【エッチ体験談】「ハア、ハア」というお互いの息の音だけが響いていた

僕の初めての相手は暢子という高校2年生の女で、

書道部の1年先輩だった。

彼女は眼鏡をかけ、真面目な感じで、

図書委員タイプといった感じだった。

そんな彼女とは家が近く

通学を一緒にしているうちに、つき合うようになった。

そして、僕達は夏休みの部室で初体験をした。

書道部は運動部とは違って、

夏休みはせいぜい1週間程度しか練習がない。

そのため、休みの日に暢子を部室に誘ったのだ。

今思えば、もう少し気の利いた場所を選べばよかったのだが、

両親が専業主婦で自宅は使えず、

ホテルも近所に無かったので、

精いっぱい頭を使った結果だった。

部室に入るとカーテンを閉め、ドアに鍵をした。

そして、お互い無言で向き合いキスをした。

しばらく暢子と舌を絡ませ、ポロシャツを脱がし、

何の飾りもついていない白いブラのホックを外した。

すると小ぶりな暢子の胸が現れた。

彼女は鳩胸だったため胸板に乳首が載っているだけの貧乳だった。

乳首は大きく勃起しており乳輪は小さめ、

色は茶色で、やや横向きだった。

よく見ると乳輪の周りにはうっすら毛が生えていた。

次にスカートとショーツを脱がすと、

ヘアが現れ、ついに全裸となった。

暢子のヘアは非常に濃く、剛毛で、

ショーツを履いていたため、逆だっていた。

また、お尻には茶色いアザがあった。

当時、宮沢りえの写真集が話題になった頃で、

それと比べると、

暢子の裸はお世辞にも奇麗とはいえなかった。

ただ、そんなことはどうでもよく、

あの真面目な暢子が全裸で立っている姿を見ているだけで、

射精してしまいそうなほどカチカチになっていた。

僕は畳(書道部の部室には座って字を書くために畳がひいてあった)に

大きな新品のフェルトの下敷をひき、

そこに暢子を座らせた。

そして、自分も服を素早く脱ぎ、

暢子の傍らに座りキスをしながら、覆いかぶさった。

部室はエアコンがなかったため、

暢子は少し汗をかいていたが、

抱き合ったときの密着感と、

伝わる体温が、さらに興奮を高めた。

しばらく、キスをしながら乳首を手で触れ、

いよいよ茂みをかき分け手を伸ばした。

あそこは、すでにグショグショに濡れており、

酸っぱい匂いが部屋中に漂った。

暢子は毛が濃いためか、

俗に言うかなりのクサマンだったが、

童貞の僕が知るわけもなく、

これが女性の匂いかと感動したものだった(笑)。

僕はいよいよゴムをつけ、

暢子のあそこに当てがった。

処女は入りにくいと知ってたので、

強めに突いたのだが、

場所も力加減もわからない。

クリを思いっきり突いてしまい、

「痛っ」と言って身をよじることもあった。

そうこうしているうちに、

僕の興奮もすっかり冷めてしまい、萎えてしまった。

すると暢子が

「コンドーム外せば、入りやすいかも・・・」

と言ったので、ゴムを外して挑戦してみた。

萎えてしまったものを暢子に当てると、

ヘアのジョリジョリした感触が伝わり、

僕は興奮し半勃ち状態となった。

そして一気に押し付けるとプルンという感じで中に入り、

じわっと温かさが伝わってきた。

僕のものは限界まで硬くなってしまい、

そう長く続かないことは容易にわかった。

そのため、がむしゃらに腰を振りはじめた。

暢子は色っぽい喘ぎ声を全然出さず、

部室には柔道で組手をしているかのような

「ハア、ハア」というお互いの息の音だけが響いていた。

挿入して数分もしないうちに射精感に襲われ、ペニスを引き抜くと、

暢子はすばやく左手で先を被い、

右手でものをしごいた。

これはなるべく体を汚さないようにする配慮だったのだろうが、

僕はそんなことに構うことなく、

ものすごい勢いで射精をし、

暢子の左手から精子がこぼれ落ちた。

これが僕の初体験だったが、後日談がある。

実は彼女が中学3年生のときに

家庭教師の大学生と関係を持ち、

処女ではなかったのだ。

僕は嫉妬と裏切られた気持ちで一杯になり、

暢子を抱く度に「俺より大きかったのか?」、

「中出しはされたのか?」と聞き、

その男に張り合っていた。

また、悔しさから何人かの女と関係を持ってしまったが、

暢子とは就職するまで8年間関係が続いた。

暢子は決して女としてのレベルは高くなかったが、

僕の中では彼女の体が焼き付き、

すべての基準になっている。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング