【セックス体験】おちんちんを舐めながらおマンコを自分で弄ってました

去年の秋に参加したコスプレイベントで、

カメラマンに一対一の撮影会をさせてもらえないかと言われました。

撮影会の申し出が来るなんて、

私のコスプレクオリティも高くなったもんだなと

快くOKしました。

スタジオを借りるとの事で、

どんな場所なのかと楽しみに待ち合わせに着くと、

カメラマンに

「ちょっと場所変更になった」

と言われました。

「どこに変更ですか」

と聞くと、

「未成年でも入れるラブホテルなんだけど…」

と予想外の言葉に戸惑いました。

「ラブホで撮影って結構ある事だから心配しないで」

などと宥められ、不安に思いつつもホテルに向かいました。

ホテルに着いてすぐ着替えを始めたのですが、

カメラマンが着替えも撮りたいと言い始めました。

着替えくらいならいいかなと承諾し、

撮られながら衣装に着替えました。

その時の衣装が白いスクール水着に縞々のニーハイだったので、

全部脱いでからじゃないと衣装が着られないんです。

ニーハイを先に履き、

胸とおマンコを隠しながらスク水を着ようとすると、

「その格好で1回撮ろうか」

と言われたので、恥ずかしかったのですが

おじさんの目の前で着替えをして

撮られている異様な状況に興奮していたのもあり、

OKしました。

最初は手ブラなどで撮影をしていたのに、

段々要求がエスカレートしてきて、

後ろに手をついて脚を広げたり、

カメラマンにお尻を向けて四つん這いになったり

恥ずかしいポーズをとらされました。

そのうちカメラマンが、

「これはカメラマンお触りOKですか?」

と聞いてきて、触ってほしくて堪らなかったので、

触ってくださいとお願いしました。

脚を自分で広げさせられ、おマンコを開くように言われました。

その通りにすると、おマンコの前に顔を持ってきて

「凄く濡れてる、やっぱりエッチな子だったんだね」

と言われ、指を入れられました。

ビショビショだったので1本じゃ物足りなくて、

もっといっぱい入れてくださいってお願いしちゃいました。

指が2本3本と増え、声も出し始めた頃

手マンする指が止まり抜かれてしまいました。

何で?と見るとおマンコにぬめっとした感触が・・・

満遍なくおマンコを舐められて、

クリを舌で転がされて声が我慢出来なくなりました。

そこでカメラマンが、

「君だけズルいからね」

と言って、目の前に固く大きくなったおちんちんを出しました。

私は何も言わずフェラを始め、

おちんちんを舐めながらおマンコを自分で弄ってました。

「もう入れてほしいんじゃないの?」

と核心を突かれ、正上位で挿入されました。

グチョグチョに濡れたおマンコに、

カメラマンのおちんちんがすんなり入っていやらしく絡みつきました。

その後、騎乗位に変わり私が上に乗って

自分が気持ちいいように腰を振りました。

その姿が凄くいやらしいと、

カメラマンはカメラで動画を撮り始めました。

もしかしたら悪用されたりするかもしれないけど、

そんなの気にならないくらい気持ちよくて、

恥ずかしい声をあげながらカメラ目線で腰を振り続けました。

キスだけは嫌だと思っていたのに、

おマンコの奥を突かれながらキスをされて、

もうどうでもよくなりました。

騎乗位でおちんちんが奥にガンガン当たって凄く気持ちよくて、

カメラマンの手を握り締めながら

「あっいや・・・んん、いくっあっいくっ、いっちゃうぅ・・・」

と声を上げながらいってしまいました。

それから撮影会をする度にセックスをしましたが、

生で挿入されてから怖くなって連絡を取っていません。

ブログランキングに参戦中!上位を目指しているのでぽちっと応援お願いします!(^^)!


官能小説ランキング




PAGE TOP