【セックス体験】もっと触って!乳首気持ちいい! | H体験談~エロばなまとめ

【セックス体験】もっと触って!乳首気持ちいい!

自分たち夫婦は、結婚7年、子供ひとり、

お互い仕事を持ち、浮気もなく円満な夫婦だった・・・。

あの温泉に行くまでは。

10月末、自分の32の誕生日前に夫婦二人で

一泊の旅行に出かける事になった。

妻の実家の義母の提案だ。

このところ、お互い仕事が忙しく、妻も帰ったら育児、

自分は残業が続き少しの事で

喧嘩もしてたのを妻が言っていたのだろうと思う。

もしくは、二人目が出来ないのを

セックスレスだとでも思っていたのか(・・;)

そんなこんなで温泉旅行だ。

遠くに行くつもりがなかったため、

車で40分位、宿が10件程の小さな温泉地、

場所はお互い知っていたが二人とも行ったことが無いから即決。

ネットで宿を探して、せっかくだから

ちょっと料金が高く雰囲気が良さげな所にした。

当日、妻は黒とグレーのワンピに薄く柄の入った黒のタイツ。

年は29歳。身長が167cmでスリーサイズはよくわからないが、

胸はCカップ。細身のスタイルで胸が際立っていた。

それを見て久々にドキドキしていた。

早目に家を出て宿までのドライブ!

意外に車で盛り上がり、宿まですぐに着いた。

早く着いたがチェックイン出来たので、

部屋に案内してもらい、風呂でも入りに行くことになった。

館内案内を見ると、

女湯の露天風呂が17時まで混浴\(^^)/チョー行きたい・・・!

『かな!露天風呂が混浴だって!ちょっと行こうぜ』

『えー!やだよ!男の人いたらやだもん』

『4時半まで、あと1時間位だから誰もいないよ。いたら入らなければいいじゃん!試しに見るだけでも行こうぜ』

『えー!見るだけね』

やった!心でガッツポーズ。

混浴ってなんか夫婦で入るとエロい感じがするから、

その時は、どうしても入ってみたかった。

エレベーターで1Fに行き宴会場の前を過ぎ、

まず男湯の前を過ぎ、女湯を過ぎ、

角を曲がり露天風呂ののれんが目に入ってきた。

まだ妻は、嫌がっているのでひとりで見に行った。

案の定誰もいない、脱衣場は共同だ。

『かな、誰もいないよ!少しだけ入らない?』

『誰も来ないかな?』

『平日だし、この時間なら来ないよ!』

『・・・・ヒロも一緒だから入ってみようかな』

よっしゃ!心でガッツポーズ。

誰もいないけど、混浴ってだけで無性に興奮\(^^)/

自分が先に服を脱ぎ露天風呂へ妻が少しあとに入って来た。

見慣れた妻の裸。しかし、ここは混浴露天風呂。

タオルで胸と秘部を隠しながらふたりだけなのに

恥ずかしそうに入ってくる妻にドキドキした。

話をしながら15分位かな?過ぎたあたりに脱衣場から人の気配!

『ヒロ!誰か来たんじゃない?』

妻が焦りながら言った。

『来たっぽいな!上がる?』

『でも脱衣場が一緒だから気まずい・・・どうしよう・・・』

『もしかすると女の人かも知れないから、入って来たら変に意識しないで出ようぜ』

『・・・・そうだよね!別に悪い事してる訳じゃないしね・・・』

そうこうしているうちに入って来た。

60前後の男だ。

妻の顔を見ると、一気に赤くなっていたが、

直ぐに奥さんらしき人も入って来た。

あちらの方は慣れてるようで堂々としている。

湯船からあがるタイミングがつかめずいると、あちらから会釈をされ話かけられた。

社交辞令的な会話。

どこから来たんですか?とかおいくつですか?宿泊ですか?など。

あちらも夫婦で二人とも62歳。

温泉が趣味のふたりは、今日は日帰りで立ち寄ったらしい。

4人で話たが旦那さんの方は、会話の途中、

ちょくちょく妻の体を見ている。

湯船にタオルを入れていないので、妻の乳首や陰毛は、完全に見えている。

会話が5分程経って、間が空いた。ダメだのぼせる!

そう思って、妻を見ると妻も上がりたそうだ。

『そろそろ上がりますね。』

自分が言うと

『そうですか。ゆっくりして下さいね』

簡単に挨拶を済ませ、岩の所に置いておいたタオルを取り、

前を隠して湯船を歩き始めた。妻の方をチラッとみると、

胸と秘部をタオルで隠して恥ずかしそうに歩いている。

後ろからは妻の背中とお尻が丸見え。旦那さんの方を見ると、

完全に妻の後ろ姿を目で追っている。

自分が見ているのに気付き、軽く会釈をされた。

そそくさと着替えを終え、部屋に向かいながら、

妻の裸を他人に見られた事に興奮!!!

『あの旦那さん、スゲーかなの所見てたよ!』

『・・・うん。話ながら、すごい視線感じたもん!でも、あの状況じゃ隠せないし・・・。もう恥ずかしいから絶対に混浴は入んない!』

『でも、あの旦那さんラッキーだな!かなの裸見れて。アソコまで見えたよきっと!』

『もぉ!そんなこと言わないで!』

そんな話をしてる事にまた興奮!!

部屋に着き、玄関でキスした。

濃厚なキス・・・。我慢出来ない・・・。

その場でたったまま妻の乳房を浴衣の上から揉み、乳首へ愛撫した。妻は確実にいつもより感じている。

乳首に触れる度『あっ!んっ!ぁっ!』

そのまま妻の秘部へ。パンツの上からでも分かる!

すごい濡れてる!さらに激しく、割れ目に沿って愛撫した。

いつもなら、お布団行こう!電気消して!と言うような妻が

『もっと触って!乳首気持ちいい!』と言いながら、

パンツをずらして挿入した指の動きに合わせながら、

腰を動かし、乳房を舐めている俺の頭を撫でていた。

妻の喘ぎ声が一層激しくなり、腰を激しく動かす、

自分も激しく指を動かした。

『あっぁっ!ダメぇ!んっ!』

妻が果ててその場に膝をついた。妻はそのまま、

私の固くなった物に、しゃぶりついた。

いつも以上に激しく、丁寧に本当に美味しそうに舐められた

ダメだ!もう入れたい!妻を立たせ後ろから挿入。

ヌルヌルの妻の秘部は私の物に絡みつく。

妻も壁に手をつき一層喘ぎ声をあげている!

『あっぁっ!気持ちいい!んっ!ぁっぁっぁっ!』

『ダメだもう逝きそうだよ!!』

『いいよ、逝っていいよ!ヒロの中にいっぱいちょうだい!』

『んっっ!』

『あっぁっ!んっっ!』

いつも以上に激しく気持ちが良かった。妻も同じだと言っていた。

6時過ぎ、売店にふたりでビールを買いに行った。

瓶ビール3本、缶の梅酒を1本、つまみを買った。

部屋に戻り、直ぐに部屋の電話がなった。フロントからだ。

『夕食のお時間ですが、お持ちしてよろしいですか?』

『お願いします。』

夕食を食べながら、お互いにお酒を飲みながら夕食を食べた。

8時前に食べ終えた。妻は珍しくビールを飲んでいて、お腹いっぱいだと言い、

半分位残していた。

フロントに電話して、食事を下げてもらった。

直ぐに仲居さんが来て提げ膳と布団の準備をしてくれた。

仲居さんが帰るとふたりで窓際の椅子に座り、

持ち込んだワインのボトルを開け、また飲み始めた。

酔った妻が可愛く、夜にまた抱きたくなっていた。

その時はもっと乱れてほしいと言う衝動にかられ、混浴の話をした。

『恥ずかしいからやめてよ!』

『でも、見られてスゲー濡れてたじゃん!』

『・・・(照)』

『かなは乳首も敏感だからなぁ!(笑)』

『もぉ!エッチ!!』

夫婦で下ネタも意外にあり

頭が痛い。

いつの間にか寝ていた。テレビをつける。夜中のスポーツニュース。

妻がいない?少しボーッとして、

ケータイを見ると12時半?!メールを受信している。

妻からだ。

[起こしても起きないから、お風呂行ってくるね!飲み過ぎ注意!(笑)]

?????。9時55分に受信!?

はぁ?いつまで風呂入ってんの?妻のケータイに電話した。

『プルルル、プルルル。』

呼び出したが、留守電・・・・。

もう一度掛けたが、呼び出し→留守電。

不安がよぎる。

(倒れた?レイプ?)

とりあえず、頭がガンガンするなか、

妻を探しにケータイと財布を持って部屋を出た。

部屋を出て真っ直ぐ、風呂へ向かった。

旅館の電気も最小限に落とされていて、

薄暗いオレンジ色の明かりの中風呂へ向かい歩った。

静かな館内、静かな宴会場、男湯の前・・・もう暗い。

奥の女湯も灯りが消されているのが目に入ってきた。

(旅館前にあったコンビニでも、行ってるのか?)

来た廊下を戻りフロント前を過ぎ旅館の入り口からコンビニへ向かう。

道路を挟んで向かい側だ。・・・客は、誰もいない。

何も買わないのは、変かと思いコーラとタバコを買って旅館に戻った。

部屋に戻ってるかも!

フロント前を通りエレベーターに乗り部屋の前に・・・・・。

鍵が開かない!・・・当たり前だ!

鍵は妻が持って出ている。オートロックだから開くわけがない・・・。

妻に電話。

『プルルル、プルルル』→留守電。。。

同じだ。

頭が痛い。色々考えてしまい不安が消えない。

コーラを一口飲みまた歩きだした。館内にある居酒屋か?

今度は居酒屋に向かい今きた逆側のエレベーターに乗り居酒屋へ。

・・・居酒屋の灯りはついていたが入り口の、鍵が閉まっている。

奥に人の気配があったが、そのまま売店の方へ歩きだし、またさっきと同じ風景。

入り口→フロント。妻にまた電話したがさっきと同じ。

歩きすぎて少し気持ち悪い。

もう一度風呂を確認していなかったらフロントに聞こう!

宴会場→男湯。女湯の入り口が見えたがやっぱり灯りは消えている。

露天風呂は?と思い女湯の、角を曲がり露天風呂ののれんが見えたが、

やはり真っ暗・・・。

ダメだ気持ち悪い!しかしこんな所で吐く訳にはいかない!

我慢した。館内の暖かさが余計気持ち悪くさせている。

ふと見ると露天風呂の入り口脇に中庭に出れる非常口が・・・。

夜風にあたりたい一心でそっと鍵を開け中庭に出た。

腰を庭石に下ろし、コーラを一口!フロントに行こう!と思った時、

微かに声がする。

そっと壁に沿って声がする方へ。

どう説明すれば良いのか、

非常階段の下の壁と階段の下の所(館内からは見えない所)

そこに女性の後ろ姿。ブロックに片足を上げ股を開き、

その股には膝を着きその女性の秘部を舐めるひとりの男性の姿が見えた。

女性は喘ぎ声を殺しながら『んっ!んっ!んっ!』静かに感じている。

その女性の後ろ姿は確実に妻だ!

本来だったら怒鳴り込んでもおかしくない状況だが

100%妻だと思えないし5m先の状況がその時は理解出来ずに、

そっと見ることしか出来ずにいた。

会話はほとんど、聞こえない。

女性は頷き、膝を着いた。男が仁王立ちになった。

良く見えなかったが口と手を使って舐めている。

今度は男が女性の後ろに周り、後ろから挿入した。女性は壁に手をつき

『アッアッアッアッ』

と男の突くリズムに合わせて喘ぎ声をあげ始めた。

男は女性の片方の肩を自分の方へ向けキスをした。

女性の顔が見えた!・・・・妻だ。

凄く動揺したし、この状況が本当に理解出来ずにただただ、

身を隠す事しか考えられなかった。

静な肌寒い夜に声を殺しながらの喘ぎ声が微かに聞こえていた。

『アッアッアッアッ、アッアッアッアッ。』

『んっんっんっんっ。』

『アン、アン、アン、アン、あぁッ。んっっ!』

『パンッパンッパンッパンッパンッ!』

だんだん男が激しく、早く、腰を妻のお尻に当て強く突き始めた。

男は自分の物を抜き妻のアナルの辺りに精子を出した。

男はそのまま後ろから妻を抱きしめ、キスをした。

二人が離れ、妻は左足の足首まで下がっていた

自分のピンクのパンツを取り男の精子を拭き取り、

妻が『帰ろ。』

と言ったのが聞き取れた。

ふたりは非常階段を登り始め、直ぐに姿が見えなくなった。

今考えると、追いかけて男を殴ってやれば良かったと思うが、

その時は心臓がバクバクして、自分の物も完全に勃起していて、

その場に放心状態になっていた。

ほどなくして、自分も露天風呂の横の非常口から部屋に戻った。

戻っている途中、妻からの電話が鳴り、

出ると『どこに行ったの?』と聞かれたから『コンビニ』とだけ答えた。

部屋に着き入ると妻は窓際の椅子に座っていた。

何事もなかった様に話掛ける妻を問いただすこともせずに、話した。

お腹が空いたから居酒屋で温泉地名産のそばを食べに行ってたそうだ・・・。

疲れたから布団に横になると妻が覆い被さり、激しくキスをしてきた。

そして、私の固くなった物を触り始めたが、

『飲み過ぎて気持ち悪い』と言い何もせず電気を消して寝た。

15分もしい内に妻は寝息をたて始めた。

目がさえ、興奮している自分は部屋のトイレに行きオナニーをした。

惨めなオナニーだったが気持ち良かった。

布団に入ったが眠れず、男は誰だ?ナンパせれて?と考えていた。

しかしナンパは考えずらい、理由は妻の親友のアキ

(何でもズバズバ言う奴)

自分とも仲がいいのだが、昔ふたりで(妻公認)ランチに行った時、

『かなは、ナンパする男が本当に嫌いなんだよね』

と話の流れで聞いたのを思い出していた。

妻のケータイを見たが怪しいメールや通話履歴もない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつの間にか寝ていて妻に起こされた。

昨日からモヤモヤしていた自分は起きて直ぐに妻を抱きセックスをした。

旅行から一週間、毎晩妻が寝てから妻のケータイ見たが

怪しいメールや通話履歴はなかった。

やっぱりナンパされて一晩限りの関係か・・・・(怒)

余計に腹が立った!自分も若い時はナンパしたりしていたが、

成功してそのままその日にエッチまで行った事などなかったからだ!

次の日、妻は9時まで残業になった。問いただす事にした私は、

仕事を終え8時過ぎに妻にメールした。

[一緒に帰ろう。迎えに行くよ。]返信は無かったが

妻の会社近くまで行きコンビニで時間を潰していると、妻から電話が来た。

『迎えに来てくれるなんて珍しいね!今どの辺?』

『近くのコンビニ!』

『もう少しだから、終わったら行くね!』

9時過ぎに妻がやって来た。車に乗り、少し過ぎて

『少しドライブ行かない?』

『えっ?今から?はるか(娘)大丈夫かな?』

『義母さんに電話してみたら?』

妻が義母に電話した。

『大丈夫そう。お風呂入ったみたい!それよりドライブなんて急にどうしたの?』

『なんとなく少し行きたいなぁって思ったから』

『ふーん。どこ行くのかな(笑)』

15分ほど郊外に車を走らせ、

国道沿いの大型パチンコ店の駐車場の端に車を止めた。

妻は何でこんな所に止めたんだろう?と不思議な顔で自分を見た。

私は、あの旅行で見たことを妻に話した。妻は動揺の顔をした。

そして、ひたすら謝られた。

しかし、私は今までのイライラが爆発!怒号が止まらない・・・。

妻にあの日あったことを細かく説明させた。内容はこうだ!

{私が酔って寝てしまい、起こしたが起きない。

私にお風呂に行くとメールをお風呂へ、

妻も酔っていたので軽めに入り直ぐに風呂から出たそうだ。

お茶が飲みたく、

売店に行ったがもう終わっていたので部屋に戻ろうと思い、

居酒屋の前を通った時に蕎麦ののれんを見て凄く食べたくなり中を覗いた。

店員がおばあちゃんで客が居なかったので

一度部屋に戻り財布とケータイを持って居酒屋へ行き、

カウンターの奥に座り蕎麦を注文、食べ始めた。

直後に男3,4人が入って来て、奥の座敷の方に座り何か食事をしていたらしい。

男達の方が早く会計をして出て帰った。

『私が食べ終わる頃に男の人に話し掛けられたんだ。振り返ったら元カレだったの。』

はぁぁ!ナンパじゃなく元カレ?

自分は完全にナンパで一晩限りの関係だと思っていたから、動揺した。

そんな自分の動揺に気付く事なく妻は話続けた。

偶然店を覗いたらカナらしいと思い、話掛けたらしい。

元カレは〇〇商工会の労い会で、近くのこの旅館で宴会、

宿泊をしていたらしい。しかも元カレは仕事の遅れで来たのが遅く、

ご飯もろくに食べれなかったから、

ひとりで居酒屋を覗いたらしい。

それから、元カレが日本酒を飲み、

妻にも日本酒を勧め妻も久しぶりに会った元カレに合わせる為に飲んだらしい。

妻も結婚して私と来ている事を言い、

元カレも結婚した事を言っていたらしい。

酔ってきたふたりは部屋に戻る事になり、

元カレが私達の部屋の3階に妻を送ると言われ断ったが、

階段から行けばもし私が起きて歩いていても会わないよ。と言われ、

ふたりで階段から3階に向かったらしい。

3階に着き私から妻への電話がないことから、もう少し話そうと言うことになり、

非常口から非常階段に出て1階の非常階段の下に行ったらしい。

そして妻は元カレと付き合っている事を思い出していたら

いきなりキスされて体を許してしまったらしい。

終わってからまた3階まで送ってもらったらしい。その間、

連絡先の交換を言われたが、それは断ったらしく部屋に戻り、

私が居ない事に気付き動揺していたが直ぐに私が戻り、コンビニ行ってた。

と言い、言葉に安心したがそれよりも

私に対しての罪悪感が妻を襲っていたみたいだ。

一部始終説明させたが、元カレかよ!という新たな事実を突き付けられ、

私は動揺と共になんとも言えない悔しさが込み上げてきて、

今考えると意味の分からない事だが、その時私は妻に

『なんだよそれ!お前も俺の惨めさ味わないと、俺の気がはれねぇよ!すぐそこにアダルトショップあるから、お前ひとりで行ってバイブでも買って来いよ!!!』

妻は完全なノーマル。

しかもバイブとかには興味がなく、

昔ラブホでノリで買って使った時もあまり感じなかった。

何よりかなりの恥ずかしがり屋だ。

妻は少し躊躇したが

『それでヒロの気がはれてくれるなら・・・。』

と言いうとつむいた。

車をそのアダルトショップに向かわせ駐車場着いた。

『行って来いよ!』

冷たく言うと、今にも泣きだしそうな顔をして車を出て店に入って行った。

自分もすぐに後を追いかけて、店に入った。

入ってすぐにフツーの雑誌が並ぶ客が居ない店内を

キョロキョロしている妻が目に入った。

妻は入ってきた私に気付いた。

私は18禁のマークが付いたのれんを顎で指した。

妻は何も言わず、そののれんをくぐり中に入った。

私も直ぐにのれんをくぐった。まずエロ本が並び、

その奥にエロDVD更に奥にバイブなどのグッズがある。

中には5,6人の男がエロ本やエロDVDを物色していたが、

黒の秋物のコートと少しスリットの入った

タイトスカートにベージュのストッキング、

黒のヒールを履いたリアルOLを全員が目で追っていた。

妻はキョロキョロしながらも奥のアダルトグッズ売り場に行き、

バイブを見始めた。

直ぐに小さなバイブを手にDVDコーナー近くのレジに行った。

店員も業務的な会話をしているが目線はいやらしく妻を見ていた。

妻は会計が終わるとうつむきながら、

そそくさと店を出て行った。

私も後を追いかけて、店を出た。

すでに鍵の開かない車の横に妻が立っていた。

鍵を開け、ふたりで車に乗り込むと、

妻は黒いバイブの入ったビニール袋を握りしめ、

大粒の涙を流し

『本当にごめんね』

とだけ、言った。

私は気を晴らす為にやらせたのに

胸が締め付けられる思いをした。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング