あまり濡れない隣の家の美人妻【H体験】

私は26才サラリーマンです。
結婚したばかりですが、最近隣の家の奥さんとデキてしまいました。

彼女は38才で、170センチの大柄。
目鼻立ちのハッキリした美人で前からやりたいなと思いながらも、なかなか機会がなく、電車の中などで会った時など、きわどい話しをしては下地作りをしてました。

かなりエッチな話しをしても嫌がることもなかったので、そのうちに・・・と思っていたら、旦那が海外に長期出張になり、この機会を逃してはと、早速帰りに新宿の駅で待ち伏せ、偶然会ったふりをして飲みに行きました。

[adrotate group=”1″]

少し酔ったので歩こうと云って、わざとラブホテルのある方に行き、ホテルの前に来たとき腕をとって引っ張り込みました。

「いやだわ」なんて云ってましたが、「何にもしないから少し酔いを醒まそう」なんて云って入ってしまいました。

風呂にも入らずベッドに押し倒し、キスをして胸を揉んでからパンツをはぎ取り、オマンコに指をつっこみました。
オマンコは濡れてなく、これは嫌なのかなと思っていたらそうでもなく、「ちょっと待って」と云って自分で自分の唾をオマンコになすりつけてました。
今までにやった女は皆、オマンコがグチョグチョになっているのに、中にはあまり濡れない女もいるのだなと思いました。
(濡れない女の経験がある方は教えて下さい。)

自分もチンボに唾をつけ、彼女のオマンコにあてがってグイとはめてやりましたが、濡れが足りないためスッとは入らず、きしみながら入っていく感じでした。
彼女はこの感じがとても良いらしく、大きな声を出しました。

一度入ってしまったら後はスムースに出し入れが出来、こちらは念願の女と出来たので興奮してしまい、すぐに行ってしまいました。
何せ風呂に入ってないので部屋中に隠微な臭いが立ちこめ、またすぐにやりたくなり、早速二回目に取りかかりました。

今度はすぐにはめることが出来、1時間くらい突きまくってやりました。
その間、彼女は4回くらい気持ちよくなったようで「ああイクイク」とか云ってしがみついて来ました。
彼女はあまり声を出さないので、「もっと声を出せ」と言ったのですが、「亭主の両親と同居してるのでよがり声を出さない習慣が付いてしまった」と云ってました。

それでも腰の使い方は抜群で、こちらが突くと彼女も突いてきて、それもリズミカルなので今までにない気持ちよさでした。

その夜は家に帰って家内ともやりましたが、腰も使わずドテッと寝てるだけなので嫌になってしまいました。


ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング