【H体験】アナルまである程度自分で開発済みでしたwww

彼女、絵里っていうんだけど、細身で巨乳

顔も結構可愛い系

性格はさっぱりっつか明るくて勝ち気な感じで、

喋ってると男友達みたいな感じ

服とかも大抵ジーンズとかそういうボーイッシュな感じ。

大学入ってすぐ知り合って、

会話のテンポっつか波長が合ったせいかなんか急速に仲良くなった。

あれよあれよという間に彼氏彼女になって、

俺の部屋で初セックスですよ。

絵里とは付き合う前から結構ぶっちゃけた話もしてたんだけど、

中〇高校の頃は部活ばっかりで全然男と付き合ったこともなくて、

俺が初めての彼氏だったらしい。

でもって処女俺が初めてなんだから

ちゃんと優しくしないとなーと思いながら、

軽いキスからだんだん舌絡めていって

ディープキスをしたシャツの上から胸揉んで、

そのまま乳首撫でてみる。

「ん、んん・・・っ」

絵里はびくっとして声をあげた。

おお感度いいなーw

とか思いながら引き続き乳首をクリクリと

「ぁ・・・ん、あ・・・っ」

絵里は顔を真っ赤にしながら小さい声で喘ぐ。

声的に我慢してるのに押さえきれなくて出ちゃうって感じで、

俺もう大興奮普段さっぱりしてる活発系の女を喘がせるのってすごい楽しい。

絵里の反応はずっとそんな感じでめちゃくちゃ敏感だった。

耳たぶ舐めれば

「あ・・・っ」

直接おっぱい触れば

「あ、うぅん・・・」

乳首舐めた時なんか

「や、あ、あぁんっ!」

って体びくびくさせて、

それだけでマジイキしそうな感じだった。

声とか表情とか切羽詰まってる感じで、

感じてる演技してる風でもない。

下の方最初に触った時はマジでびっくりした。

濡れてるなんてもんじゃない、

本気で溢れてるって感じだ。

え、処女なのに胸とかだけでこんなにぐっしょぐしょに濡れたりすんの?

と俺驚愕。

また絵里の反応がな、

クリトリスちょっと触っただけで

「あ、あ、や、ぁん・・・っ!」ってさ。

俺は色々とびっくりしてたけど、

いつも勝ち気な絵里が背中反らして

シーツぎゅって掴んでよがってるのは無茶苦茶にエロかったんで、

もうガチガチに勃起しながら

絵里のマンコを愛撫するクリをぺろっと舐めると、

絵里の腰がびくっと撥ねて

「ん、あぁっ!」と高い声をあげた。

そのまま舌を動かすと、

絵里は枕をぎゅっと抱き締めて

「あぁ、あ、あッ!」

とひっきりなしに甘い声をあげながら腰をびくびくさせてよがる。

その姿は敏感痴女で普段のボーイッシュな印象とは真逆の

女そのものって感じだった。

目はうっすら涙目、唇は半分開いてて、

肌が上気して全身がうっすらピンクがかってて

俺はひたすらハァハァしながらクリを舐めまくる。

「あぁ、や、やだ、あ、だめ、だめ・・・ッ!」

絵里の声の調子が変わってきた。

絵里の太股がぎゅっと俺の頭を挟んでくる。

俺はもっと絵里をいじめてやりたくなって、

びしょびしょのマンコにゆっくり指を挿れた。

こんだけ濡れてれば痛くもないだろうと思ったし。

「いやあ、あん・・・っ!」

案の定、絵里はまたエロい声をあげて反応する。

中で指をくいくいってしてやると、

声は「あん・・・あ、んんッ!」ってまた高くなる。

「やだぁ、やだ、あん・・・だめ・・・っ!」

絵里は懸命に脚を閉じようとしているみたいだった。

でも俺は無理矢理指マンとクンニを続ける。

「あ、だめ、やだ・・・や、あん、ああ、あぁ・・・っ!」

絵里の手が俺の頭を押しのけようとしてくるけど、

俺はますます指と舌を激しく動かす。

「やだ、いっちゃう、だめ、だめ、あぁっ、あん、・・・ッ!」

高く甘い声と共に絵里の腰がぐうっと持ち上がって止まり、

何度か小さく痙攣して、脱力した。

絵里がイったのは明白だった。

ぐったりしてはぁはぁしてる絵里を見ながら、

俺は考えたつーかね、

どう考えても処女って感じじゃなかったんだわ、

反応が明らかにGスポで感じてたし、

全体的に感度良すぎるしくすぐったがったりもあんまりしない。

でも本人処女って言ってるし、

そういう嘘つくタイプでもないっぽいしなーとか考えて、

俺の出した結論・・・

絵里ってひょっとして滅茶苦茶エロいオナニストなんじゃね?

俺は早速誘導尋問開始。

まずは絵里いっちゃったんだーとか言いながら

太股とか撫でてさりげなくだんだん足の指の方に手を移動させていく。

「自分でするときもクリいじって気持ちよくなってんの?」

「・・・自分でなんかしないよ・・・」

「嘘、本当はしてるだろ?」

「してないってば・・・」

そういう絵里の顔はどう見ても動揺してる。

「お前知らないの?」

「・・・なにを?」

「女がイく時って足のつま先がきゅーってなるじゃん」

「・・・かもね」

「だからオナニーしてイき慣れてるやつって、つま先良く見たら分かるんだぞ」

我ながら強引な理論だけど、

絵里は大慌てで両足を引いた。

当然俺が言ったのは大嘘だが、

この反応を見れば白状したも同じだ。

「・・・絵里?」

「・・・なに・・・」

自分の失敗に気付いたのか、絵里の顔は真っ赤だった。

「正直に言ってみろよ、オナってるんだろ?」

絵里はなんだか泣きそうな顔になりながら、

小さく頷いた。

その時は絵里が本当に恥ずかしそうで泣き出しそうだったし、

初めてだってこともあってあんまり追求しなかったんだ。

何度かやってセックスにも慣れてきて

だんだん色々深くまで訊いてみると・・・

うん、俺の印象通りものすごいエロいオナニストだったわ。

最初にオナニー覚えたのは多分幼〇園入る前だったって言ってた。

クマのぬいぐるみをぎゅっと股の間に挟んで

ゆっくり腰動かすと、

鼻のところのプラスチックがマンコに当たって

なんとなく気持ちよかったらしい。

幼〇園のお昼寝の時間とかでも

タオルケット股にはさんで一人でハアハアしてたとか。

我が元彼女ながらありえんエロさw

○学生の頃に父親のエロ本見て

それがエロいことだってことに気付いたらしいんだけど、

元から淫乱だったんだろうな、

エロ本にあったこと色々試してみたって言ってた。

今までぬいぐるみとか枕とかで刺激してたんだけど、

エロ本の真似して指でいじってみたら

あっという間にイっちゃって、

それから毎晩布団の中で日課みたいにオナってたらしい。

中に物入れたりはしてなくて飽くまで指だけだったんだけど

そのうちGスポットでイくのも覚えて、

家にあった電マでなんかもやってみたりして、

なんと驚いたことにアナルまで

ある程度自分で開発済みでしたwww

想像するとヤバかったなーだって

運動部ボーイッシュ活発系の女が、

家に帰れば夜な夜な布団の中で指動かして

オナってイきまくってんだからなwww

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング