【H体験談】精液が溢れる彼女のワレメにチンポを押し当て貫きました

私は友人4人とカラオケ店に行った帰りに、

携帯を忘れた事に気付いて一人取りに戻りました。

時間はちょうど夜10時くらいでした。

店内で忘れ物の携帯を受け取り、

店を出ると建物の隅に女の子の影が見えました。

もう暗いし、この辺は人通りも少ないので

気になってしばらく様子をみてました。

彼女は一人で座って携帯をいじってましたが、

連れがいる様子もなかったので、声を掛けました。

「誰か待ってるの?」

彼女は首を横に振りました。

「もう暗いし、危ないから帰ったがいいよ。」

そう声を掛けると彼女はすくっと立ちました。

「携帯のバッテリー切れそうだから充電器を貸して?」

家に電話するにも不便だろうし、

車に車載充電器あったのでそれを貸してあげることにしました。

そして、

ついでだから近くなら送って行って上げようとジュースを買って車まで案内しました。

明るいところで彼女を見ると、

まだ中○生くらいの小柄な女の子でした。

雰囲気的には上戸彩を幼くしたような感じのショートでおとなしい子でした。

車の中で何をしてたのか話を聞いてみると、

明日は振替休日で休みなので友人の家に泊まりに行くという事で出てきたらしいが、

カラオケ店を未成年と言うことで追い出され、

友人は家に帰り、

自分はつまらないのでそのまま残っていたという事だった。

親は母親のみで夜はバーに勤めていて留守らしかったし、

夕食を何も食べていないという事だったので、

コンビニで食事になるものを買ってあげました。

とりあえず、

車の中で食事を取りながらその辺を走っていました。

田舎なので山と海と暗闇しかありませんが、

色んな話を聞きながら2,30分走っていました。

気がつくと真っ暗な山道で(昼間は結構車通るけど)、

彼女もだんだん怖くなってきたのか私の袖にしがみついてきました。

それまではあまり意識していませんでしたが、

私の腕に彼女の胸が押し付けられ、

その感触が伝わってきました。

それも結構見た目に寄らず、

ボリュームがありました。

また、

スカートが膝の上まではだけて太ももが度々あらわになりました。

私はもっと怖がって密着するように、

怖い話をしたり暗闇を指差したりしてふざけながら暗闇を進み、

小さなパーキングに止まりました。

私は「ちょっとトイレに行きたくなった」と言って、

車を降りようとしましたが、

彼女が一人になりたくないというので一緒に降りて手をつなぎながら公衆トイレにいきました。

さすがに一緒に入るわけには行かないので、

少しの間彼女を外で待たせて用を足しに行きました。

実際はあそこがギンギンにいきり立って小便所ではなかったのですが、

少し間をおいて出て行きました。

出て行くと彼女は私に抱きつくように甘えてきて私もそれを抱きしめるように抱え上げました。

二つの弾力性のあるかわいい胸が私の胸元で押し付けられていました。

私はそのかわいい胸を揉みたい衝動が我慢できなくなり、

彼女をお姫様だっこして車に向かいました。

彼女は必死にしがみついていました。

助手席のドアを開けると、

彼女を抱えたまま乗り込みました。

私はそのまま躊躇せず、

彼女のシャツの下に右腕を潜らせ、

ブラを強引にたくしあげて彼女の胸を包み込むように揉みしだきました。

彼女はあいかわらず私にしがみついたままでしたが、

私が胸を揉み始めるときゅっと体を硬くして胸を揉んでいる腕を強く握り締めました。

しかし、

振りほどこうとはせず、

ただただ強く握り締めるだけでした。

彼女の胸は綺麗なお椀型で弾力性があり、

かわいく最高にエロい胸でした。

私は慌てたように彼女を抱き寄せ、

シャツとブラを首までめくりあげて乳房に吸い付き、

胸や下腹部を舐めまわしました。

左の手は憑りつかれたように胸を揉み続けていました。

そして、

私の右手はスカートの下から直接パンツに入り、

うっすらとした茂みを通り抜けて彼女のワレメに指を這わせていました。

ワレメを指がなぞるたびに彼女は体をビクンビクンと反応させて腰をくねくねさせていました。

ワレメの奥からはねっとりとした蜜が溢れてきていました。

私はその蜜の湧き出る場所を確かめるように中指を這わせました。

そして、

吸い込まれるように彼女の膣内へ導かれていきました。

彼女の表情が曇り、

目をとして眉をしかめながらじっと何かを耐えていました。

痛みなのか感じているのかはわかりませんでした。

私は中指を可能な限り、

伸ばして彼女の膣内をかきまわしました。

彼女の膣内は熱く、

指一本でも締め付けるように包み込んできます。

二人は押し黙ったまま・・・車内は彼女の荒くなった吐息と時折聞こえる彼女の蜜のいやらしい音だけが響き渡っていました。

私の心臓はバクバクと高鳴り、

興奮は絶頂に達していました。

私は狭い助手席で体を揺すりながら、

荒々しく邪魔なパンツを脱がせました。

そして、

彼女を抱きしめたまま、

窮屈ですがズボンとトランクスを同時に膝まで降ろしました。

そして、

今まで布に閉じ込められていたガッチガチの私のチンポを解放しました。

それはドクンドクンと脈打ち、

股間にそそり立っていました。

狭い中、

身動きがあまり取れなかったので彼女を抱き寄せるように両腕で彼女の腰をしっかりと持って抱え上げました。

彼女は瞬きもせずに、

じっとこちらを見つめていました。

その表情はうっとりとして、

これから起きる事も分かっているような表情でした。

彼女の下には、

ビクンビクンと脈打ちながら、

獲物を待つかのようにいきり立ったチンポがそびえたっていました。

そこへ向かってゆっくりと彼女の体は沈んでいきました。

彼女はこちらをうっとりとした表情で見つめたまま目を反らしませんでした。

ワレメにチンポの先っぽが押し当てられました。

彼女の表情が切ない表情に変わりました。

後で聞いたのですが、

やはりセックスは初めてだったようです。

私のは結構横に太いのですんなりは入りませんでした。

私は下腹に力を入れ、

ねじを回すようにグリグリとこじ開けるように先っぽを文字通りねじ込みました。

私のいきり立ったチンポはそれを初めて受け入れた少女の感触を楽しむようにゆっくりと彼女の膣内に食い込んでいきました。

やがて、

奥壁まで達すると彼女は体を弓反らせ、

膝をガクガク震わせて感じていました。

私のチンポはさらに突き進み根元まで彼女の膣内に収まると彼女の奥壁を大きく押し上げました。

私は彼女が体を反らせ、

後ろに倒れ込むのを懸命に抑えながらも、

ゆっくりと腰を動かし続けました。

彼女は先ほどまでとは違い、

まるで目の前の私の存在は忘れたかのように、

目を閉じて、

全神経を研ぎ澄まし、

生まれて初めて受け入れた猛り狂う肉棒を味わうかのように体全体で感じていました。

彼女の中はとても熱く、

そして狭かったです。

ギッチギチに締め付けられて出し入れするのも難しく、

文字通り彼女の膣内に突き刺したまま体を揺らす事しかできませんでした。

もちろん、

座席の上なので身動きも取れなかったのですが。

しばらくすると彼女はぎこちなくその快感にあわせて腰を動かすようになっていました。

私はその光景に酔いしれるように、

彼女を見つめていました。

服を全て脱がせると、

そこには、

月明かりに汗をにじませ、

快感に身を任せながら私のチンポを根元まで飲み込み、

妖しく揺れる少女の姿がありました。

その表情、

揺れる肉体、

未成熟だが成熟した体・・・私は天国にいるかのようにその光景をみつめながら快感に身を任せていました。

彼女が何度目かの絶頂を迎えようとする頃、

私も急に下から熱いものが込上げてきました。

彼女は最高潮に達しようと目を閉じてぎこちなくだが、

激しく腰を動かしていました。

私が動きを止めても彼女はひたすら求めてきました。

私はこの時を少しでも長引かせようと何度か絶頂を我慢して鎮めてきましたが、

もうこの衝動は抑えられそうにありませんでした。

私はガバッと起きて彼女を引き離そうとしましたが、

最高潮の彼女は離してくれませんでした、

腰を引こうとするも狭くて動けず、

更に彼女がまた奥深く私のチンポを導きました。

チンポに電気が走り、

痺れるような快感が押し寄せました。

精液が込上げ、

パンパンに膨れ上がったチンポはギチギチの少女の膣内に奥深く突き刺さったまま絶頂が襲いました。

次の瞬間、

彼女も絶頂に達し、

体を一杯に反らせながらビクンビクンと痙攣していました。

その瞬間彼女の膣内がきゅっとまるで精子を搾り取るように根元からきゅーっと締りました。

私はそれに後押しされるように溜まりに溜まっていた精液を彼女の奥深くに大量に放出しました。

喘いでいた彼女も精液が放出されると、

動きを止め、

それを受け止めるようにじっと目を閉じて動きを止めていました。

全ての放出を終えると彼女はぐったりと私の元へ倒れ込み、

全力疾走してきたかのようにはぁはぁと息を荒げて、

膝をガクガク痙攣させていました。

二人はそのまま眠ってしまいました。

1時間ほどして、

汗が冷えたのか目が覚めました。

しばらく私はこの少女を見つめながら余韻に浸っていました。

彼女はもう目が覚めていて、

起き上がろうとしましたが、

立ち上がれず私が抱え上げてあげると先ほど大量に放出した精液がとろりと彼女のワレメから溢れてきました。

私は生唾を飲み・・・彼女を抱き寄せ、

再び精液が溢れる彼女のワレメにチンポを押し当て、

貫きました。

私が2度目の射精を彼女の膣内に放出する頃には、

二人とも汗だくで彼女は失神して動けませんでした。

その後、

家につれて帰り、

シャワーを浴びた時に改めてその全身を明るいところで見て、

そのエロさに見とれてしまいました。

彼女のあそこは非常に形がよく、

きれいで本当に見るものを吸い寄せるような魅力があります。

もちろん他の部分もそうですが、

未成熟なのに、

成熟しているロリ独特のエロさとプロポーションがあります。

もちろん、

顔も含めてグラビアに出しても全くおかしくないかわいさです。

私達がシャワーを浴び終えるともう明るくなりかけていました。

その後、

ベッドで本格的なセックスをしました。

唇がふやけるまで股間を吸い、

舌の感覚がなくなるまで全身を嘗め回しました。

そして、

その日3回目の精液を彼女の膣内に放出し、

そのまま重なり合うように二人とも眠りにつきました。

夕方、

彼女を家に送り、

連絡先を交換しました。

今朝も学校に行く前に、

私の家で1回やっていきました。

これほどの肉体に出会える事はもうないでしょう。

携帯忘れてよかったです。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング




PAGE TOP