私の母は変態なんです。

お母さんが変態だと気づき出したのは、
小学生に入学する頃だったと思います。

変態っていっても色々あると思うんですが、
私の母は露出狂なんです。

私が小学生の頃、当時の母は30歳前後でした。

今では若妻など言われるぐらいの年齢の母が、
やたらと窓際で全裸になったり、
着替えをしたりするんです。

住んでいた家の構造的に外から丸見えのはずで、
当然ながら大人の母も自分の下着姿やおっぱいが
見られている事に木津ているはずです。

それもわざわざ家の前のとおりを
男性が歩いている時に、洋服を脱ぎ出すんです。

ある時、家の前の道路の拡張工事か整備をしてた時なんか、
ブラジャー姿で窓際をうろついているんです。

外から丸見えなのに。

小学生だった私にも、そんな母の異常な性癖を
感じていました。

今、母は何か悪い、Hな事をしているって。

だから父にも誰にも話さないでいました。

その上、色目を使ったりもしていたんです。

習字の禿げた老人のエロい先生がいて、
エロい新聞なんかをよく教室に持ってきたりしていましたが、
近所なのに、わざと迎えにきて、わざとノーブラで乳首が
クッキリ分かるチクポチする服を着て、
ギラギラする先生の目を楽しんでいました。

少し離れたところに温泉があり、
その先生はよく行かれ、うちの家族も行くのですが、
仕切りの岩場から先生らしき禿げた男性が
覗いている事がありましたが、
わざと先生や、覗いてる男性がわかる時は、
湯船から出て身体を見せつける様に洗っておりました。

また、弟を公園に連れていき、
近所の老人や、浮浪者の前でおっぱいを与えておりました。

浮浪者などは、ジロジロおっぱいを見ては、
オナニーしておりました。

私はそっと母の後を付いていき、
身体が熱くなり興奮してしまいました。

うちは田舎で風呂場に脱衣所がなく、
親戚がいる時など、バスタオルを持っていけば良いのに、
親戚の男性陣に注目されたいのか、
わざわ私に、

「バスタオル持ってきて」

とリビングから丸見えのところで全裸で叫んだり、
親戚の叔父などは全員母親の全裸を見たのだと思います。

窓辺の着替えも、おっぱいをぶらぶらわざとさせ、
人夫に見せつけていました。

でも幸いながら、こんな淫乱で痴女な母ですが
レイプ、強姦されたという事はなかったと思います。

しかし、この母に育てられたおかげで、
息子の私は、痴女とかスケベ女というものが大嫌いで、
清楚な貞淑な女性しか恋愛対象になりません。

母にはもちろん感謝してますが、
幼い息子の前ではもう少し自制出来なかったのか?
と思い出す時がしばしばあります。

おすすめの記事