年下をもてあそぶのが趣味な私は1年前勤め先に転勤してきた、
清純っぽい爽やか系、2こ下の後輩(23)に早速
「仕事を教えてあげる」
と言って、誰もいない会議室に呼び出しました♪



椅子に座った彼に抱きつきペニスをズボン越しに触ってあげながら、
「ちゃんと勉強してね私の体で♪」といいキスをします。
彼は驚いた顔をしてます。かわいい♪
私は彼の膝にのっかかり首筋を舐めているとピクっと反応しました♪
と、そこまではよかったのですが「じゃあ遠慮なく・・」にやっと彼が言った瞬間、
私の胸を鷲掴みにしてきたのです!
彼の手が背中を這いすぐにホックを外されてしまい乳首を手でコネてきます。
「ぁ…ん…」
堪えていた声が出てしまい、しまった!と思いました。
この瞬間から完全に彼に主導権が移ったのです「先輩感じやすいんですね」
悪魔の様に冷たく笑う彼は、私の胸を責め立てます。
本当テクが凄いんです。
この私が手も足も出ないほど感じさせられちゃったんですから。
「か…感じてなんか…」
私はこのままではいけないと思い、彼のファスナーを開けてフェラを開始しました。
「へぇ・・うまいじゃないですか…」
感嘆の声を上げますが彼にはまだ余裕があるようでした。
彼は私のお尻を撫で回しながら私のフェラ姿をじっと見つめてきました。
視線が痛いほど注がれ、視姦されている様でした。
しかし私はほくそ笑みました。
(余裕でいるのも今のうちだわ)ペニスをくわえたままタマの裏筋を触ってやると
「…!」
声こそ出さないものの完全にビンビンにたっていきました。
(イカせる!)私は執拗に攻めます。
彼を見ると気持ち良さそうにしていました。
くわえた口を放し、手でしごきながら
「やっぱり後輩は先輩に従うものよ」と言いスパートをかけました。
あと一息の所で…私に異変が起こりました。
パンティ越しにアソコを触ってきたのです。
「ダメぇ…」ペニスを攻める手を一瞬止めたのが間違いでした。
乳房が露わになった上半身を、会議室のテーブルにうつぶせで寄りかかるような体勢に
されたかと思うとパンティの隙間から太い指が侵入してきたのです。
「何がダメなんだ、こんなに濡らして」 指で無作為にいじられ、
更に愛液がジュワって出てくるのが自分でもわかりました。
「濡れてな…」
抗議する私に彼はいきなり指を入れ、
「認めないなら認めさせてやる」
といって2本指だけで私を果てさせたのです。私は認めるしかなく初めての敗北でした。

おすすめの記事