職場の仲良い人の彼女にフェラされた話【エッチ体験談】

僕がまだ結婚どころか今嫁と出会ってもいなかったから、7~8年くらい前の話です。

当時山崎さんという別の課の先輩と仲が良く、頻繁に飲みに行ってました。

きっかけは、新規開拓ルートがたまたま一緒で、出張先で頻繁にあって飲むうちにプライベートでも遊ぶようになりました。

山崎さんには、同じ職場内に美優さんという彼女がいました。

僕と山崎さん、美優さんと僕の彼女の4人で飲みに行ったり遊んだりしていました。

美優さんは美人で見た目は大人しそうなのに、よく喋る捉え所のない感じの人でした。

新規開拓もお互いがフォローしあったせいもあり、順調に行き始めていたある日、山崎さんから

「今日飲みに行こう」

と誘われました。

車で来ていたせいもあり、

「飲めないですよ」

という条件の元、僕と山崎さんと美優さんと三人で飲みに行きました。

当時すでに僕は彼女と別れていたので、この頃は三人で行ってました。

飲みも終わり、解散となりました。

それぞれの家の方向もあって、山崎さんと美優さんが何も無い時には僕が美優さんを送ります。

今日は何も無いみたいようだったので、

「お疲れさまです。今度は車じゃない時に誘って下さい」

と言って美優さんを乗せて帰りました。

帰っている途中、美優さんが、

「彼女と何で別れたのか?」

とか

「新しい彼女は作らないのか」

など色々と話掛けてきました。

それらの質問は何度か話した事なので、結構酔ってるなぁと思いながら話していると、会話は下ネタに…。

下ネタはエスカレートして、僕が素人の口で逝った事ないと話になりました。

すると美優さんは

「私チョ~上手いよ。歴代彼氏が一番って言うもん」

と言うので、

「じゃあ今度お願いします」

と軽い気持ちで答えると、美優さんは黙りました。

(流石に今のはシャレになってないか?)

と焦りますが運転中で表情が分かりません。

「いや、今のはすいま…」

と言い掛けた時、美優さんが運転中の僕の腰に覆い被さりました。

美優さんはファスナーを開け、僕のチンコを取出していきなり咥えました。

僕は驚きと、何より3ヶ月ぶりのオンナの感覚にやめてとは言えませんでした。

たださすがに運転はマズいし、そもそも集中出来ないので駐車場に車を停めました。

美優さん口は豪語するだけあって凄いかったです。

カリの頭と輪郭部分を舌を回転させて舐めたかと思うと、スボーっと奥まで咥え込みます。

次は亀頭の先をチロチロさせたかと思うとまたスボーッ、裏筋を舐めて、またスボーって来るかと思ったら来なかった時には

「あぁぁ」

と情けない声を出してしまいました。

ただ、体を触ろうとするとバシッと叩かれたので止めました。

ついに逝きそうになり、美優さんに

「逝きそうです」

と伝えると、高速ピストンを始め、あっという間に美優さんの口に放出していました。

美優さんは放出後も吸い続け、僕はまた

「あぁぁぁ」

と情けない声を出してしまいました。

息も絶え絶えに

「美優さん、ティッシュは後ろの座席にあります」

と言うと美優さんは取って口を拭きました。

口しか拭いてない様子だったので、美優さんに

「出したのは?」

と聞くと、

「飲んだよ。甘いけど糖尿?」

とあっさり答えていました。

それからは何もなく、彼女を家まで送ったのですが、しばらくして山崎さんへの罪悪感がヒシヒシと沸いてきて、車内は無言でした。

美優さんの家に着き、美優さんに

「お疲れさまでした」

と、あれ以来初めて口を開くと

「どういう意味でよ?」

と返されたので笑いました。

美優さんは別れ際に

「いつも送ってくれるお礼、最初で最後、アイツ(山崎さん)には内緒」

と釘を刺されましたが、内心言えるわけないだろと思ってました。

その後は、送っても言葉通り同じ事は起きませんでしたし、山崎さんへの罪悪感が半端なかったので、その気も起きませんでした。

僕はその後、嫁と会い二年後結婚。

その頃山崎さん達は別れてしまい、美優さんとは疎遠になり、式には山崎さんだけ呼びました。

以上です。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング




PAGE TOP