飛び出したDカップのおっぱいを揺らしながら腰を振っているw

飛び出したDカップのおっぱいを揺らしながら腰を振っているw

あれは僕が高3の夏休みのことだった。前夜、クラスの連中と居酒屋で
飲んで、家に帰るのも面倒なので、ダチの英男の家に泊まった。
昼前に目を覚ますと、英男はもう起きていて「俺これからバイトだけど、
夕方には戻るから、今日は家誰もいないし、まあマンガでもみててよ」
といって出かけていった。まだ眠かった俺は、また眠ってしまった。
すると1時間ほどたっただろうか、部屋のドアが開いた気がして、寝ぼけながら
目をあけると、制服のミニスカートから、すらっと伸びた足とルーズソックスが見えた。

「あれ克己さん来てたんだ」と声をかけられた。
英男の妹の真理江だった。

真理江は今高1で、隣町のバカ女子高校へいっているのは知っていたが、
会うのは2年ぶりぐらいだった。
すっかりギャルになっていた。

結局、二人でタバコを吸いながら、話をすることになった。学校のこと、
(今日も午前中はバカ補習で学校に呼び出されていたらしい。)や、友達
のこと、そのうちだんだんとHな話になってきた。

真理江は中2でナンパされた高校生と初体験の話から、彼氏とのHの話などだ。
すると、「ねえ克己さん、立ってない?」と真理江が言い出した。

僕はトランクスのままで寝ていたので、形がばれてしまったのだ。
そりゃそうだ、動くたびに制服の激ミニスカートからは、パンツが見えるんだから。

凄く美人というわけではないが、茶髪でフェロモンだしているギャル女子高生の
エロ体験談を目の前で聞いているのだから、高3の僕としては当然だ。

真理江はトランクスの上からおれのちんこをさすりだした。
さらに「ねえ克己さん、フェラしてあげようか?」といってくわえてきた。

うっ、うまい・・。高1の女子高生のテクとは思えないうまさに耐え切れず
1分ほどで発射。
「わーデター」とはしゃぐ真理江。

「今度は私も気持ちよくして。ていうかやろうよ!真理江たまってんだよね」
と僕に寄りかかってきた。

僕は後ろから首筋をなめながら、制服のブルーの半そでブラウスの上から胸をもんでみた。
「けっこうあるじゃん」と聞くと「だってDカップだもん。はやく乳首も舐めてよ」
と真理江。

ベットに寄りかかりながら、後ろからだっこした。
真理江の足をM字にひらき、パンツの上からおまんこをさわるとすでに湿っていた。

パンツの横から中指をしのばせるとクチュッという音がした。
そのままクリトリスや中をさわするたびに、真理江の「ハッ、ハッ」
というあえぎ声が大きくなっていった。

もうたまらなくなりヌチュ、ヌチュッと正常位で挿入。
遊んでるとはいえ、さすが16歳のおまんこはたまらない。ちんこ全体を締め付けてくる。

「今度は私が上になる」と真理江がいい、見ててといいながら、ちんこをつかみ、
制服のミニスカートのお尻を騎上位でしずめていった

その挿入感を楽しみたかったのだが、真理江の女子高生とは思えない腰使いに
もう爆発寸前の俺。

「ダメだよ真理江、もうイキそう」というと、真理江は、
「ダメ、もうちょっとで真理江もイキそうだからガマンして」
といって、奥の方にこすりつけるようなグラインドになってきた。

もうだめだ~と思いつつ必死でがまんしていたが、
目の前には茶髪のギャル系女子高生が制服のまま、ブラウスから
飛び出したDカップのおっぱいを揺らしながら腰を振っている。

もうガマンの限界と思ったそのとき、真理江が「イッ・・イッ・・イッチャウ~」
とかわいいあえぎ声をあげながらいってしまった。

と同時に高1の真理江のおまんこが凄い締め付けをしてきた。
僕もたまらず中で発射。ものすごい快感がはしった。今までにない快感だった。

その後真理江とはSFになり、お互い恋人はいるがやりたくなるとメールで
呼び出してやりまくっている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする