【H体験談】エロ本やエッチな体験談を読んでは新たな体位でオナニーwww

京子といいます。

私のオナニーは異常でしょうか?

初めてオナニーをしたのは

○6くらいで、初潮を迎えたのは5年

だったと思います。

女の子はオマセさんなので、

性に対して興味がわく年齢だったのでしょう。

ちょうど6年生の夏ごろだったと思います。

私には2コ年上の姉がいるのですが、

姉に洋服を借りようと勝手に部屋に入りました。

クローゼットのタンスを開けると、

欲に言うエロ本があって、

数ページめくってみると男女のセックスの写真がいっぱい載っていたんです。

その時妙に体が熱くなりました。

エロ本に載っていた裸の女性がアソコに手をあてて、

触っていたんです。

モザイクがかかってましたが、

どこを触っているのかくらいは女なのでわかります。

でもこんなことして気持ちいいのかな、と思ったのですが、

家には誰もいなかったので、自分の部屋に戻ってカーテンを閉め、

ジャージを下げて、下半身全裸になって、

アソコを触っているとなんかだんだんと濡れてきて、

クリトリスが硬くなってきて、撫でると気持ちいいんです。

そして思わず声が出ちゃって、

でもその時はアソコを触るくらいで終わったんですが、

翌日学校に行って仲のいい友達にそのことを聞いてみると

それはオナニーと言って、女性のアソコはクリトリスのところよ。

と教えてくれたんです。

でも友達にオナニーしたことがばれて、いやらしいと言われて、

恥ずかしい思いをしたのですが、帰ってこっそりとエロ本を見て、

もう一度女性のいろいろなことを見てみたんですが、そしたら、

また体が熱くなっちゃって、クリトリスを触りながら、オナニーをしたんです。

頭はボーっとなって、真っ白になっていくのがわかりました。

それ以上の知識がなくて、でもそれだけでした。

それからは私の性の勉強が始まりました。

ちょうど友達の両親が古本屋をやっていて、

オナニー大全集という本を持ってきてくれて、

中を見ると、きれいなお姉さんやOLや看護婦、

女子○生などいろいろな女性がいやらしいかっこをして、

アソコを触ったり、おっぱいを揉んだりしてるんです。

その時、男の人のマスターベーションを覚えたんです。

男の人はペニスをシコシコしながら女の人の裸を見て、

射精するんだ、と。

それがものすごく気持ちよくて、快感を感じるらしいんです。

そして女性もすごく快感を感じることができることや

さまざまなエッチな体験談が載っていて、

気がつくと朝方まで熱心に読んでいて、

でもその時はオナニーはしませんでした。

だから授業中も若い先生の股間に目が行き、

ちょうど教育実習で若い先生もいたのですが、たぶん夜に私と同じように、

オナニーするんだろうな~、とずっと思っていました。

そのオナニーが本格的に気持ちいいと感じてきたのは、

○学生のなってからで、帰ってきてすぐにセーラー服のままで、

スカートをまくりあげ、パンティを脱いで、両足を開いて、

クリトリスをやさしく触りながら、指を膣の中に入れたり出したりすると

これまでにない快感が体中を駆け巡ったんです。

ちょうど電気が体を走り回る感じです。

オナニーってこんなに気持ちいいものなのかと感じ、

たまにお姉ちゃんの部屋から夜中に変な声が聞こえてくるんです。

たぶんオナニーをしていたのでしょう。

ようやくなぞが解明された感じでした。

○学生になると男子生徒の誰が好きとか、つき合うとか、

女生徒はいろいろな話をするようになります。

そして当然、キスをしたとか、男性のペニスのこととかを気になりだし、

女の子の中にはオナニーのことを話す子もいて、

私も友達が話していることがよくわかり、

どこが気持ちいいのかとか、いろいろなことを聞いたのですが、

私は自分がオナニーをしていることは言わず、

真面目な生徒という感じでいましたが、

今思うと、だいぶ年齢がいって思うことですが、

真面目な女性ほどいやらしいことや激しいオナニーをしているのだと思います。

私のオナニーはだんだんと過激さを増していき、

エロ本やエッチな体験談を読んでは、

新たな体位でオナニーをするようになったんですが、

最初にした体位は、四つん這いになって、お尻を突き上げ、

手をおまんこに持っていき、後ろから攻められてることを想像して、

指を少し膣の中に入れて、かる~くクリクリとやってみたんですが、

愛液がたくさん出てきて、心臓はドキドキして、

エロ本のとおりにやっていると、

おまんこがヌルヌルになって収拾がつかない状態になってしまったんです。

愛液を指にいっぱい濡らし、クリトリスを思いっきりクリクリしたり、

つまんだりすると、快感の度合いがどんどんと増していくんです。

そして自然と目を閉じ、今度は仰向けになっておっぱいを揉みながら、

乳首もクリクリすると、クリトリスと乳首の同時刺激で、

頭が真っ白になって、体中に電流が走り、

天にのぼっていく感じで、突然、ツ~ンと衝撃が走ったんです。

おそらくこの快感が絶頂を迎えることだと、その後わかりました。

体は振るえ、快感がどんどんと強くなり、

止めようにも指がクリトリスから離れず、体が宙に浮いた感じなんです。

この時以来、私のオナニーは週に2回くらいから毎日に変わっていきました。

おサルさんみたいに毎日のようにオナニーをして

いやらしい観桜小説やエロ雑誌をもらってきては、オナニーに浸っていました。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング




PAGE TOP