【エッチ体験談】ごめんなさいご主人様 我慢します… | H体験談~エロばなまとめ

【エッチ体験談】ごめんなさいご主人様 我慢します…

これは5年ぐらい前の話友香(仮名)という28歳の女性と出会った

出会いはとある出会い系確か割り切り希望みたいな感じで書いてあったと思う

俺もまぁサイトだし割り切りとか書いてあるし

さくらかなと思いながらメールを飛ばしてみた

するとしばらくして会いたいみたいな返事とアドレス

早速その日からメールをしあった

そして書き込みから2週間後に会うことになった

とある駅前で待ち合わせ写メ等は交換してあったためすんなりと会えた

俺はとりあえず車で近くのシティホテルのレストランに行った

最初は二人とも緊張しているものまずはご飯でも食べながら

緊張感をなくそうかなとご飯を食べながら色々話していると

友香はソフトなSMに興味があるらしかった

俺が優しく縛ってあげるよと言うと

少し恥ずかしそうに頷いた顔がすごくかわいかったのが印象的だった

レストランを出てそのままホテルに入った。部屋にはいった俺はとりあえずお酒で乾杯することにした

やはり緊張をほぐすにはアルコールが一番だから

隣に座りビールを飲みながら話をした

少しするとお酒には弱いらしく友香は顔を赤くしながら饒舌にしゃべるように

なってきた

今までM願望があったのに彼氏は受け身ばかりだったとかオナニーする時はレイ

プばかり想像したりしていたなど

話が一呼吸したとこで俺はいきなりキスをした

一瞬びっくりした友香だったがすぐ力が抜けるのがわかった

俺はキスをしながら友香の胸に軽く触れた

ビクッとしたがすぐに友香から吐息が漏れてきた

着やせするらしく思ったより大きいその胸を時には優しく時に強く触った

強く握ると友香の吐息は喘ぎに変わった

そのままソファーのうえで右手を下に伸ばした

スカートを少しめくり太ももをさする

いきなりあそこにいかない焦らしも大切だ

キスを続けながらあそこ以外の身体中をさするようにさわってみた

友香はすでに喘ぎ声をあげていた

そろそろいいか

俺は先ほどの友香の希望通り次に進むことにした

ロープは持ってきていた

が最初はホテルにあるバスローブの紐とタオルを使うことにした

いきなりロープは使わない

俺なりの気使いだった

まず目隠しをした

そして腕を頭の上で縛る

少し抵抗するしぐさを見せる友香

それがまた俺の興奮を誘う

とりあえずこの状態でいぢめてみる

片手で友香の手を押さえ胸の回りを触る

それだけで友香は

「あっ…」

と声を出す

「こうやってやられたかったんだろ」

と言った

何も答えない友香に俺は

「答えないならもうこれで終わりな」

と言うと

友香は

恥ずかしそうに

「いや…して欲しい…」

「すぐ答えなかった罰だ。どぉして欲しいか言ってみろ」

「…」

すぐに答えない

「ん?」

と俺が少し強く聞き返すと

「私のこといっぱい犯して下さい」

と友香なりの精一杯で答えた

「よく言えたな!たっぷり犯してやるぞ」

と言うと

「はい…」

と少しうれしそうに言った

俺はだんだんと胸から下へ、そして内ももに手を這わす

少し触るだけで敏感に声を漏らす友香

内ももをさわり続ける

だんだんと腰をもじもじさせる友香に俺は聞く

「ん?なんだ。どした?もじもじして!」

「ん…」

と友香が言う

「何かして欲しいならちゃんとご主人様にお願いしてみなさい」

ここでさりげなくご主人様という言葉を使う

少し間が空いたあと

「あそこを触って下さい、ご主人様」

友香が言った

俺はますばパンツの上からそっとなぞる

それだけで友香はさっきよりも大きな声をあげて

「あぁ…」

と言った

軽く触るだけでパンツが濡れてくるのがわかった

少し強めになぞるともうパンツはぐちょぐちょになっていた

「直に触って欲しいのか、友香?」

というと

「はい、触ってほしいですご主人様」

と我慢できないのか素直に答えた

が俺はここからもう少し焦らす

「触って欲しいならまずは俺のを気持ち良くしなさい」

というと

「はい」

と言って俺のあそこに手を伸ばす

目隠ししているからか少したどたどしい手つきでさわり出す

「舐めたいならちゃんとお願いしてから舐めなさい」と言うと

「ご主人様のを舐めさせて下さい」

と言う

「よし!いいぞ!」

と言うとそっと舌をはわせ始める

先っぽから始まりうらすじ、そして言わないのに玉までおいしそうに舐める友香

思ったよりもテクがある

段々と堅くなる

「俺のはどうだ?」

と聞くと

「おいしいです…それにおおっきくなってきました…」

と答えた

友香のあそこはもうびちゃびちゃだった

太ももまでやらしい液体を垂らすあそこに俺は一段と興奮した

俺はびんびんにそそり立ったあそこを友香にくわえさせたままシックスナインに

移行した

そして手マンをしながらクリトリスを舐めた

友香はじらされていた為か1分たたない内にびくびくとしながらイってしまった

それんみて俺は

「何勝手にイってんだ!誰がイっていいって言ったんだ?」

友香はまだイった余韻を残しながら

「ごめんなさいご主人様、ガマンできませんでした」とかすれながら言った

俺は

「次勝手にイったら終わりにするからな」

と言うと

「ごめんなさい…ごめんなさい…」

と嘆願した

とりあえず許した俺はここで持ってきていたロープを取り出した

目隠しされ手を縛られたままの友香は俺に離れられ何が起きるのかびくびくしな

がらちっちゃくなっていた

俺はいきなり友香を抱えた

そして椅子に座らせると足を開かせて持ち上げ肘おきの上に乗せ足と肘おきを

ロープで縛り始めた

友香はいきなりのことに抵抗したが俺が内ももをビシッと叩くと

「あっイヤ…」

と言って力を抜いた

俺はそのあとも何も言わずに友香の足を開脚状態のまま閉じないように縛りつけた

縛っている間中友香は

「ごめんなさいご主人様…許して下さい…」

等と吐息を漏らしながら謝っていた

彼女の中でのイメージがあったのだろう

縛り終えた俺は用意していたローターと20センチはあるバイブを取り出した

ローターを友香のクリに当てる

「あああー」

と叫ぶような喘ぎ声をあげたかと思うと30秒もしないうちに

「イクぅ イっちゃうぅ ご主人様ぁー」

と叫んだ

俺はローターを友香から離し

「また勝手にイくのか?」

と言うと

はぁはあと声を漏らしながら半分泣きそうな声で友香が言った

「ごめんなさいご主人様 我慢します…」

今度はバイブを友香のあそこにあてた

友香はびくっとした

少し入り口でぬるぬると動かす

友香はそれだけですでに大きな声を漏らしていた

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング