【エロ体験談】妹が声にならないような苦しい声で私のペニスを吸い込みます

嘘みたいな本当の話ですが、

私と妹は私が高2(16歳)妹高1(15歳)から私が21歳、妹20歳まで

ほとんど毎日のようにセックスしていました。

妹が生理や何かで出来ない日もありましたがほとんど毎日です。

計算すると年間30日しないとして

336×5年間で1680回になります。

その後回数が減っていきましたが、まぁ2000回はしたと思います。

よく飽きずにしたものです。親に見つかりそうになったり、

隣に住む引きこもりの男に見られたりしましたが(何回も)、

せっせとセックスしました。

そんな僕らですので高校時代はお互い恋人は作らずに

兄弟でセックスばかりの毎日、

しかし二人ともに大学、短大に行くようになるとしだいにセックスの回数も減り、

他に好きな人が出来たりしてセックスする関係はなくなりました。

やがて僕らも結婚して私はもう36歳

妹は35歳になりお互い子供が2人いるパパママになりました。

そんな僕らですがまたセックスする関係になりました。

これは不倫というのでしょうか?

親戚の葬式があり妹と二人で親族控え室にいた時です。

お互い暇になり、どちらが誘うこともなく自然にキスしました。

まるでいつもしているかのように自然な感じでした。

いつ誰かか入ってくるかわからないので鍵を閉め、

喪服は着たままで始めました。

1回キスをすると二人とも昔のスイッチが入ったのか

もう強烈なディープキスです。

舌を絡め、お互いの性器をまさぐり相当いやらしいです。

妹は必死に出る声を我慢します。

アソコのビチャビチャした音が部屋に響きます。

私が誰かかドア越しにこの音を聞いてるかもよと言うと、

それ凄く興奮すると妹は言います。

黒ストッキングとパンティを少しだけ下にずらし

テーブルに上半身をつかせ後ろから挿入。

ズンズンと突きまくり、妹は激しく大興奮。

「ああん・・・・いい・・すごくいい・・きもちいい・・・・ついて・・・もっとついて・・・・・」

15年ぶりくらいのセックスです。

妹はもう35歳ですが、

まだまだ非常に可愛く身体細く、

スケベさにいっそう磨きがかかりいい感じの人妻です。

テーブルに仰向けに寝かせ足を持ち上げ挿入。

ゴムを持っていなかったので生で入れていました。

さすがに中出しはまずいので、

外に出しますが妹に顔にかけていいと聞くと、

髪の毛につけないでねと言うのでじゃあ口に出すよと言うと、

うんいいよと言ってきた。

私はいきそうになり、妹に

「ねえ・・いくよ・・いい・・」

「うん・・いいよ・・いってぇ・・・きてぇ・・おくちにだしていいよ・・・」

私は妹の口にペニスを突っ込み

ドックンドックンと精子を注ぎ込みます。

「うう・・む・・うううっ・・・・」

妹が声にならないような苦しい声で私のペニスを吸い込みます。

妹とセックスばかりしていた頃よくあるシーンでした。

顔にかけたり口にかけたり。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング