彼女を紹介してくれたのは妻でした【H体験】 | H体験談~エロばなまとめ
   

彼女を紹介してくれたのは妻でした【H体験】

俺の仕事に関することで相談があるということで引き合わされたのだが、彼女は堀北真希に似ためちゃくちゃ可愛いコだったのだ。
その日はひと通りの話を聞いて別れたものの、その可愛い顔が忘れられず、1週間後、相談にかこつけて、今度は二人で会おうと企み連絡を入れた。

「あのコ、おとこ好きなのよね」という妻の言葉にも期待感があったことは否めない。

その証拠にこの間の1週間、俺はオナニーを一度もしていないのだった。
溜まりに溜まった子供達をたずさえて、俺は約束の場所へと向かった。
彼女の家の近所だ。
到着したことを携帯に告げると、彼女はすぐに出てきた。

「おまたせー」

やっぱ可愛い。

車の助手席に乗せ、そのまま食事へ・・・。
仕事の話が半分、あとは他愛もない話。
どうして口説こうかとあれこれ思案するものの、どうにも決め手がない。
場所を移すことにし、車に戻った。
車に乗ると、その駐車場はちょうど道路から死角になっていることに気づいた。

「ナオちゃんって可愛いよねー」

とりあえずフッテミル。

「えー、そんなことないですよー」

「いやいや、モテるでしょ?」
「ぜ~んぜん♪」

まんざらでもなさそうだ。

「そうかなー、可愛いと思うよ」

嫌になるくらいベタなセリフだが、強引にいく。

思いっきり可愛く笑う彼女の頭に手を乗せ「いや、ほんと可愛いよ」と顔を近づける。

「えーー」と言いながら眼が合う。

いける、と判断した俺は、そのまま軽くキス。
笑っている彼女を確かめて、さらにキスをした。

すんごいキスが上手い。

こんなに柔らかいキスは初めてだった。
しばらくキスを交わし続けたあと、ぎゅっと頭を抱きしめ“行くぞ”と決意をした。

車はそのままホテル街へ・・・。

「え、ちょっと」

戸惑う彼女。

「うん、大丈夫大丈夫」

なにが大丈夫なのかわからないが、強引に駐車場へ車を入れる。

「えー、ダメだよう。奥さんに悪い」

ちなみに彼女は独身。

「いいからいいから」

押し切れると判断した俺は、とにかく強引に室内へと連れ込むことに成功した。
室内へ連れ込めばこっちのもの・・・。
と思っていたものの、俺が甘かった。
とにかくガードが固い。

あーでもないこーでもないと口説くものの、彼女は身を委ねない。
時間が刻々と過ぎていく。
脱がそうとしてみても逃げられる。

1時間が経過する。

こんなことってあるのかよ、もうすぐ2時間が経過しようとしている。
キスには積極的に絡んでくるものの、めちゃくちゃ可愛いコとホテルにいながらキスしかしていないのだ。
ボリュームのあある胸も拝んでない。

焦る。

「ナオちゃ~~ん」

ぎゅーっと強く抱きしめてみた。
抱きしめられた彼女の力が抜けるのがわかった。

お、チャンスか?

強く抱きしめられるのに弱いらしいと悟った俺は、そのままキスをし、首筋へと舌を這わせた。

「んっ」

彼女が反応する。

おしっ!

そのまま押し倒し、丁寧に鎖骨のあたりを舐めながらシャツのボタンをゆっくりと外す。
白いブラジャーが現れる。

『豊満』といった言葉がぴったりくる胸だ。
シャツの上から大きく揉む。

しかし、胸の感度はあまり無いらしく、思ったほどの反応はない。
それでもゆっくりと露わになっていく彼女の体に、俺の心臓はドキドキだった。

ボタンを全て外すと、マウントポジションから両手で彼女の胸を揉んだ。
結構大きい。
息子もギンギンだ。

背中を軽く持ち上げてホックを外す。
そうしてブラジャーの下に手をいれ、さらにゆっくりと揉む。
きれいな乳首だ。
思わず吸い付いた。
軽く吸い付いて、唇で引っ張る。

「あん」

可愛く喘ぐ。
舌先でころころと転がし、再び頬張る。
だんだんと彼女の顔が上気してくる。

スカートの上から下半身へ手ろ伸ばすと、はっ、と気づいたように手首を掴まれた。

「今日、あれなの・・・」

ガーーーーーーン!

どうしても今日はしたくないらしく、彼女の決意は固い。
無理やりにやるような趣味もないので仕方ないかと半ば諦めたものの、息子は諦めきれない様子。

とりあえずキスをしながら彼女の手を股間へ持っていってみた。
すると彼女はチャックを開けて、するすると手を滑り込ませてきた。
トランクスの上からまさぐられる。
出そうとするものの、引っかかって出ない。

俺は自らベルトを外し、ズボンを下げた。

そしてベッドの上に立ち上がると、彼女を前に跪かせトランクスを下ろした。
可愛いコにフェラをしてもらうっていうのは特別気持ちがいいもんです。
彼女の場合、唇が柔らかいので特にきもちいい。
やさしい絞り加減で舐め上げてくれます。
眼の前に跪かせているという妙な征服感も手伝い、生涯最高ともいえる至福の時でした。

「んっ、んっ」

喉に当たるくらい深く吸い込んでくれます。

「すっごい気持ちいいよ」

彼女は上目遣いにこっちを見ると嬉しそうに眼で笑って、再び前後に首を動かし始めました。
ちゅばちゅばと亀頭を吸い、玉袋の裏あたりを舐め上げる。
そのまま裏筋をちろちろと舐めて、またパクッと咥えこむ。

上手い。

1週間の禁欲生活の甲斐があり、彼女の唇へと深く吸い込まれた瞬間、自分でも驚くほどの勢いで息子達が噴火しました。

文字通り大噴火です。

彼女も予想外の量だったようで「んっ」とむせて動きが止まりました。
おそらく喉の奥まで飛んでいったものと思われます。

「どうしたの?」

しらじらしく聞く俺。

「ううん」

咥えたまま首を横に振るものの、唇の脇からは一筋の白い液が・・・。
それでも一生懸命に飲み込もうとする健気なナオちゃん。
喉の動きが見えます。

全て飲み干して顔を上げた彼女を、思わず抱き締めてしまいました。

とってもいいコです。

結局その日はフェラだけでも大満足の一日となり、そのままホテルを後にしました。




ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング