夏休みの寝苦しい朝だった。
ぼくは、下半身に違和感を感じて目が覚めた。
もう七時を回っているじゃないか。ぼくは、階下に下りて行った。
風呂場の横の洗濯機の置いてあるスレートで囲った場所に、汚した下着をこっそり持っていくつもりだったんだ。まさか、高三にもなって夢精をしてしまうなんて…。
…と、そのとき、すすり泣くような声を、ぼくは聞いたような気がした。
「ああっ。くぅっ」子犬の鳴くような、痛みに耐えるような・・・そっと流しのあるほうから、洗濯場の方に回ろうとしたとき、洗濯機の前にたたずむ女の姿が目に入った。

「なおこだ」彼女は横山尚子といって、父の後妻に入ろうとしている女だ。
母が死んで、はや六年が過ぎ、弁護士の父はさみしさからか、事務所のこの女とねんごろになったらしい。

そして彼女は父と結婚した。
年の頃は三十半ばで女ざかりとでも言うのだろうか。
弁護士事務所に勤めているだけあって、ケバさはない。
むしろ地味だ。

黒いふちの眼鏡と、ひっつめ髪とでもいうのだろうか、そういう何の変哲もない女だった。
ただ、体は違った。
小柄なくせに、出るところは出ていて、メリハリの利いた体をしていた。
父もそんなところに惚れたんじゃないかと思うくらいだ。
ミントグリーンのエプロンの後姿から丸見えの白のホットパンツ。
そこから突き出る二本の生足は子持ちシシャモを連想させた。

「ああん」尚子は、洗濯機に腰をぴったりよせて、脱水の振動に身を任せている。
カドをあそこに当てている・・・オナニーしてるんだ・・・とっさにぼくは理解した。
彼女も女なのだ。
もてあます性欲をああやって発散させている。
それは、ぼくと同じなんだ。

あさましく、尚子の左足が上がり、空(くう)を掻く。
彼女がうつむいた瞬間、肩に力が入って、洗濯機の縁をつかんでいる手指が白く血の気を失った。
がくがくと彼女の体が揺れるがそれは脱水機の振動が伝わってのことなのか、自らの運動なのか俄かには判断しかねた。

「あふぅ~」玉の汗をあごに伝わせて、天を仰ぐように上を向き、ごくりとここまで聞こえる音をさせて唾を飲み込んだ。
ぼくの右手は、冷蔵庫の陰でカチカチに充血した分身を出して、夢中でしごいていた。
今朝、出したのに、ぼくは、また絶頂をむかえようとしていた。

「あああっ」手が速くなり、めいっぱい亀頭を剥いて露出させ、射出に備えた。
びゅくびゅくと粘い液体が尿道を切り裂く様に濃い塊が飛び出し、冷蔵庫の側面に跳ね、だらだらと流れを作った。
これはもう、手に持っている汚れ物で、拭いて始末するほかなかった。
こんなに情けないことはない。

すでに、尚子はというと、何食わぬ顔で脱水を終え、洗濯物をカゴに取り出していた。
ぼくは見つからないように、汚れ物を持ったまま階段をそっと上がっていった。
洗濯物を干しに、尚子が階段を上がってくる。
ぼくの部屋を通らないと物干し台には出られない。
ぼくは、汚れ物をタオルケットにくるんで隠した。

「おはようございます」彼女はさっきのことなど、まったく感じさせない表情で挨拶して部屋に入ってきた。
「おはよう。ごはんの支度できてますから、食べてね」
「は、はい」
「それから、啓二さん、昨日の洗濯物がなかったけど、着替えてないの? 汗で汚れてるでしょ。早く出して。お洗濯するから」
と、言われても・・・・

「あ、ああ、じゃ持って行っとくよ」そう言うのが精一杯だった。
尚子はにっこりとうなずいて、物干し場の網戸を開けて、つっかけを履いて出て行った。
ぼくはその後すぐに下りて行って、汚れ物を丸めてシャツに厳重にくるんで洗濯機にほうりこんだ。

そして、遅い朝食を新聞を見ながら食べていた。
降りてきた尚子に向かって「父さんはもう出かけたの」と問うた。
「そうよ。あたしももう行かないと」そういいながら、また洗濯場に行ってしまった。
やばいかな? と思いながら、飯の味などわからなかった。
「洗濯機を回していくから、終わったら啓二さんが干してね」と洗濯場から声がした。
「あ、はい」
どうやらバレなかったらしい。

その週の土曜日の昼、父は弁護士会の寄り合いとかで出て行ってしまい、家には、尚子と二人っきりになった。
「啓二さん、お昼なんでもいい?」
「うん」
「じゃ、おそうめんにしようか」
「うん」

今日の尚子は、ひっつめ髪じゃなくって、解いて後ろでポニーテールに束ねている。
そのせいか、いくぶん若く見えた。
彼女のうしろ姿を見てると、やはり股間に血液が充満してくるのには困ってしまった。
テレビをつけて、気を紛らわすことにした。



そうめんをすすりながら、何を話すでもなく、尚子は「暑いね」
だとか「勉強はかどってるの」とか一人前の母親のような口を聞く。
ぼくは、いいかげんな返事をしながら、彼女の胸元を見ていた。

くたびれたTシャツの襟ぐりは大きく開いて、彼女の大きな胸が作る谷間を覗かせている。
汗でしっとりとしている感じが見て取れた。
「ねえ、ひとつ聞いていい?」
コケティッシュに小首をかしげて、ぼくに問う。
「なんだよ」
「こないだ、お洗濯物、どうして出さなかったの?」
聞くかぁ? そんなこと。やっぱり感づかれていたのだ。

「どうしてって。その、あれだよ」
「出しちゃった・・・」どきっとするような目を眼鏡越しに見せた。
「まあ、そういうことだよ」
「元気なんだぁ」なんだよ、こいつ。
ぼくをなぶってんのか? 

「じゃあ、ぼくも聞いていい?」
「なぁに」
「同じ日、尚子さんは、洗濯機のカドにあそこを当てて何してた?」
彼女の顔がみるみる赤くなって、下を向いてしまった。
「見てたの・・・」そう、低い声で言った。
「お、お互い様じゃないか」ぼくはあわてて、そう取り繕った。

その場は、それでおしまいだった。
昼食の後、二階に上がって、窓辺に腰掛けた。
二階のぼくの勉強部屋から真夏の町並みが見える。
その向こうは海が広がっていた。
油照りで、町は死んでしまったかのようだ。
蝉の声も、真昼のこの時間は聞こえない。

「あついなぁ」独り言がつい出てしまう。
扇風機は熱い空気をかき混ぜるだけで、無いほうがましだった。
「いい?」尚子の声が障子の外で聞こえた。
「どうぞ」すっと障子が開いて、白い足が入ってきた。
「なんだ、お勉強してたんじゃないんだ」
「こう暑いとだめだね」

「はい、スイカ切ったの」
「ありがとう」しばらく二人で、海を見ながらスイカを食べた。
「啓二さん、あたしのこと嫌い?」
「なんなんだよ。いきなり。そんなことねぇよ。ただ」
「ただ、何?」
「とまどってんだ。若い女が母親代わりってさ」
「母親じゃなくっていいじゃない」
「じゃ、なんなのさ」
「お姉さんでもいいじゃない」
「そんな、急に言われてもね」

そばに尚子が寄ってきた。
「いいことしよっか」
「何?」
「目をつむって・・・」ぼくは大体予想できたから、目をつむった。
やわらかいものが唇に当たった。
スイカの香りがした。
ぼくは、夢中で尚子を押し倒し、唇をむさぼってしまった。
父親の女をいただくんだ・・・尚子は抵抗しなかった。
気がついたら、お互い裸になって、汗を交わらせて抱き合っていた。

「したことあるの?」
「ないよ」
「じゃあ、お姉さんがしてあげる・・・」畳の上に寝かされ、すでに硬く立ち上がったものを咥えられた。
それは、一人でするのより何倍もすばらしい快感だった。
「あ、あ、だめだって」
「もう、だめ?」
「出ちゃうよ」
「敏感ね。じゃ、もらっちゃおうかな。キミのドウテイ」
そういってひざ立ちになって、ぼくを跨いだ。
きれいなお椀型のバストがぼくを見下ろしているようだ。

「見える?」入るところを見せてやろうということらしい。
ぼくは、首をもたげて見た。
「うん」右手で、ぼくを支えて、薄い毛に覆われた目的地にあてがった。
「入れるよ」熱いぬめりがぼくの先端にまとわりつくようだった。

最初、反り返ったぼくのモノはうまく滑らず、尚子は顔をしかめたが、やがてゆっくり腰を落としてきた。
「ああん。すっごく硬い」そんなことを言って、全てを収めて、ぴったりと尻をぼくのももに押し付けた。
そうしてぐりぐりと円を描くように腰を回すのである。
ぼくは、もう痺れるような感触で、彼女の中に消えた分身を目で追っていた。

「どう? 初めての感じは」
「すごくいい。でも、尚子さん、こんなことおやじに見つかったら・・・」
「なおぼんって呼んでいいよ。言うの?」
「言えないよ」
「でしょ? 黙ってたらわからないよ。お父さんは、あたしの体には興味ないみたい」
信じられなかった。
こんな、いい体を目の前にして、興味ないとは・・・。

「あ、いきそうです」ぼくは情けない声を上げた。
「いいわよ。そのまま、お母さんの中にいきなさい」
いいのか? 妊娠は大丈夫なのか? そんな理性的なことはすぐに飛んでしまい、恥ずかしいくらい、大量に吹き上げた。

「あ、あああ・・・」
そのまま二人は暑い部屋で焼け死にそうになりながら抱き合った。
ふたたび、蝉の声が聞こえだした。

おすすめの記事