【エッチ体験談】妻は大きな声で必至になって大男にしがみついていきまくってます… | H体験談~エロばなまとめ

【エッチ体験談】妻は大きな声で必至になって大男にしがみついていきまくってます…

五年前、僕の職場にパートで入って来た。

28才で×3らしい。

小さいから若く見えます。

身長は145センチとのこと。

ミニスカがよく似合いほんとに可愛いと思い、

デートに誘いました。

10才も違うからよけいに可愛い!

初デートで即はめ!なんと抵抗なし!

おまんこはきつめで誰にも渡せないよ。

半年で結婚しました。

体も小さいからおまんこも小さいので僕のチンチンにピッタリ!

毎日毎日やりまくりました。

ある日、大型スーパーがオープンしたので2人で出掛けました。

すごい人で疲れて、ベンチでアイスクリームを食べてると、

がらの悪い体のでかい男が2人、妻に話かけて来ました。

「久しぶりに裕子とやりたいな。

何処に住んでるんだ?」

妻は教えてしまいました。

それから何日かたって、忘れたころ・・・。

様子が変なので、盗〇器をセットした。

「今日は出張で最終でかえるよ!」

と妻に話をして出て来ました。

会社の車にのり待つこと五時間。

相手の昼休みが終わる頃なのか、妻が電話をした。

裕子「今日九時までなら大丈夫よ!かずやさんも一緒にね。じゃあ5時半にね」

びっくりしました。

ミニスカが超短いです。

公園で時間つぶして近くにいると、

ベンツが家の前をゆっくり通過して、

角を曲がって停車したらしい。

すぐに妻が小走りにベンツに向かった。

スーパーで声をかけてきた2人だ!

そのまま何処かに消えて行ったので、

会社に車を置いて帰宅しました。

(それにしてもあのミニスカはまずいな!)

そして九時半に妻が帰って来た。

暗いからアパートまで男は送ってきた。

そのまま妻を降ろして帰るのかなと思ったら

一緒に上がって来るではないか!

ベッドルームの押し入れに急いで隠れました。

入って来るなりベッドに倒れこみました。

一人はソファに座り込んで、ごつい男は

「裕子またやりたいの?好き者だな」

と言いながら始まりました。

(でかい!なんて立派なペニスなんだろ。)

ヌルヌルしてるからすんなり入ったみたい。

妻は大きな声で必至になって

大男にしがみついていきまくってます。

小さな犬が大きな犬に犯されてるようで、

僕も発射してしまいました。

帰り際に・・・。

「また俺のデカマラ欲しくなったら連絡しろな」

妻は「毎日でもしたいよー」。

がっかりしちゃって・・・。

僕のチンチン大きくならないかな。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング