【セックス体験】あんた私のマンコ舐めなさいよ!

ある日ヤンキーの先輩に「お前童貞」って聞かれて、

そうだと答えたら別の場所に呼び出された。

正直ボコボコにされるんじゃないかと思った。

中学入ってまだ半年もたってないのに

呼び出しをくらうなんてついてない。

だが、呼び出された場所に行かないで

入院した友人もいたので、素直に行くことにした。

その場所に行くと、ヤンキーの男子が数人、女子が数人。

「おい、」

「お前裸になれよ」と命令される。

断ると暴力が怖いので全部ぬいだ。

パンツだけはいてると

「はやくそれも脱げよ」といわれた。

そしてペニスが丸出しになってる状態になると

「なにこのチンポ」

「小さすぎ~」

と女子のヤンキーに言われる。

ペニスが小さいことにはなんとも思っていなかったが、

「バカ、こっから大きくなるんだよ」

というヤンキー男子の言葉にぎょっとした。

ヤンキー男子が

「お前大きくしてみろよ」

とヤンキー女子に言うが

「やだー」

「きたなーい」

というので、なんだかいたたまれない気分になった。

ヤンキー男子がしかたねぇなぁと言う感じで持っている竹刀でペニスを刺激してくる。

「やだその竹刀捨ててよ」

とヤンキー女子が言うと竹刀を女子の方に向けて

「キャー」

「ヤメテー」

と言わせて楽しんでいる。

こちらのペニスはというと、刺激を受け、大きくなり始めてきた。

「おっ、たったたった。」

「でも小さい」

「まさとのに比べるとめちゃ小さい」

とやはり小ささを言われる。

「ばか、小さい奴じゃないと今回はダメだったんだろ」

とヤンキー男子のリーダー格が周りを制す。

「でもこれ以上でかくならないのかしら」

と、ヤンキー男子から竹刀を借りたヤンキー女子が、ペニスを刺激し始める。

丁度そのとき、ヤンキーの女子がもう一人と、ちょっと学年の低そうな女の子がやってきた。

「仲間に入りたいってのは本当なんだな」

ヤンキー男子のリーダーは女の子に聞くと

「ねぇどうしたら入れてくれるの」

と聞き返した。

「妹のためにちゃんと小さいやつ用意したんだろうね」

どうやら後から来た二人は姉妹らしい。

「これみろよ。

これなら入るだろ」

そうこちらを指差す。

「じゃぁ裸になれ」

「え?」

「仲間に入りたいんだろ?儀式をするから早く脱げよ」

そう女の子に言うと、女の子は着ていたブラウスとジーパンを脱ぎ、パンツも脱いだ。

靴とくつしただけ残して全くの裸になった。

「小〇校3年の裸は小便くさいな」

「つるつるなマンコだな。

ねえちゃんのほうはもう毛がぼーぼーだけど」

と様々な野次が飛び交う。

小〇3年の女の子はこちらに向かってきた。

「これをマンコにいれればいいんだよね」

「お前相手は俺達のじゃきついと思って、特別に小さい奴を用意した。」

「でもまだあの子ぬれて無いんじゃない?」

「じゃぁそいつに舐めてもらえよ」

とこちらを指差す。

「私達の仲間になったら、こういう奴にはどんどん命令してくんだから、なめられないようになめさせろよ」

「それしゃれかよー」

ギャハハとヤンキー達はいう。

「あんた私のマンコ舐めなさいよ!」

と小〇3年のこはこちらにマンコをむけてきた。

ここで歯向かうのはこわかったので、屈辱的ではあったが、女の子のマンコをペロペロと舐め始めた。

「この年って気持ちいいとかあんだっけ」

「あたしは小2からオナニーしてたよ」

「あんた早すぎー」

「オナニーは男子より女子のほうが早いケースがあるからねー。」

そういう話の間、ずっとマンコをペロペロ舐めていた。

そうすると、しょっぱい味から、なにか違う味も混ざったように感じた。

「あなたの妹の顔みてよ、いきそうなあんたそっくり」

「さすが姉妹ねー」

「そろそろいれてもいいんじゃない?」

と女の子に誰かが指図すると、こちらのペニスをつかみ、それをマンコへあてがった。

すると、にゅるにゅるとおとを立てて、小〇3年の子の中に入っていった。

「痛い!」

女の子は叫んだ。

「あまったれんじゃないよ!」

「痛いなんてガキくさいこといってんじゃねーよ!」

そういわれ、我慢しながら女の子が馬のりになり、腰を上下に動かす。

こちらはといえば、裸に地面がごつごつしてて少しいたかったが、ペニスに伝わる感触は、まるでゼリーが、温かいゼリーに締め付けられているようだった。

肌と肌とのふれあいとはまるで違うものがあった。

一回射精しても、そのまま続けて腰を振られた。

半勃起状態になってもあまりの肉密度により、再び立ち上がった。

3回ぐらい射精したら、女の子もぐったりして姉のほうに寄りかかった。

「これで仲間」

「あぁ、おまえはよくやったよ。」

ペニスを抜くとこちらが出した精液がぼたぼたと落ちてゆく。

「血はでなかったな」

「よく鉛筆とかでれんしゅうしてたから。」

「まぁいい、今日から仲間だ。

今日はとりあえず家に帰ってシャワー浴びていいぞ」

「やだ、きょうもみんなと行動する!」

「はは、頼もしい。」

「ザーメンぐらいは流さないと汚いよ」

「いいの!一緒にいるの!」

「ははは、そりゃいいや。」

「ねえこいつどうする?」

ヤンキー女子の一人がこちらを指差す。

もう背中は泥だらけ、加えて三回のしゃせいでもう動くことすらできなかった。

「いいんじゃない?ほっておいて」

「それかチンポ切り取っちゃう?」

「あー、それいいかも」

「どーせこのちんぽじゃ使い物にならないし。」

そういって、はさみをとりだした。

その後、命に別状はなかったが、女として人生を歩むことを余儀なくされた。

今度はこっちが小さいペニスを穴に入れる番だ。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング