三歳年下の妹がいて、俺が中学二年生の時、
妹は小学5年生の時に、妹のHな姿を見てしまった。

あれは、俺が自分の部屋で
漫画を読んでいる時だった。

隣りの部屋が妹の部屋んだけど、

「うっあぁ~」

などの叫び声が聞こえた

「なんだろう?」

と思い耳を良く澄ますとどう見ても妹の声だった

「あぁっダメぇ~

なども聞こえ「もしかして」とも
思い妹の部屋にこっそり近づいた

中を覗くと妹は全裸で
自分の胸やまんこを弄りまくっていた

俺はそれに目を奪われじっ~と見ていた

妹は俺が覗いているのを気づかずに
オナニーに耽っている

俺は我慢できずトイレに行きぬいて
戻るとまだやっていた

俺は自分の部屋から携帯を取って、
妹の部屋に行き妹の自慰エロ写真を
2,3枚撮ってからムービーで撮影し始めた
妹は声を荒げ叫んでいるのでよく聞こえていた

「どこで教わったのか?」

と疑問もありましたが、
そんなことを気にしてる暇はありませんでした

妹は俺に見られてるとも知らず
30分ぐらいはやっていたと思います

「あぁ~~」

どうやらイッた

「ようやく終わったか」

「さてと」

妹がそういうと机から
バイブやローター、ディルドが出てきた

小学生なのに、
何て早熟な妹なんだ・・・

どこでその大人のおもちゃを手に入れたんだ。

俺は急いで撮影を止め保存をして妹の部屋に入った

「お、お兄ちゃん見てた?」

「おう お前何してるねん?」

「いつからしてるんや?」

妹に問いただした

「1年前からくらい」

「父さんと母さんは知ってるのか?」

妹は首を横に振った

俺は撮った物を見せた

妹は口を手で押さえ

「うそ~」



半泣きになった

「だまっとく代わりに俺に前でオナニー見せて」

「本当に言わない? 撮ったの消してね」

「任せろ」

というと妹はベッドに横に膝を立てて座った

妹のマンコ丸見えになった

JSの妹はバイブを手に取ると
慣れた手つきでマンコに当てた

俺はその姿を見て、
妹のアナルにディルドを入れた

「お兄ちゃんまだ入れたことないのに」

「初体験でいいじゃないか」

「もうお兄ちゃんのバカ」

「そうだフエラして貰おうかな」

「え~~嫌だよ」

「あの写真や動画K君に見せるよ」

「それは嫌」

「じゃあして」

妹はゆっくり頷いた

K君と言うのは妹が好きなクラスの男の子で
俺も見たことあるがかなりのイケメンだった

俺はズボンとパンツを脱いだ

「さぁ咥えて」

妹はゆっくりと俺のアソコを咥えた

「バイブは当てたままな」

妹は意外と舌で舐めてきたり
思いっきり吸ったりと積極的だった

俺はフエラさせながら
ローターを妹の乳首に当てた

妹は一回イッたのにまたイッた

「俺もイクな」

「駄目~」

「口なら平気だよ」

俺は妹の口に口内射精をした

一息つき時計を見ると5時を回っていた

「も~お兄ちゃんのエッチ妹にするなんて」

「お前がオナニーしてたからだろ」

「わかったから消してよ」

「もうひとつお風呂の時間まで
アソコにローターを入れておけ」

「ばれたらどうするの?」

「お前が反応しなかったいけるから 
それとも撮ったのは見せてもいいの?」

「わかった」

妹はお風呂まで入れたのを
確認し終わった

それでも俺はいまも大切に
妹のオナニー動画像を保管して
最高のオカズになっている。

おすすめの記事