私が女子校生の時のセフレと偶然街中で再会しました。

そのセックスフレンドは、
当時の彼氏の友達。

彼氏が巨根で何度チャレンジしても上手く挿入できないのを、
カレシがセフに相談。

セフの口車に乗せられ、
体を委ねることになった。

挿入は無かったが、回数を重ね、
指や舌でイクことを教えてくれた。

セフの技術だと何度も上り詰められたのに、

結局カレとシのHは奥まで1回挿入したきりで、
全然良くなくてウンザリだった。

いまだに、服の上からの前戯が好きだったり、
言葉責めに興奮したり、
お尻をピシッとされるのが好きなのはセフのせい。

キスしながら乳首つままれただけでイッたこともあった。

セフには10歳上の彼女がいたし、
カレシに悪いから、とフェラと挿入はなかった。

当時からよくわからない考え方だと思っていたが、
実はこのセフレからバイセクシャルだと告白された。

その当時チビでポチャってた私の体では
性的興奮を感じなかったが
、いい愛玩具だと思ってたんだよ、と言われた。

私が高2で、カレシ、セフレとも高3だった。

2人が卒業と同時に遠方に進学して、
自然消滅でしたね。

セフは初体験が小5で、
その相手がずっと継続して10歳上の彼女として存在。

セフは彼女の友達ともHするのもフツ-、
彼女と彼女の男友達とセフで3Pも有りという、
なんだかグチャグチャ乱れてるエッチな経験をしてる人だった。

セフは華奢で、妙に色っぽい男で、
同年代には気味悪がられたりしてましたね。

カレシの先っぽすら激痛で、H嫌いになりそうだったのを、
初回指先だけでクリイキさせてくれた。

場所はセフの家
体を委ねる決心はしたけど、セフに裸を見られたくないと言ったら
「かまわないよw」と笑って、上半身は制服の上から愛撫、
下半身はパンツだけ脱がされた。

「スカート汚すといけないからお尻の下にバスタオル敷いといて」

と言われて、意味がわからなかったけど、
アソコから大量におまんこ汁が出るってその時初めて知った。

性的にはいいように遊ばれてましたよw

ただ普段の立場は先輩・後輩という関係にもかかわらず、
なんとなく私のほうが強かったですね。

セフは精神的にも金銭面でも余裕のあるタイプでしたから
「ハイハイ我が儘な後輩ちゃんだね」て接し方でしたね。
十数年ぶりに再会しましたが、
いたって普通に社交辞令をかわしました。

お互い既婚ですし、一回だけの関係にして、
今後道を踏み外さないのが最善でしょうね。

セフとは高校卒業後それっきりで、
地元の友達経由で数年前から家業を継いでるよ~
結婚したってさ~とか噂を聞いた程度。

彼氏のほうは、別れて数年後にいきなり執着された時期があった。

私は結局、二股自体はバレることなかったんです。

セフが私を開発しようとした一番の理由は

「カレ男が挿入できないなんて可哀想」という思考だったようで。
なかなか理解しがたいメンタリティの人です。

セフから性的に弄ばれてたのは、
人前でいつも強気の私を自分のテクニックでヒィヒィ泣かすのが愉しかったと。

言葉責めや懇願させられたり、
恥ずかしい言葉を言わされたり、です。

その後、カレシを無事受け入れることはできたのですが、
硬いし太いし荒々しいしで、気持ち良いには程遠いものでした。

カレシからの粘着を受けたのは、
自然消滅からだいぶたった大学3年のときでした。

大学の近くで一人暮らしをしていた私のところに、
元カレシから電話がありました。

番号は誰かに聞いたんでしょうね。

「一緒に遊びに行きたい。
私ちゃんの部屋に遊びに行きたい。」と
何度も言われたけれど、新しい彼氏がいるので、
それを理由に断りました。

すると

「アハハ!自意識過剰なんじゃない?そんなんじゃないし。
部屋に入れたくないのは分かった。
じゃあ俺のバイクでちょっと出掛けよう。」

と誘われた。

車じゃなくてバイクなんで、少しはマシかなと考えて了承。

当時、私が住んでいた街の近くに海辺の観光スポットがあり、
そこに行ってみたいんだと提案されました。

結果、観光スポットより手前の山の山頂近くのラブホテルに、
あっさり連れ込まれました。

部屋の入口と駐車場が隣接してるタイプのホテルで、
部屋に入る前にかなり拒否したんですが、
お決まりの「部屋で話したいだけだし、嫌ならここでサヨナラする?」と言われ、
渋々入室。

部屋に入ったらベッドに押し倒された。

かなり暴れてみたけど、馬乗りになられ、
顔面を殴るフリをされ、諦めた。

避妊をすることと、跡が残るような事はしないでとお願いし、
後は為すがまま。

まさか元彼にレイプされるなんて・・・

元彼の行為は相変わらずただ荒々しくて、
あっという間にゴムの中に果てた。

「俺、今日は超早漏!全然ダメだったよね?」と言い訳されるが、
聞き流して身支度をしようと体を起こし動きだしたら、
また押し倒され馬乗りになる。

「これだけ!お願い!」と紐のようなもので腕を縛られる。

ベルトだったかかもしれない。

「本当はもっときつく縛りたいけど俺我慢するから、
私ちゃんも動くの我慢してよ」と緩やかに脅迫される。

明るいなかで両脚をガバッと開かされ、
ゴムを着けた元カレシが半ばまで入ってくる。

アソコを凝視しながら、
半ばから浅い部分を何度もしつこくピストンされる。

情けないことにじわじわ濡れてきて、滑りが良くなってきた。

決して気持ち良い訳ではなく、
動作に対する反応として濡れてきた感じ。

情けなくて顔を背け涙を堪えた。

いきなり元カレシが私のクリを指先でギューとつまみ、
男の人をしごく感じで前後に動かした。

私は刺激が強すぎ、
快感より痛く感じてしまいギャーと悲鳴のような声をあげた。

慌て脚を閉じ腿がピクピク痙攣しました。

それを見てニヤニヤする元カレシ。

レイプされ、悔しくて、涙がでる。

再び脚をガバッと広げられた。

また同じように半ばまで挿入された。

そして今度はクリにピンクローターを押し付けてきた。

ホテルの備品?販売品?を買ったぽい。

内側から先っぽで、外側からローターで、
クリを挟み込むように刺激され、あっという間にイッた。

元カレシは痙攣している私を見下ろしながら高笑い。

「こんな淫乱だったけ?
イクときはイキますって言わなくちゃ!何度でもイッてもらうからね!」と。

ピンクローターをクリにぐいぐいあてられ、
体がびくびくして言うこときかない。

ローターで何回かイカされ、最後はまた深く荒々しくピストンされた。

それから2ヵ月位は自分を責めて精神的におかしくなった。

徐々に回復したけどね。

元カレシは、新しい彼氏に対して嫉妬していたようです。

それ以後は勿論、会うのも拒否しました。

元セフさんとは、先週仕事の関係で再会。

元セフは伝統工芸を継いで、関連協会に所属。

夏の企画の一部で工芸品の展示販売ができないか、
高価な工芸品だが、管理は?保険は?数量は?みたいな話を、
私の上司と、元セフの先輩がとても熱く真面目に話し合っていた。

ふと元セフの手元に目がいく。

私、あの頃あの指に何回もイカされたんだよな…と頭をよぎる。

元セフと目が合う。

お互いに目の奥でニヤつく感じ。

表面上は「継ぐつもりなかったのにさ~なんかカッコ悪くない?俺?」

「いやーセフ先輩偉いですよ!」と学生時代の先輩後輩を装おってる。

一番エロい瞬間w

そして、仕事の後二人にっきりなると
年頃の人間の行く場所は限られてたw

近くの公園で少し喋って、私から強めに誘ってホテルへ。

1年くらいセフレ関係だったのに、カレシに遠慮?して
セフは挿入してなかったから、
1回くらいヤリたかったなと、内心思ってたから。
ホテルに2人で入るのも初めて。

(それまでは大体セフの家かカラオケボックスだった)

初めて2人でお風呂に入った。

ベッドに行って、セフから
『実は挿入しなかった本当の理由は、生まれつきED気味だから』と告白される。

『たたなかったらゴメン!原因は俺自身だから!』と。

朝勃ちの経験もなく、カノとのHもかなり苦労してたと。

2人とも全裸という状態も初めてw

「なんか、やっとウエスト括れてきたねw」とか言われた。

せっかくだからとクンニも丁寧。

お尻の穴も舐められ、腰が抜けそうだった。

こっちからは初フェラ。

チソチソは細長いタイプ。

できるだけ丁寧に根元から先まで舐めあげたり、
袋や袋の後ろに刺激して、なんとか硬くなってきた。

『細くてゴメ-ンw』と言いながら掻き回すみたいにグリグリやられる。

くすぐったくて気持ち良い感じから、
ジワジワ上り詰めてって、アレ?アレ?と思ってたら、
頭の中真っ白になって、初の中イキ。

イッてからも掻き回され、たしかもう1回イッた。

アソコからビチャビチャ水漏れみたいな音がした。

ヘロヘロになってると四つん這いになってと言われ、バックから挿入。

手を前にまわされ、指をクリに添えながらピストンされた。

中が良かったのか、クリが良かったのか、分からない感じでイッた。

やっぱりセフの前戯は上手だった。

結局何回もセフには前戯で絶頂させられたけど、
挿入してHしたのはこの一回だけ。

おすすめの記事