【H体験】薄い陰毛のあたりに大量に発射ですwww

今年の2月ごろ、引越ししたのですが、

引越しして4日ぐらいたって初めて、

会社の同僚と飲みにいった帰りのお話しです。

飲酒運転なんですが、車で帰っていると、

あからさまに酔っている女性が、フラフラと歩いています。

時間は夜の11時ぐらいだったでしょうか??

一旦は通りすぎたのですが、

どうにもこうにも気になって、ユーターンです。

ちょっと見失ったのですが、しばらくして、

道路の脇に座り込んでる彼女を発見!!!

真冬ですから、夜は冷えます。
さすがにこのままではまずいと思い、声をかけます。

最初は

「なんでもない~~~」

「ほっといてよ~~」

と相手にされませんでしたが、

こんなトコで寝ると風邪ひくよ。

と一緒に座ってしゃべっていると、

徐々にまともにしゃべってくれるようになりました。

といっても相当な酔っ払いです。

笑ったり、叫んだりで大変です。

彼女もさむいのか震えているので、

とりあえず送るから車になりなよといって、

抱きかかえずるずるひきずるように助手席にのせます。

走り出すと彼女はマドを全開にしまマド顔をのせながら、

ぼ~~としています。

家どこなの??ときくと

「わすれちゃった~~~」

「つ~~かあなただれですか~~」

「まっいいや~~~」

といいます。

「じゃあ俺んちいっちゃうぞ!!」

というと、返事なし・・・・

でも家をおしえないので、

アパートにつれてかえります。

アパートの1階なんで、つくと、そのころにはさらに酔いがまわったのか、

無口になり、眠そうです。

またひきずるように鍵をあけ、中にはいり、暖房をつけます。

ベットに放り投げると、スヤスヤです・・・

私は風呂をため、風呂にはいってでてきます。

すると、苦しかったのか??ベージュのズボンを脱いで、

下半身ストッキング姿です。

パンツは黒です。

そんな悩ましい姿で寝ているのです。

でも、コートとセーターはきたままです。

私は風呂上りのバスタオル一枚の姿で呆然・・・

タバコを吸いながら悩みます。

寝返りをうって、

うつぶせになっている彼女の豊かなお尻をみていたら

どうにもこうにもならず、

ベットの横に添い寝します。

腕マクラ状態にして、腰に手をまわし、上に手をのばします。

ブラのホックははずしたのか、はずれています。

コートでわかりませんでしたが、すごい豊満な胸です。

これで理性がトンでしまい、セーターをめくり、

胸に顔をうずめて吸い付きます。

乳首を夢中ですいはじめると息が荒くなり、

手を私の頭をかかえるように、髪の毛をぐちゃぐちゃにしてきます。

乳首を手でコリコリしながら、キスをすると、

舌を必死に絡めてきてくれます。

真っ白な肌に、豊かな胸・・

胸をにぎりつぶすように乳首を吸いまくります。

真っ白な肌なんで乳首もピンクです。

彼女も喘ぎ声をもらし、

つやっぽく感じてくれます。

ストッキングの上から最初手まんをしながら、

自分の乳首に手をもっていくと、

コリコリ触ってくれます。

手マンをするといっそう激しく声をだしてあえぎます。

彼女をひっくり返し、うつぶせで、強引に腰をもちあげて尻だけをひきあげます。

ストッキングをひざまでおろし、パンツをはかせたまま、

お尻に顔をうずめます。

パンツの上からアソコを人差し指でいじると、

もう濡れているのかくちょくちょ音がします。

黒のひらひらつきのパンツをあそこの部分だけずらし、

指を2本つっこみます。

Gスポットをグリグリ2本の指で交互に刺激します。

同時に奥までいれて奥をコリコリGスポットを刺激しながら

親指でクリもしげきです。

彼女はかなりの喘ぎ声です。

顔を横にむけた状態で、布団にへばりついてあえぎます。

まんこの中からぴちゃぴちゃとすごい量の液がでてきます。

濡れやすいのか、潮ふきもまじり、パンツをぬらしながら液がながれてきます。

指でその液をかきだすように、奥から手前に手マンを続けます。

しばらくして、彼女が激しくあえぎ、腰をうかせるようにして頂点に達します・・・

彼女をうつぶせにし、腰の下にマクラをいれ、腰だけ浮かせさせ寝バックです。

パンツをひざまでおろし、尻をひろげながら、挿入です。

いい眺めでした。

お尻から腰のライン、背中のラインがたまりません。

ゆっくり腰をふりながら、コートをぬがし、ピストンです。

彼女はいい声で鳴きます。

あそこの中は並ですが、小さめのつくりなので、結構しまりもいいです。

スカートとパンツのおかげで足を開けないので、

片足だけパンツとストッキングをぬき、

足をひらかせて、寝バックです。

奥をコリコリすると体も声もあわせて反応します。

正常位にもどし、セーターをめくり、足をひじでささえるように回し、

彼女の両手をににぎりながら激しくピストンします。

私もあまりの興奮ですぐにいきそうになり、

ゆれる胸をながめながらいっきにピストンです。

そのまま、薄い陰毛のあたりに大量に発射です。

2人とも暖房のせいもあるのか、汗だくです。

精子をふきながら、また指をいれたりいじると、まだまだいけそうです。

10分ぐらいいじったりしながら、遊んでいるとちんぽも復活気味なんで、

今度は服を全部ぬがし、フェラもさせます。

騎乗位で腰をふらせ、ただ半分まだよっているので、フラフラ・・です。

朝まであと2回3発やりました。

寝たのは朝の5時まえです。

7時すぐにはシャワーをあびて出勤です。

彼女はおきないので手紙をのこし、鍵をポストにいれておくようにして、出かけます。

一応携帯の番号も書いておきます。

夕方家に帰ると、ベットはきれいになっていて、

整理整頓された感じで俺の手紙の下に、迷惑かけました。

と女らしい字でかいてあります。

といっても、名前も年も不明です。

その後3週間ぐらいたって、町内のあつまりや引越しの挨拶などで、

近所の個人商店の娘であることが判明!

彼女も絶対わかっていると思うのですが、

今現在まだ何事もありません。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング




PAGE TOP