マゾな私の乳首虐めオナニー【エッチ体験談】 | H体験談~エロばなまとめ

マゾな私の乳首虐めオナニー【エッチ体験談】

はじめまして。
乳首虐めが止まらない32歳のOLです。

ずっと乳首虐めをしているので、私のマゾ乳首はいつもいやらしく勃起したまま・・・。
ブラはカップのしっかり入った物でないとセーターの上からでも乳首が勃起しているのがわかっちゃいます。

予定の無い日曜日は一日縄を掛けたまま裸で過ごすのが私の秘密の楽しみなんです♪

[adrotate group=”1″]

休日の変態オナニーに用意しているのは洗濯ばさみ、紐を結んだ手芸用のクリップ、ローター、バイブ、アナルプラグ、ろうそく、プラスチックシリンジ、etc・・・。

まず、胸に縄をかけておっぱいを絞り出します。
そうすると興奮も相まって私のマゾ乳首はますますいやらしく硬くそそり立ってきます。
両方の乳首を手の平でゆっくり転がすように愛撫するとじゅん!ってアソコが熱くなりお汁が溢れてきます。
そうしてしばらく自分で乳首を舐めたり吸ったりしながら序々に乳首いじめに入ってゆきます。

洗濯ばさみは100均で売っている木製のが気持ちいいんです。
洗濯ばさみで乳首の根本を“きゅ!”って挟んだら、乳首の余った部分に紐を付けた手芸用クリップをぶら下げます。

「あぁ・・・乳首とれちゃう・・。気持ちいい・・・」

鏡に映る私のマゾ乳首はクリップの重みに、無様に下を向いて耐えています。
痛くて気持ち良くって、アソコがきゅぅんって反応して、いやらしいお汁はどんどん太ももに流れてきます。

次に浣腸をします。
乳首にクリップをつけたままバスルームに行き、クリップの紐をタオル掛けに結びます。
紐は、しゃがむと乳首が上を向く長さに調節してあります。
乳首をタオル掛けに引っ張られ、痛みで思う様に身動きのとれない躰でプラスチックシリンジを使いアナルに温湯注入、排泄を繰り返します。
最後にカフェコロンを注入し、アナルプラグで栓をします。
(お腹もきれいになって一石二鳥♪)

アナルプラグはMサイズなのでなかなか入りません。
タオル掛けに結ばれた紐をほどいて腹這いになり、お尻を突き上げた格好でローションをたっぷり塗ってぐっとアナルにねじ込みます。
肛門を押し広げて入ってくるプラグの圧迫感に思わず「かはぁ!」って声が出てしまいます。

部屋に戻ったらプラグを入れたまま乳首イジメを再開します。
洗濯ばさみとクリップを外すと刺激と痛みで敏感になった乳首に、低温ろうそくをジワジワと乳首が見えなくなるまで垂らします。

乳首とアソコが直結してるみたい。

乳首を中心に広がってゆく刺すような熱さにアナルプラグがビクビク反応します。
プラグで栓をされたお腹はどんどん苦しくなってゆきます。

「あぁ・・もう、我慢できない・・」
「苦しいよぉ」
「乳首気持ちいい、もっといじめて・・」
「乳首いい!!おしり気持ちいい!!」

ろうそくをはぎ取ってバスルームに駆け込み片手で乳首を転がしながらプラグをゆっくり焦らすように抜きます。
両方の乳首に洗濯ばさみを挟むと同時にアナルからカフェコロンが吹き出し1回目をイってしまいます。

この頃には私のマゾ乳首は赤く熱を持って“つきん、つきん”と脈をうっているようです。
クールダウンにシーブリーズをパッティングして乳首を冷やしたら、アナルとおまんこでオナニー開始です。

長くなっちゃったのでこの続きはまた次にレポしますね。
私ってすごいヘンタイですよね~^^


ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング