【H体験】俺以外のチンポでイクのか?

俺は33歳で小さいながら不動産会社を経営してる。

180cmと、背がそこそこ高く、ボート部出身でがっちりした体型。

誠実で優しそうに見える顔(内面とは一致しないと思うが)で、

仕事も恋愛も得をしてきた。

嫁、佳恵は、29歳で、160cmで太っても痩せてもいない抱き心地の良い体。

抜けるように白い肌と、Dカップくらいの形の美巨乳が俺の密かな自慢。

何よりも、顔が成瀬心美にそっくりで、俺の一目惚れだった。

ここまで書くと、幸せそのもののような感じだけど、

出会った場所が最悪で、彼女の働いていたマットヘルスだった。

親父さんが働けない、満足に動けない、

そのくせ難病指定から漏れてしまっているやっかいな病気にかかり、

母親のパート収入と保険、彼女の美容院での稼ぎだけでは、

病院代に手が回らず、

平日の週に1日だけマットヘルスで働いているとのことだった。

もちろん、当時そこそこヘルス通いしていた俺は、風俗嬢の身の上話テンプレートくらいにしか思っていなかったんだけど、色々あって、交際するようになったらその話が本当で驚いた。

たまたま、お店でのデビュー初日の最初のお客が俺で、ガチガチに緊張していた彼女がすごく可愛くて、ルックス的にもどストライクだったので、テンションが上がりまくったことをよく覚えてる。

その後は毎週のように指名で通っていたけど、恐ろしく人気が上がって、朝の受け付け開始に電話をかけてもなかなかつながらず、予約で埋まってしまうようになった。

2回目に指名で行った時に、アドレス交換は出来ていたので、結構毎日のようにメールはしていた。

それで、予約のことを話したら、彼女が直接予約を店にしてくれるようになった。

3ヶ月くらい経つと、店の外でも会うようになっていて、上客と思われているのか、それ以上と思っていてくれているのか、ドキドキしながら楽しんでいた。

まあ、この辺のことは本筋とは関係ないからはしょるけど、結局彼女も俺を好きになっていてくれて、付き合うようになった。

そうなると、店をやめさせたかったんだけど、親父さんの病気がマジだったこともわかり、お金の援助をするのも失礼な話なので、出勤日の彼女を貸し切る(店の外に連れ出す感じで)ような感じになっていった。

週1でも、結局月に30~40万使う感じだった。

無理矢理経費で落としていたけど、正直ちょっときつかった。

何よりきつかったのが、どうしても仕事で貸し切れない時、彼女が他の男を接客することだった。

今思えば、なんかめちゃくちゃな気がするけど、彼女も俺に悪いと言いながら、仕方なしにやっていた。

思えば、その時に今頃彼女は~なんて想像していたことが、寝取られ属性に火をつけるきっかけだったと思う。

そういう生活が、金銭的にも精神的にもきついので、自然な流れでプロポーズした。

もちろん、いわゆる風俗嬢と結婚と言うことに葛藤がなかったわけではないが、好きになりすぎていた。

プロポーズ後は、ヘルスは当然やめてもらい、美容室は週2回くらいに減らして、自分の会社の経理も週1程度でやってもらうようになった。

結婚後は、仕事も順調で幸せそのものだったが、ヘルスのことはタブーというか、一切話をしなかった。

でも、寝取られ属性に火が付きかかっていたこともあり、ある日セックス中に

「俺以外のお客さんとも、本番してただろ?」

と聞いてみた。

「えっ・・・ん・・・しょうくんだけだよ・・・はぁ・・・」

「嘘つけ、俺とも2回目からやってたじゃん」

「ふぅ・・・は・・・しょうくんは一目惚れだったもん、特別だよ・・・あ・・・」

「ふーん、正直に言わないと、やめちゃうよ」

「だめぇ・・・やめちゃだめだもん・・・本当だよ・・・しようとする人ばかりだったけど・・・しなかったもん・・・くぅ・・・はぁ」

「エロいお前が我慢できるわけないじゃん。

正直に言わないから止める」

って言って腰動かすの止めてみた。

「だめぇ・・・やめちゃだめなの・・・本当に本当だよ。

セックスはしょうくんだけだよぉ・・・」

「我慢できたの?」

「うん・・・でも・・・バイブは入れられた。」

それ聞いたら、なんかすごくショックで、でもカッチカチになって、激しく動きながら

「どんなやつ入れられたの?いった?気持ちよかった?」

って聞きながらMAXスピードで動いた。

「あぐぅ・・・だめ・・・すごく太いヤツ入れられて・・・くぅ・・・はぁ・・・いっぱいイキましたぁ・・・だめぇ・・・いくっ」

嫁も今までにないリアクションで、俺も今までにない電気が流れるような感じがあった。

終わったあとに、どんな人に、どれくらい太いの入れられたのか聞いたら、毎週のように来てた常連の40歳くらいの人で、良い人だったけど、いつも本番を求められて、断り続けてたらそれならバイブでお願いと言われて、なんか悪い気がしてOKしたとのことだった。

それで次に来た時に持ってきたのが、ブラックカイマンとか言う極太のディルドで、

「絶対無理。

入らない。」

って断ったんだけど、クンニでめちゃくちゃにイカされてぐったりしてた時に、いきなり入れられたって。

ちょっと圧迫感はあったけど、以外と痛みはなくて、奥まで入れられると子宮口に当たって電気が流れたみたいに感じて、抜かれる時も内蔵が引きずり出されるような感じで、頭が真っ白になったそう。

「こんな太いのが、奥まで入ってるよ」

とかいわれて、

「ぐぅぅ・・・だめぇ・・・壊れる。

ストップ・・・ストップしてぇ・・・は・ぐぅ・・・あがぁ・・・」

「太いのでイっちゃえ」

「だめぇ・・・もうだめだもん・・・壊れる・・・くぅううう・・・いくいくいくうう」

って感じで、激しくイキながら少し失神したみたいで、心配そうにその男が肩を揺すって

「大丈夫?」

って、しきりに聞いてたところで気がついたって。

ネットで調べたら、ブラックカイマンは半端なく大きくて、黒人レベルのでかさだった。

もちろん、次の日に買ってきて、さっそく使ったよ。

フェラさせながら、横からブラックカイマンを入れて、バックでしてるみたいにしながら

「ほら、俺のくわえながら、後ろから他人にされて突っ込まれて感じてるだろ?俺以外のチンポでイクのか?」

「だめぇ・・・そんなこといっちゃダメ・・・奥に当たる。

だめっ、いくっ、うぐぅ・・・ぐっ・・・ぐっ・」

「俺のじゃ届かないところまで入ってるのか?俺のじゃない極太チンポでイキますって言いながらイクんだよ」

「いやぁ・・・いえないあぐぅこわれちゃうぅ・・・もうだめ・・だめだもん・・・いっちゃういっちゃう」

ディルド動かすの止めて、

「言わなきゃ抜いちゃうよ」

「はい・・・ん・・・ハァ・・・しょうくんのよりも太いチンポでぇ・・・はぁ・・あしょうくんのじゃ届かないところを突かれてイキます!だめぐぅ」

それ聞きながら、激しく興奮して口にたっぷり出した。

それを飲んでくれて、

「出し過ぎ。太っちゃう。」

とか言って、すごく可愛いと思った。

そのままグッタリしてすやすや寝てる顔を見ながら、本当に他人に抱かせたらどうなるのかな?って、考えるようになった。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング