせて大きな声で応えてくれる。

バック、横、抱きかかえて駅弁、この世代が余りして来なかった、

AVさながらの体位を重ねていく。

僕がいくまでの間に、2回ほどいったのを数えている。

それでも、僕のセックスを全て受け入れ愉しんでくれる。

正常位で、三度目に達した時、部屋の電話が、

3時間の休憩時間が、終わることを知らせるために鳴る。

残念そうに「もう、そんな時間か…出ましょう。」

と終わりを告げると、

首を横に振り身体を起こすと僕のものを口に含み、

射精させようと始める。

「今夜、泊まりますか?」と聞いてみると

「いいの?美穂は大丈夫なの?」と言って来た。

親子揃って、僕とのセックスにハマったようだ。

僕は、美穂に、義母は亜美に帰らない旨のラインを送ったあと、

スマホの電源を切り、セックスを始めた。

寝るまでに4回、起き抜けに2回義母は、いき続けた。

結局、ホテルを出たのは翌日の16時頃になってしまった。

義母は一人で立っていられないらしく、

部屋を出てクルマに乗るまでずっと僕の左腕に抱きついていた。

家から一つ離れた駅に義母を降ろした。

降り際に、

「(亜美とのこと…)約束守ってね、それから電話してもいいかな…」

と真剣な眼差しで言われた。

僕が軽く頷くとドアが締まり、僕はクルマを走らせた。

今では、妻、妻の妹、義母、と関係を続けている。

明日会おうと義母からラインが来ている。

明日は、亜美の誕生日。

亜美と会う約束をしているが、そのことをわかっていての誘いだろう。

明日のダブルヘッターに備えて、タウリン沢山入れとかなきゃ(笑)

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング