私の身体は男の人の熱いものを受け入れてしまったのです…

私の身体は男の人の熱いものを受け入れてしまったのです…

今日はうちの高校のコートで他校とテニス部の試合があり、勝利を収めてごきげん。
そしてもうひとつ、ずーっと憧れていた先輩が今日終わったら一緒に帰ろうかって大大ごきげんでした。
昨日思い切ってメールを送ると、「俺も君が前から気になっていて・・・」だって。
カンペキじゃないけど脈ありです。
長かった片思い暦に終止符を打てるかも・・・なのです。
私は副部長だったので、相手高校にお礼や次の練習試合の打ち合わせとかしていて、部室に帰ってきた時にはみんな先に帰った後でした。

普通は待っていてくれるのに、今日は先生が勝ったご褒美に晩ごはんご馳走してくれるからって、先に行っちゃったのでした。
まあ予約しているから仕方がないかって。

(それ以上に人目を気にせず先輩と帰れる・・・)
その思いが、わざと私をゆっくりさせたのも事実でした。

普通ならテニスのジャージやスコートの上から制服のスカートを履いて、後から中のジャージを脱ぐのですが、慌てていたし、誰も居なかったから先に下着一枚の姿になり、制服のスカートを履きました。
上も同じようにしていたのだと思います。

・・・と、そのときです。
ガチャッと、部屋の戸が開いて誰かが入ってきました。

(あれ、迎えに来てくれたのかな、私が遅かったから)

でも、違いました。
知らない若い男の人が三人部屋に入ってきたのです。

そういえばこの人たち・・・試合中、応援席からじろじろこちらを見ていた男の人です。

その時は気持ち悪いなと思いながらも、相手高校の人かなと、気にも留めず試合をしていたのですが、「下着姿を見せてもらった」とか、「目を付けていたのは正解だったな」とか、確かそのようなことを言ったと思います。

(この人たち覗いていたんだ!!)

私はカーッと顔が熱くなりました。

「でも制服を脱がすのが楽しいから、君がちゃんと制服を着るの待っていたんだ」

そのおぞましい言葉に身体から血の気が引いていきます。

「誰なんですか、あなたたち!!」

男の人たちはロッカーの前で身構える私を左右から抱きかかえるように、部室の奥にある和室に引きずり込んだのです。
鞄もユニフォームもまとめて投げ込まれました。

「やめてくださいっ。馬鹿なことしないでぇ」

必死で私は叫びましたが、あっという間にガムテープを口に貼られてしまいました。

(息苦しい・・・死んじゃうよ。)

その恐怖心の中で、私の両手首はあわせて身体の後ろにガムテープで縛られたのです。

(私、どうなるの?どうして?間違いだよ何かの?先輩とは?)

和室に転がされた私は恐怖心のなかで、まるで自分がされているという実感がありません。
どうしても信じられないのでした。

でも男の人たちは制服の胸をはだけると、ブラを見て歓声を上げました。
そしてスカートを捲るとまた「オーッ」と歓声をあげるのです。

毎日、部活や友達付き合いや勉強だけで目一杯、色気なんか他人事と思っていました。
それだけに、男の人たちの反応が私の気持ちに衝撃でした。

「ふーん。小林祥子、高2か。エッチ写真と一緒に生徒手帳も撮影しておかないと」

カメラが向けられました。
私は目を見開きました。

(大変にことになる)

男の1人がブラを強引にたくし上げました。
白いバストが3人の目に晒されているのです。

(あーいやだぁ)

奇声を上げたかと思うとがむしゃらに音を立てお乳を吸ってきます。

(何でこんなやつに)

憧れの先輩でもここまでは許す心の準備は出来てなかったと思います。

・・・と思っているうちに、別の男の人がガムテープを剥がし、唇を奪ってきました。
歯を食いしばっても舌を押し入れて私の舌を吸ってきます。

(こいつら、殺してやりたい・・・)

初めて恐怖心の中から、怒りがこみ上げてきました。

唯一自由だった下半身をばたつかせ、男の人を蹴ろうとしました。
でも男の人は身をかわし、反対に私の脚の間に男の人の脚が割り込み、閉じることも出来なくなりました。

下着の上からあそこを触ってきます。
その手はすぐに下着の中に滑り込み、デリケートなところに刺激を始めたのです。

(バカァ!何するの!!?)

自分が襲われるという事と、私を感じさせようとする行為とが、全く結びつきませんでした・・・少なくともこの時は。

やがて下半身がスーッと涼しくなり、下着が脱がされたようでした。

「可愛いパンツだねー」

そう言うと男の人はジーンズのポケットに押し込んだのです。
今日は先輩との初デート、高級じゃないけど刺繍の入ったお気に入りのを穿いていたのに・・・。

(はやく、先輩来て)

その願いも叶わず、男たちは私の身体を刺激し続けます。
唇、耳、乳首、そして大切なところを3人はじゅるじゅると音を立てて吸いまくるのです。

(もうヤダ、誰か助けて)

そのとき男の一人が部室の鏡を外して傾け、私から見えるようにしたのです。
夕日を浴びたオレンジ色の部室に、裸同然の身体が映れています・・・。
悪夢だとしか思えませんでした。
でも現実でした。

憧れて入った高校の制服を着たままの姿で・・・犯される。

涙は止まりませんでした。
そして、左右から足を割り開かれました。
テニスのおかげでパンパンに太くなって気にしまくっている太ももが、大きく開かれているのです。

太くったって、嫌いだって、大切な私の身体です。
悔しくて、悔しくて・・・そのはずなのに・・・。

「もうこんなに濡れているよ」

私の身体の変化を男の人の一人が指で唇になすりつけてきた時には、絶望感に近いものを感じました。

そのまま私の身体は男の人の熱いものを受け入れてしまったのです。

(痛いっ!は・い・ら・ない)

ぐーっと仰け反って逃げようとする私を、しつこく突き立てます。

男は興奮して何か口走っていたようでした。
獣のように何度も何度も身体を動かします。

どんどん私の身体から力が抜けていきました。

(先輩、ごめんなさい。さようなら)
そう思っていました。

鈍い痛みの中で、3人目の人が私の上で動いていた時だったと思います。
部室の外で先輩が私を呼ぶ声が聞こえましたが、男に手で口を塞がれていなくても、助けを呼べなかったと思います。

先輩は私が帰ったものと思い、行ってしまいました。

その後、全裸にされた私に向かって男たちはテニスウェアとスコートを放り投げました。

「これで今日は帰りな」

制服は周りに見当たりません。

(早く帰りたい)

私は力なくウェアを着ました。
と、再び悪夢が始まりました。

男たちはテニス姿のまま私を犯すのが目的でした。
先ほどの半分も抵抗できませんでした・・・。
前、後ろ、口・・・3人に同時にも入れられました。

いつまでもいつまでも繰り返されました。
身体の奥底から変化が現れたことも否定しません・・・今だから。
それでも何をされたかとかはほとんど覚えていません。

シャワー室で全身を何度も何度も洗いました。
汚れたテニススコートを着て帰りました。

心の整理なんて出来ないと思っていたのですが・・・。
時間が薬になって、今は普通に学生生活を送っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする