【エロ体験談】花弁を一枚一枚、掻き分けて舌で愛してくれる

3月27日。

親友の和恵から電話。

31日に会えないかしら?え?予定あるのに!

3月31日。

一人息子がクラブに出掛ける朝。

友達と会うから、今日は少し遅くなるからと告げる。

友達を連れて来るし、いいよと。

いつもの友達。洗濯した下着は、自分の部屋に移した。

やっぱり、何かと心配になるし・・・。

シャワーを浴びて、入念にお化粧。

親友との待ち合わせは、11時の駅前。

いつもの喫茶店には、和恵が来ていた。

奥の席。少し太った感じがするけど気のせい?

和恵にも一人息子さんがいて、地方で就職した。

3年前に離婚してから、最近同棲している彼との事らしい。

「妊娠したのよ」と告げられた。
やはり、そうか。

彼の子?

もちろん、そうだった。

その彼は、23歳のディーラー勤務の彼。

一度だけ出会ったことがある。

この秋、彼と再婚するらしい。

でも、おめでとうと言った。

和恵は、喜んでいた。

3か月目に入ったらしい。

お腹がふっくらとしている感じかな。

長男にも告白して、喜んでくれたらしい。

よかったね。

軽く昼食も取り、紅茶を飲む。

着信音が鳴り、メールが入る。

彼からのはず。

思わず、落ちかなくなる。

時間が気になる。

「何だか、そわそわしてるわね」と言われ、見透かされている。

「男?」

「そんなんじゃないわよ」

否定してみる。

和恵の頬に笑みが出ている。

駅に入り、電車に乗る。

ふた駅向こう。

駅前のデパートのお手洗いに入る。

もうすでに5分の遅刻。

鏡の前でお化粧を直し、ルージュを引き直す。

メールを確認する。

「B14」だけ。

それでも二人だけに通じる文字。

エレベーターで地下の駐車場に降りる。

空間に響くブーツの音。

やっぱり、早足になっている、自然に。

B14・・・あった。

彼の車が、向こう向きに止まっていた。

ガラスをノックして、後ろの座席に入る。

隣りに、彼が座っていた。

「ごめんね、遅れっちゃった」

彼は笑って首を振る。

10分の遅刻。

「会いたかったわ」

彼に向かって本心が出てしまう。

「俺も」彼は私を抱き寄せてくれる。

フィルムのガラスで中は見えない。

彼の唇が重なる。

受け止める私。

妻でもなく、母親でもなく、

一人の女としての瞬間。

彼の舌を受け入れる。

幸せを感じる。

「強く抱いて・・・」

彼は、ぐっと私を抱きしめてくれた。

私の髪を優しく撫でてくれ、

「伸びたね」

「会いたかった・・・」

「俺も」

また、熱く長いキス。

ルージュが取れてしまう。

先週は、私の都合で会えなかった。

先々週は、熱い時間を彼からもらった。

その名残を、彼が確認する。

右側の耳の下の首筋。

赤いキスマークがずっと残っていた。

息子に気づかれない様に、

ずっとタートルのセーターで隠し通した。

今朝は、ほとんど残っていない。

彼は私の髪をかき分け、キスマークを探す。

また、同じ所にキスして来る。

「もう、そんな所だめよ」

でも、彼は聞かない。

同じ様に、赤いマークが出来た。

春先でも、しばらくタートルネックが続きそうだ。

スカートの裾からのぞく素足の白い腿と膝。

彼の指先がなぞる。

そっとその手に指を重ねる。

耳元に、彼が囁く。

「何色?」

「ん・・・もう。知りません」

彼を軽く睨む。

大好きな彼。

美容師の卵。

4月14日には、21歳になる。

プレゼントは考えてある。

約束の日。

「行こうか」

「ええ・・」

車で彼の部屋に向かう。

少し、ドキドキする。

少女の気持ちと、その約束を果たす日・・・

彼の部屋、彼に髪を切ってもらう。

本当に手馴れている。

私好みに決めてくれる。

そして、「準備するから」と彼。

ソファーに横になる。

新聞紙やバスタオルを敷いてくれる。

「タオルで目隠しする?」

そうすることにした。熱いお湯とタオル。

タオルで目隠しされ、スカートのサイドホックを外される。

スカートを脱がされ、

パンティーだけの下半身。

彼の指先がパンティにかかる。

そっと、丁寧に、パンティを脱がしてくれた。

熱く絞ったタオルを、その部分全体に掛けてくれる。

「熱くない?」

「大丈夫・・・」

しばらくして、シェービングクリームで万遍に塗り広げられ、

彼の剃刀が動き始める。

ジャリ・・・ジャリ・・・嫌な音。

どちらかと言えば薄いヘアーを彼が剃り始める。

あそこには、何もなくなる。小○校以来かな。

剃り終え、彼が綺麗に拭き取ってくれた。

何もなくなっていた。

彼とシャワーを浴びる。

丁寧に、あそこを洗ってくれた。

ベッドの上、彼の愛撫。

1時間以上、隅から隅まで愛してくれる。

私の弱い部分は、さらに時間を掛けてくれる。

疲れないのかしら?と思ってしまうくらいに満足させてくれる。

私の部分には、最高の愛を向けてくれる。

花弁を一枚一枚、掻き分けて、舌で愛してくれる。

何も隠すものがなくなり、恥ずかしい気持ちが、快感になる。

彼の舌が、長く奥へと伸びる。

私は、女の悦びを迎える。

何度も、何度も・・・迎える・・・

彼は、腰を落とす。

深く深く・・・もうだめ。

力が入らない・・・

彼の愛の証を子宮前で受け止めた。

熱い・・その量まで感じられる。

遅くなり、自宅に帰った。

息子にただいまを告げ、シャワーを浴びると、

首筋に彼の愛が赤く残っていた。

下半身には、何もない。

でも、彼しか見えない。

彼が大好き。

彼の前だったら、本当の私がいる。

彼の為なら、何でも出来てしまう。

お休み・・また明日。

4月1日。

エイプリールフール。

嘘ではなかった。

下半身には、何もなかった・・・

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング