【エッチ体験談】快感がケイレンとなって全身に走りました… | H体験談~エロばなまとめ
   

【エッチ体験談】快感がケイレンとなって全身に走りました…

夫の潤一には因ってしまいます。

愛情表現だと考えれば嬉しいんですが、

とにかくスケベで、会社から帰るなり私のワレメを

いつものぞきたがって毎日夕食も食べずに

パンティずり下ろしてくるんですから。

そして、それが高じて、

とうとうアダルトショップから膣鏡まで買ってきたんです。

「おい、由紀・・これが何か分かるか」帰ってくるなり、

潤一は奇妙な器具を取り出しました。

もちろん、私に分かるはずもありません。

小首を傾げたら「使い方を教えてやる」ニヤリと笑って私を寝室に連れこみ、

スカートとパンティをずり下ろすではありませんか。

「潤一ったら・・」

またいつものスケベが始まったと、私は少々うんざりです。
そしたら潤一、買ってきた器具を握りしめて・・。

「ふふふ、これは膣鏡というんだ。

産婦人科の医者が患者のオマンコの中を診る時に使うやつだよ」「そ、そんな物・・どこで買ってきたのよ・・」私はびっくりしちゃいました。

「アダルトショップだよ。

ほかにも肛門鏡とかオムツカバーなんかも売ってるんだぞ」夫がニタニタしながら、私の両足を思いきり広げます。

そして、その際鏡の口ばしをワレメに当ててきます。

「キャッ!やめてよ、潤一私は思わず、悲鳴をあげてしまいました。

「見たいんだ、由紀のオマンコの中がどうなっているのか・・」左の指で花びらをこじ開け、膣鏡をグイと押し込みます。

「いひ一っ・・だ、だめったら・・」冷たい感触がズルッと膣を通り抜けました。

私はたまらずに腰を揺すり上げ、声を引きつらせました。

「もう遅いよ」潤一が笑います。

同時に、カバッと大きく拡大された膣口。

「ああっ・・やだァ」「広がりきったぞ、由紀のオマンコが!!」潤一がポケットからペンライトを取り出し、私の股間を照らしました。

「あーっ・・そ、そんな物まで・・」私は両足を必死で閉じようとしたんですが、潤一の足で押さえつけられていては、どうすることもできません。

「おっ、中の様子がよく見える。

上の方にザラザラがあるぞ。

あそこでペニスを刺激するんだな」「ああああ・・」一度も産婦人科医に行った経験はないけど、私はまさに検診台の上の患者でした。

とっても恥ずかしい。

だけど、あんまりジロジロと潤一にのぞきこまれているうち、私、いつも以上に異様な高ぶりに包まれちゃって・・。

「じゃ、潤一」いつしか、くなりくなりと腰を切なくくねらせていたんです。

「ふふふ、由紀、濡れてきたみたいじゃないか。

きらきら光っているぞ」潤一がさらにのぞきこみました。

そして、引き出しから耳かき棒を出し、膣鏡の中に突っこみます。

「な、何するの?」「子宮口が見えるんだよ」って、耳かき棒の先っぽで、子宮口をコチョコチョするんです。

「ああん・・変なことしないでよ」私はプルプル腰を震わせて、悲鳴をあげました。

でも、潤一ったら面白がっちゃって・・。

「オマンコの中をかいてやる」って、膣壁のあちこちをコテョコチョ。

「や一っ、かゆくなんかないわよ、そんなところ・・」「分かった分かった。

じやあ、次は触診をしてやる」潤一がやっと膣鏡を抜いてくれました。

そして今度は指を二本、人差し指と中指を、ズルンと押し入れてきます。

「あうっ・・」思いがけない膣鏡プレイに、私の股間はすっかり充血して敏感になっていました。

粘膜がこすられ、強い快感がひらめきます。

「産婦人科医はな、指はこういうふうに向けて入れるそうだよ。

由紀もいずれ経験するだろうけどな・・」潤一が深々と埋め入れ、左手の掌では陰毛のあたりを押さえ、指をいやらしく動かし始めました。

「あっ、あん・・お医者さんは、そんなエッチな指の動かし方、しないわ」「不満か~」「ううん・・いいの。

もっともっと、いっぱいエッチして」私は腰を揺すり上げて、甘ったるい声で喘ぎます。

「ふふふ、いっぱいしてやるよ」潤一が荒々しくひだをかきまわしてきました。

「あーっ・・い、いいわ・・すっごく感じちゃう」私、そばに転がってた膣鏡を握りしめながら、高い声でよがっちゃって・・。

「よ、よし・・いよいよ最後の診察だ。

こいつで診てやるぞ」潤一がズボンとパンツを脱ぎ下ろし、コチンコチンになったペニスを握りしめました。

そして、かぶさってきて、キトーを花びらの間に押し入れてきます。

「ああ一っ・・く、くるゥ」私は両手を夫の背中に回して、しがみつきました。

ペニスはたちまち根元まで埋まってきて、先程耳かきで突つかれた子宮口にまで届きます。

「ふふふ、どうやら妊娠はしてないようだ。

しかし、もっと調べてみる必要がある、こうして突ついて・・」潤一が激しく腰を動かし始めました。

ひだがこすりたてられます。

それがとっても気持ちいい。

私は両脚も夫にからませ、腰を揺すり上げました。

「ほらほら、もっとだ」「あーっ・・ステキよ、ステキはぁ・・もっといっぱい」快感がケイレンとなって全身に走りました。

私、もう夢中で腰をくねらせ、潤一の背中に爪を立てるほどしがみつき、すすり泣いたんです。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング