【セックス体験】「凄い、いっちゃう」と言いながら最初の絶頂

他人の婚約者の身体を開発して返してやった事がある。

結婚したかどうかまでは知らない。

今から4年位前だけど、Yahooのメッセで知り合った女と意気投合した。

ほとんど毎日と言っていいくらいメッセやメールをした。

同じ県内だけど家は遠かった。

1ヶ月くらいしてから、彼女がこっちの方に来る用事があって会う事になった。

お互いに写メも交換してなくて、携番だけ聞いて駅で待ち合わせた。

初めて会う彼女は、芸能人で言えば眞鍋かをり似で可愛かった。

目が大きくて小悪魔的な雰囲気。

で、その日はあまり時間がなかったから、カフェで話をして別れた。

こっちは既婚で向こうは彼氏持ち。
それ以上の進展はないだろうと思っていたが、その日夜すぐにメールがきた。

会うまではそんなに可愛いって知らなかったから、メールとかメッセで下ネタで盛り上がっていた。

前に何かの賭けをしていて、俺が勝ったから、会った時にちゅーをする権利を獲得してた。

でも予想以上に可愛いかったていうか綺麗でキツそうだったし、メッセで話しをしていた時ほど盛り上がらなかったから、ちゅーのタイミングを測れなかった。

で、彼女と別れた後、彼女からメールがきて、

「何で私にちゅーしなかったの?全然してくれないから、こっちからしちゃおうかと思ったよ」

みたいな事を言ってた。

向こうも俺にラブラブ光線を送っていたらしいが、鈍感なオレは全く気が付かなかった。

それから、会う前以上にメールとか電話で話しが盛り上がって、また会う事になったが今度はエッチしたいと彼女から言ってきた。

でも本気になるかも知れないから覚悟は出来てるかとか、今までエッチでほんどいった事がないから、いけなかったらゴメンねとか、実は年をサバ読んでたんだけだけど、許してとか、会うまで色々な注文やら曝露があった。

それで彼女の言う事を全部受け入れて、会う事にした。

一番重かったのは、本気になるから覚悟しろという言葉だった。

でもその時、既に彼女の事が好きになっていて、彼女のためなら今の生活を捨ててもいいかな?と少し思ったので覚悟を決めた。

で、2回目は会った時は、離れ離れになっていた恋人が再会したかのように会った瞬間抱き合ってDキス。

そのまま車でホテルに直行した。

ホテルに入っても立ったまま、

「やっと会えたね」

と言いながら、しばらくDキス。

それからシャワーを浴びて、ベッドに入った。

彼女の胸は小さめで可愛かった。

前戯は彼女の方が積極的だった。

でも彼女の中に入れてからは、立場が逆転して、こっちのペースになった。

彼女のアソコは狭くて、気持ちいいのに不思議な感じだった。

イキそうになるのをコントロールできて、いつまでも突き続ける事ができた。

イこうと思えば、すぐイケるのにいつまでもガマンができる初めての感覚だった。

ゴムを付けると遅漏気味のせいもあるが。

最初はエッチであんまりイケないと言っていた彼女は、反応がイマイチだったが、そのうち声が大きくてなって、

「凄い、いっちゃう」

と言いながら、最初の絶頂。

それからしばらくして、またイッてしまった。

彼女を二回もいかせた事が嬉しくて、オレは無我夢中で頑張った。

それから先は彼女が何回イッたか覚えいない。

オレも体力の限界がきたので終わらせる事にした。

時間を見てビックリしたが、1時間近く腰を振っていた事になる。

嫁とやる時は面倒ですぐイッてしまうのに、こんなに夢中になったのは初めてだった。

彼女はグッタリしていたが、少し恥ずかしそうにして、気持ちよすぎてお漏らししちゃったみたいとシーツを気にしていた。

触ってみると、確かにアソコの汁にしてはシーツが濡れすぎている。

もしかして、これがいわゆる潮?と思って、彼女に聞いてみたが、彼女も初めてなので分からないと言っていた。

彼女は、本当にこんなの初めてで、エッチの相性も良いし、この出会いは運命だとか盛り上がっていた。

俺も、そうなのかなと思い始めたが、ホテルの休憩の時間が終わりそうだったのでその日は退散。

その日から俺のSっ気と彼女のMっ気が目覚めた。

初めてエッチをしてからは、彼女は俺の良いなりになって、仕事中にエッチな写メを要求してもトイレでこっそり撮って送ってきたり、こっちが夜遅くまで残業してる時にTELエッチをしたりした。

彼女はこれまでな彼氏とのエッチではあまりイケなかったけど、オナニーの常習犯である事とか、色々白状させた。

職場ではきつ顏と毒舌のせいでドSだと思われていて、自分でもそう思ってたのに実は不覚にもMかも知れないと、彼女の眠っていた部分が目覚めさせたようだった。

それから何回か会ううちに、入れなくてもパンツの上からクリを触ってるだけで、

「いっちゃう」

と言ったり、先に

「出ちゃう」

という位に大量の潮を吹くようになエロい身体になってしまった。

こっちがいっても、オレの乳首を責めて、無理矢理アソコを立たせて、上に乗って来るようになって、初めてお泊りした時は朝まで寝れなかった。

それなのに彼氏とはセックスレスだという。

彼氏からはプロポーズされていて、断ろうかとか形式だけ籍を入れようかとか、そうすればW不倫になるし、将来はバツイチ同士で一緒になろうねとか、彼女は盛り上がっていた。

でもその頃になると、俺のやりたい事は全て満たされた。

後ろバージンも奪ったし、夜間で人が少ない駅のホームのベンチで

「しゃぶれ」

と言えば、素直に従った。

目の前でオシッコさせたり、オレのをかけてやったり、思いつく変態行為はだいたいやった。

彼氏とエッチをしないように、全身にキスマークを付けたり。

その頃から仕事が忙しくなり、海外出張が重なり彼女と会う回数が減ってきた。

それと俺の婆さんの不幸がかさなり、しばらく連絡もできなかった。

婆さんの葬式の後の法事の時、知らない携帯番号から電話が掛かってきて出てみると、彼女の婚約者からだった。

こっちは親戚一同集まっている時で、嫁も妹も俺に注目してるので、

「何かの間違いじゃないですか?」

と言って電話を切った。

妹は勘がいいので、

「さっきの電話、なに?」

と食いついてきた。

その後、彼女へ電話をしたが携帯は解約されていた。

それ以来、連絡もできず会っていない。

そから2ヶ月くらいして、携帯のメールに知らないメアドから

「お元気ですか?」

と一文だけのメールが届いた。

迷惑メールかと思って削除したけど、もしかすると彼女だったかもしれない。

今でも、彼女に一言謝りたい。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング




PAGE TOP