【H体験】黒人が彼女のアソコから性器を抜くと大量の精液が飛び出しました

都内に住む交際2年の♂26♀24のカップルです

自分の勤務先に32歳の黒人男性が来て

彼女を呼んで時々3人で飲むようになりましたが、

黒人男と彼女が特別な関係になるのは雰囲気で想像がつきました

最初は居酒屋で飲みましたが

次からは自分の部屋で飲むようになり、

エッチ話しするうちにだんだん妖しいムードになり、

黒人は彼女の手を触ったり肩に手を回すようになりました

自分は酔った勢いもあり

『2人のチューするところ見たい』というと、

2人とも拒絶反応がなくて

黒人が『いいの?』と聞き

『いいよ』と言うと、

黒人は彼女の肩を引き寄せキスを始めました。

彼女も興味津々みたいでイヤがる素振りはありませんでした

黒人男は舌を絡ませながら

彼女の胸を揉み始め、彼女も黒人の首に手を回しました

黒人がキスをしながらこちらをチラッと見たので

自分は『うん』とうなづきました

黒人は彼女の服に手を入れ直接胸を揉み始めると

彼女は『・・・ん』と声を出し、

さらに黒人は彼女を押し倒しスカートの中に手を入れました

黒人男はキスも手も舌もプロ級で

彼女はすぐに息が荒くなりはじめ、

ズボンから巨根を取り出し

彼女のアソコに押し当て挿入を始めました

彼女は自分と段違いの巨根に一瞬苦しそうな表情を見せ

『大きい・・・』と声を漏らしましたが、

黒人はさらにズブズブと挿入して

彼女の奥に突き当たったところでピストンを開始しました

黒人は彼女の体位を変えながら

セックスは1時間を超え彼女はついに絶頂しました

黒人が彼女のアソコから性器を抜くと大量の精液が飛び出しました、

さらに射精しても柔くならない巨根にはビックリで、

ピストンを再開すると黒人の巨根はガチガチに固くなり

セックスはさらに激しくなり、

彼女が白目を剥くくらい激しいセックスが深夜まで続きました

その晩から1年近く三角関係は現在も週1くらいで続いています、

とにかく彼女の体内に射精したがるので

危険日は口内射精にしてもらってます

最初の頃は月1だったのがすぐに週1になり、

そのぶん自分は彼女とたまにしかセックスしてません、

黒人の日本勤務が3年間なので

まだ2年あり

さらに先月くらいから週に2・3度するようになって

先週は今まで最高の週4日も泊まりに来ました

黒人が『ベッド2つ買うから出張中は一緒に住みたいと』

言ってきてますが3Pは自分も黒人もイヤなので、

一緒に住むとほとんど毎晩黒人が

彼女とヤリまくることになると思うので、

刺激的ですが考えてしまいます

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング




PAGE TOP