【H体験談】職場での不倫や出逢い系で性欲を満たしているに違いありません・・

今日、お話しするのは、近所の看護学生さんのお話です。

名前は・・・忘れてしまいましたが久美とか久美子だったと思います。

出会い系で知り合い、100文字以内の短いメールのやり取りで何回か・・・

何十回かやり取りをしていたら夜中の2時頃でした。

「今から逢っちゃう?」という話になり、

「逢ったらどーするの?」ということになり、

「ホテル行っちゃおっか?」との問いに、即

「いいよん!」の返事。

田舎に住んでおり、また、親と同居していたので、

夜中に車を出すと、暗闇静寂の中にディーゼル四駆のエンジン音なので、

ばれそうなのですが、何とかばれずに出発しました!

聞こえていたのかもしれませんが、出かけることできました。

待ち合わせ場所の東名インター近くのコンビニで待ち合わせ、

連絡を貰っていた通りの薄水色のハスラーを見つけました。

「・・・久美さん?」

ニコっと振り向いた顔は笑顔でしたが、

ぽっちゃりん系のコでした。

かわいいですが、太ってました><

彼氏は年下の16歳高校を中退したばかりのヤんキーとのコトで、久美は18歳。

看護学生になりたてです。

せっかくなのでお風呂の大きいラブホテルだよ!」

と、彼女が教えてくれたホテルに入ります。

「こいつ、けっこー遊んでるんだな・・・」

と思いながら、部屋に入るや否や

「どうしよっか?」とのコト。

「まず、ほいじゃー風呂にお湯張るわ。」

と、湯を入れに風呂場へ向かうオレ。

カラオケを始める彼女。

お湯を出して戻ってきて、ソファにすわり、カラオケをしている彼女。

しばらくソファの隣に座り、

カラオケを聴いたりタバコ喫ったりしていたのですが、

何曲も歌いやがるので、悪戯を始めました。

歌っている彼女の胸元から乳首をさぐると、スデに乳首ぴんこだち!

服をまくりあげ、ブラをはずします・・・

おれの膝の上に座らせる形で、ソファに座ります。

おれは後ろから彼女の乳首をつまみながら後ろからモミモミ・・・

左右乳首はつんつーんと、

元気に天井に向いています。若いってイイネッ!

歌っている彼女の股を、オレは自分の足を使い、

下から開く格好で、

彼女はオレの身体をそのまま洋便器に見立てた格好で座っています。

そうです・・・^^\

おまんこぉも、パックリと開かれたはずです。

パンティの横から指を入れると、

すでにヌルヌルのくちゅくちゅです・・・><

おれは彼女をソファに座らせて、

彼女の足元におれは膝間付き、

おれの両肩に彼女の真っ白いちょっとむちむちご立派な太腿をかつぐと、

一気にクリトリす一点集中責めを始めました・・・が・・・くちゃぃのです。

たまらず

「風呂・・・そろそろお湯溜まったみたいだから、一緒にはいろっか?」

うん、と頷くので洗いっこをしながら、湯船につかります・・・。

また、背中越しから彼女を抱える格好ですわり、、、

彼女の下の・・・あたたかい毛の生えたところをさわると、

お湯の中でも、ヌルヌルするのが良く良くわかるのです!

おれは溜まらずアグラを書いて座っている自分の真ん中、

ピンコ勃ちチンボウを指差しながら、

「ココに座る・・・?」

ときくと

「うん。」

と頷くので座らせてあげました。

人生初の出会い系で知り合った女性との生でした!

その後は、、、ちゃぷちゃっぷと揺れるお湯の音・・・

がんばるオレ・・・可愛い声で鳴くぽっちゃりん久美子・・・

ホテルを出ると、朝日がキレイでした。

平日の夜に逢ったのでおれはそのまま仕事でしたが、

外回りではなく事務な為、計算を考えるフリ、

PC作業をしているフリで、

昼間は居眠りしちゃってました!社長ごめん!!

数日後、「妊娠した。」との連絡がありましたが、

彼女自身、その年下やんキーのコや、

その友達たちとやりまくっていたので、

おれの子供とは断定できないようでした。

「妊娠した。」という言葉の裏には「あんたの子かもよ!」

って感じでしたが、彼女自身の行動が、

そうとは言わせさせなかったようです。

そのときは私も知らぬフリを決め込んでいたのですが、

今現在、妻とはあまり夜の営みがないのですが、

すれば一発百中の勢いで、ナまですると、

すぐに子供ができてしまうようです。

おいらの精子は濃いようです。。。

って、言っても、まだ、子供二人ですが・・・。

いい思い出です。^^

さらに後日、おれは久美子から

「ねぇ、友達でむしゃくしゃしちゃってる・・・落ち込んでる子が一人いて、ちょっと元気付けてあげて欲しいんだけど・・・。」

と相談され、そのこの携帯番号ゲットし、早速電話。

「今晩どう?逢ってみる・・・?」

「うん・・・」

なんか、はっきりしない返事だったのは覚えてる。

で、その夜、待ち合わせ場所のとある駅に出向き、

待つこと15分・・・30分・・・来ない!

「どーしちゃったの?おれ、待ってるんだけど・・・。」

「えっ!?ホンとに来たの?」

・・・おいおぃ・・・逢うって電話で約束したのにこれだものな・・・

最近の若いやつらは・・・

彼女の名前は理恵。

久美子と同じ18歳。

看護学生になりたてですwぴっちぴち

「・・・わかったょ!じゃ、すぐ行くからもうちょっと待ってて・・・門限11時だけど、大丈夫かな?」

「大丈夫だよ!」

それまでには、終わらせるから。って、おれって早漏かよ!

早漏にて候・・・なんて思いながら

駅にて車中待つことしばらく・・・来た来た!

くぁわいいぃぢゃん!

久美子ありまとー!

目が大きくって、

乳はそれほどでもないけど小ぶりで感度よさそう・・・(ハート)

「どうしたの?」

「だってぇ、ホンとにくるとは思わなかったから・・・。ごめんネ」

「ホテルはおれが決めちゃっていいよね?」

車を走らせると、国道沿いにホテルのネオンが

ぽつんぽつん・・・ぽつぽつぽつっっと、輝いている。

お金に余裕がなかったので(ただまんなので、

ケチるな!といわれればそれまでですが・・・><;)

おれが生まれたころくらいから建っていましたっていう感じの

「由緒正しきラブホ」に入っていく。

ガチャリ!

ホテルの部屋に入ると、彼女を後ろから抱きしめる。

おれ、我慢できなかったんだ・・・

「りえ、かわいいね・・・」

と、耳を甘噛み・・・そのまま耳にキスし、、、

振り返った彼女にキスする。

おれって、キスだけはうまいって言われるし、

こーいうとき、本当、本能としてキスとしての行動、

インプットされてるんじゃないかって思う←バカ

小さいけどハリのある乳・・・薄茶色だけど、

未だ誰も吸ったことないであらふ乳首・・・夢のようでした。

おれ、自分の年齢20代後半ではなくて、

30歳になったばかり位だったと思う。

久美子のときも。

ごめん、ここで訂正させていただきます。

理恵は緊張していて、でも、おれのこと、

受け入れてくれた・・・10歳以上離れている理恵・・・

おれが高校3年の時に彼女は小●校二年生だったのだ・・・

そう考えると、何をしなくても、おれのちんぼうはコチコチでした。。。

ロリこんていうわけぢゃないよ!

彼女は部屋の入り口で立ったまま・・・

おれは唇・・・乳・・・腹・・・

そしておまんこに舌を這わせるのだけれど、

立ったままだと舐めづらい・・・

部屋にあったソファに座らせ、

思い切り理恵のスベスベの真っ白い太ももを開脚・・・

クリトリスに舌を這わす・・・

がっ!くちゃいぃっ!

先日の久美子以上の異臭を放っていた・・・

後にカンジダってのが判明しました。

それでも、理恵は可愛かったので、

おれはカンジダのおまんこを舐めナメします、そう、息を止めて!

でも、入れたくなっちゃったんだけど・・・

「お風呂いこっか?」

で、お風呂に入りました。

ああぁ、若いっていいなぁ、、、と、

この時、初めて年をとったなって思いました。

おれも青春はもぉ終わっているのだ。

おやじなのだ。。。でも、若い娘っていいな(ハート)と、

初めて思ったと思います。

昨日、電話で

「君は、男とか、どうなの?経験は・・・」

と聞いたとき、

「初めての彼氏と最近別れたばっかり・・・ていうか、

彼じゃなくって、遊ばれちゃった!」

と、ケロっとしたものです。

処女は一過点に過ぎないという感じでした。

だから、彼女の中に入ってくるちんぼう、おれのが二本目なのです。

「おれ達、初めてだから、最初はナまでもいいよね?」

というおれの質問に

「ぅん・・・」

と頷く理恵。

おれの質問、自分でも訳のわからない理屈だったけど、

すんなりおkをもらったので、びっくりです・・・でも、うれぴかった。

18歳の少女・・・(理恵は美少女)のお万個の肉ひだを

かき分けるおいらの30年物の黒い肉棒・・・えろぃっす。

しかも、生とは・・・wたまりません!

この時、おいら30歳になったばかりでしたが、

昔、大学生のころ、友達で、

地元の彼女をストーキングしている奴がいて、

ラブホテルを張り込みとかもしていて、

結局彼女をラブホで見つけることはできなかったんだけど、

デリヘルのない時代。

ホテトル?のことを言っていたかと思ったのですが、

「すっきりうまよぉ、女ってのぁ、おやじでも平気でえっちできるんだな!?すごいぜ、オヤジと若いねーちゃんばっかり、、、ホテルから出てくるカップル。」

というのを聞いたことがあります。

考えてみれば世にある風俗は、

この時代はなおさら、男性のものしかありません。

若い女性たちはもっぱら職場での不倫や出逢い系で

性欲を満たしているに違いありません・・・今もね。

理恵は処女ではないといっても、

その彼には既に捨てられ、

いくらもコスれていないのでしょう。

おれのチン棒を挿入すると、

ただでさえ大きな目を思い切り見開き、

声には出さないものの、「イタイ!」という感じでした。

「ごめん・・・もう一回ナメナメしよっか・・・?」

「うぅん・・・いいの。ゆっくり動いて・・・。」

おれは、ゆっくりと腰を動かします・・・

その度に見開くお目目。

かみ締める唇・・・理恵・・・ぇろいっす。

多分おれは、2分もゆっくりと動いていなかったでしょう。

彼女の顔を見ていたら、急に早く動いたのを覚えています。

急にピストン運動を早めてしまったのです・・・きしむベッド。

苦しい顔の理恵・・・

でも、おれのおちんちんは理恵の中ですごく気持ちよくって、

コスれるたびに、自分のちん棒が硬くなっていく気がします。。。

正常位から、彼女のひざを両手でもち、足を折り曲げます。

寝てるけど、和風便器にまたがっている格好の理恵のおまんこに

おれのちんぼうを抜き差しします・・・

ぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷnぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷnぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷnぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷnぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷnぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷ・・・。

処女なのに、気持ちいい顔になってきたかな・・・?理恵・・・

おれは、夢中で腰を振り続けます・・・

ずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっずりゅっ・・・。

たまらず、

「いっちゃう、もぅいっちゃうよ!おれ”」

「ぅん、私もイク・・・」

避妊とか、何も考えてないのかな・・・?

と一瞬よぎりましたが、

もぅ、その時の気持ちよさに比べたら、

ぜんぜん避妊も砂粒大です。

びゅーーーーーーーーーーーーっびゅーーーーーーーーーーーーーっびゅーーーーーーーーーーーーーーっ・・・

男をまだそんなに知らない理恵の奥に、

おれの白い涙を注いであげました・・・。

処女ではないとのことでしたが、

理恵の紅い血も混じっていました・・・。

ちなみに、理恵のカンジダは、

不特定多数のおとこのお相手をしたからではなくって、

自然に感染するものもあるらしいです。

産婦人科に同行しました。

同じ町に住んでいなくってよかった^^;

理恵と久美子とは、その後一緒に花火したり、

キャンプしたり、いろいろありました。

二人同時に進行し、理恵の誕生日で、

この三人の関係も終わりました。

そのお話はまた、後日・・・。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング




PAGE TOP