OLの雅子です。もう3ヶ月ほど前の事なのですが、会社の中で仲の良い人達男性3人、女性4人で旅行に行きました。
食事も終わり部屋でお酒を飲みながらみんなでトランプをして遊んでいました。
最初は普通にやってましたが、途中で男の人達が何か賭けようと言いだしました。
女性はお金を賭けるのは嫌だというとじゃあビリの人が一枚ずつ脱ぐっていうのはどう?と提案がありました。
すると私以外の女の子は結構のりが良くて罰ゲームが決まってしまいました。
 
私はそんな罰ゲームはしたくなかったのですけど、一人だけ参加しないわけにもいかず嫌々参加しました。
その時は女の子はほとんど上はTシャツに下はスエットという姿で私もそうでしたから2回ビリになると結構恥ずかしい姿にされてしまいます。

なんだかものすごく盛り上がってしまい、しばらくすると女の子はほとんどブラジャーとパンティにされ男の人もパンツ一枚の人ばかりになりました。
そこで終わりにして欲しかったけれどゲームはさらに続けられ、一番乗りの良い子がビリになりブラを外してしまいました。
そして次に私がビリになってしまいました。

同僚の男の人達が見つめる中、ブラを外させられ私は恥ずかしさで一杯になって両腕で隠しながらもう終わりにしようよと言いましたがすっかり盛り上がり誰も同意してくれませんでした。

そして次のゲームでもビリになってしまいついに残っていたパンティを脱がなければならなくなりました。
私はこれだけは許してとみんなにお願いしました。
するとさすがにパンティを脱ぐのだけは許してあげるから別の罰ゲームをするということで話がつきました。

私はほっとしました。でもそれは一瞬でした。

もうかなり酔っていて盛り上がっていた上に半裸の男女が一部屋にいるのですからHな罰ゲームになるのも無理の無いのですけど、男の人達でじゃんけんをして勝った人のオチンチンをしゃぶることになったんです。しかも言い出したのは女の子の方なんです。

もちろん始めてって訳じゃないけどみんなが見ている前で恋人でもない同僚のをしゃぶるのも抵抗があたけど、勝った男の人が早速パンツを脱いでそそり立ったのを出したら女の子もきゃーきゃー言ってますます盛り上がり、早く早くとせかされ、ついに私は横たわって待っていたその人のものに口を近づけていきました。



それは真上を向いて立っているのではなく顔を横に向けなければなりませんでした。
私はその人の横に座り、両手で胸を隠しながらしゃぶり始めました。
最初は胸を手で隠しながら口だけでしてたけどなかなかいかないので、両手も添えてみんなに見られながらしました。

結構つらい体勢だしなかなかいかないので私は膝をついて右手を添えました。
すると彼は私のパンティに手を掛け脱がそうとし始めました。

私は慌てて左手でパンティを押さえました。
もう胸もみんなに見られてしまいましたがこの体勢のままパンティを脱がされるとお尻のアナまで見られてしまいますから必死でした。

パンティを脱がすのはあきらめたようでしたが、今度はパンティ越しに私のアソコを撫で始めました。
嫌々していたとはいえみんなの前でパンティ一枚になりこんな行為をしているのですからすでにアソコがぐっしょり濡れているのは自覚していました。
そこの形をなぞるように撫で回されたぶんパンティも濡れて透けてしまっているのではと思いました。
でも手を離すとパンティを脱がされてしまうので、もうされるがままでした。

私はこれ以上触れるとおかしくなってしまうと思い、彼の手が届かないように足の間に体を移しました。でもこれだとオチンチンは反対向きに起っているので今度は両手で支えてしゃぶりました。もう胸はあきらめていました。

すると田中さんも上半身を起こしてくれだいぶ楽になったのですが今度は彼は私の頭を押さえて自分で私の頭を振りはじめました。
もうそろそろいきそうなのかと私も一生懸命しゃぶりました。
でもこの体勢が良くなかったのです。ちょうどお尻を他の男の人に向けてしまっていたのです。

田中さんはついに私の口の中に射精しました。それでも頭を押さえつけたままなのでしかたなく口の中の液体を飲み干しました。
すると急に他の男の人がパンティをするっと脱がせ挿入してきたのです。
まだ頭を押さえつけられたままで抵抗する間もありませんでしたし、残った男性のうちどちらがかも判りませんでした。

女の子達のすごーい、すごーい。初めて見た。と言う声が聞こえました。
普段、会社にいるときの私からは自分でも想像できないような姿になり信じられない行為をしていたせいでしょうか、私も異常に興奮してしまい、押さえつけられて後ろから挿入されてしまうという×××同然の事態にさらに感じてしまいました。

私がああっ、ううっと喘ぎ声をあげ始めると押さえつけていた手は離されましたが私はそのまま受け入れていました。もういってしまう寸前だったんです。
そしてついにいかされてしまいました。

おすすめの記事