【エッチ体験談】私の沢山のザーメンが人妻の子宮に留まっているはずです | H体験談~エロばなまとめ
   

【エッチ体験談】私の沢山のザーメンが人妻の子宮に留まっているはずです

人妻、早苗(仮名)と久々に車で、出かけました。

地方の小さな町です。

2人で一緒が見られると、まずいので、

町から少しはなれた地方都市のスーパーの駐車場で待ち合わせました。

どこに行くわけでもなく、すぐにラブホテルへ。

二人とも、久しぶりのため、部屋に入るとすぐに抱き合いディープキス。

「うれしいわ~。また、逢えて」

「でも、ひとつだけお願い。今日は私、危ない日なの。スキンを付けるか、外へ出して。ね、お願い」

心の中では、

(エーッ、そんな、残念。長い禁欲生活をしてたのに。仕方ないか)

と思いながらも、

「うん。いいよ。わかった。」

「ありがとう。ごめんね」

私は、すぐに早苗を、ベットに押し倒しました。

早苗はその日、紺のセクシーな下着姿でした。

「艶っぽい下着だな、早苗、すごいよ。家でもこんなのを着ているのか。」

「ううん。着てないわ。だんなに見られないように、こっそり着てきたの。あなただけに、見せたいの」

「うれしいよ。早苗。それにしても、大人の艶気たっぷりだな~。いつ見ても」

ブラ、ショーツを脱がすと、

「今日は、先に私にさせて」

早苗は、仰向けになった私のトランクスを脱がし、そして、フェラチィオを始めました。

裏スジ、袋、タマ、を舌で上手に愛撫してくれました。

咥えたときは、舌をころがし、わたしの亀頭をなめてくれました。

早苗の懸命なフェラチオが続きました。

「すごく、気持ちいいよ。早苗。今度は、俺が早苗にしてあげるよ」

「うん」

早苗のオマンコは、もうグショグショでした。

「なんだ、早苗。俺のを咥えただけで、こんなに濡れているじゃないか。スケベな女だな~、早苗」

「やだ。恥ずかしい」

私は早苗の胸を手で愛撫しながら、クリトリス、膣口、アナルを丁寧に舐めてあげました」

「うっ、うっ、うっ~」となんとも、そそられるよがり声をあげていました。

「早苗、そろそろ、あまえの中に入るよ。」

「うん。早く来て」

その日は、正常位で早苗のオマンコにペニスを入れました。

早苗は、「うっ、ううっう~、うっうう~」

と、うめき声をあげながらのけぞりました。

挿入して、しばらくピストンをしていると、早苗は自ら、足を抱え高く上げてきました。そのエロさときたら大変なものでした。

「おい、早苗。自分からこんなかっこうして。ほんとに、スケベだな早苗。」

私は、早苗の足を肩で押し付け、完璧な屈曲位の姿勢をとりました。

より深い挿入感がありました。

早苗は

「すごい。すごい。深い、深い。いい、いい、いい。ついちゃう、ついちゃう~」

と、言いながら、腰を、振ってよがっていました。

私のペニスが、早苗の子宮のより深くに入っているので、早苗も激しく興奮しているようでした。

また、間近に見るよがり顔も抜群でした。

「早苗、自分で腰振っちゃて~、すごいぞ。よがり顔もいいぞ~」

私も、大興奮。

もうここまできたら外出しはしたくない。

「早苗。俺、興奮しちゃってるよ。やっぱり、中に出していいかな~」

「エッ。うそ。いや。だめっ。約束守って。」

「でも、俺、我慢できない。な、いいだろ」

「ダメ、ダメ、今日はダメ。」

「な~、後ピルて、方法もある。大丈夫だよ」

「お願いだから、外で出して」

「俺、もうだめだ。中に出すぞ。」

と激しくピストンを続けました。

「いやよ、いや。いや、いや。やめて」

「だって早苗。艶っぽい下着。自分から足を高く上げて、腰を振っているんだぞ~。俺を興奮させた早苗がいけないんだぞ~」

早苗が

「いや--。いや--」

嫌がる顔をしながら、腰を引いて私から離れようとしても、上から被いかぶさっているので、簡単には二人は離れません。

「早苗、よがり顔もいいけど、嫌がる顔もすごくいいよ」

「なに、言ってんの。ね~、やめて~」

と言いながらも、二人の結合部分は、一層にクチャ、クチャと大きな音になってきました。

「な~、早苗。嫌がっている割に、またもっとすごく濡らしてるじゃないか~。それに、俺とするとき、いつも、ザーメン欲しい。なんて言ってるじゃないか」

「そんなことない。いや、いや」

「もう、限界だ早苗の中に出すぞ」 

「いや。やめて、いや---」

「だめだ、いくぞ」

ドピュ~。ドドッ。ドクドクドクドクドク~

長い禁欲生活。

溜りに溜まった大量の私のザーメンが早苗の子宮の奥深くに注入されました。

その瞬間、早苗は

「イヤ----ッ。イヤ----ツ。イヤ----ッ」

大声で、叫んでいました。

早苗から離れると、

「ひどい人ね」

と一言後、シャワーを一人で浴びにいきました。

かなり長いシャワー時間でした。

流していたのは汗だけではなく、私のザーメンも流し出そうとしてたのでしょう。

しかし、

自称、人並み以上のペニス

より深く挿入できる屈曲位という体位

大量に出たザーメン

を、考えれば、シャワーは気休めで、私の沢山のザーメンが早苗の子宮に留まっているはずです。

シャワー後、彼女はだまって、ホテルを一人で出て帰っていきました。

数週間後、彼女からメールが来て「また、逢いたい」と。

数日後、待ち合わせ、またホテルへ。

ホテルでは、早苗の大好きなバック。

白い巨尻を抱えてのバックはいつも最高です。

そして、2回めは屈曲位。

行為の最中、早苗は自分から

「中に出して~。あなたのザーメン欲しい」を連発していました。

スケベ後、遠くの病院で後ピルを処方してもらい生理は無事にきたこと。

そして、日頃からピルを旦那に内緒で飲み始めたこと。

を、聞きました。

仰向けの私の胸の上で早苗は

「今にして思うと、あの時嫌がっていたけど、もしかしたら感じていたのかもしれない。」

「これからもずっと、あなたのエキスをちょうだいね」

と、私のペニスをさすりながら、ささやきました。

人妻、早苗は完全に俺の「モノ」です。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング