これまで味わった事の無い快感に夢中でピストンを繰り返した…

これまで味わった事の無い快感に夢中でピストンを繰り返した…

高3の夏休みのこと。友人の山田と長井と「一緒に図書館に行こう」と駅で待ち合わせしたのに、一向に長井が来ない。山田に語らい長井の家に行く事にした。
長井の家は図書館から20分位のところにある高級住宅地。玄関ブザーを押すと長井のお母さんが出てきた。小柄で白いブラウスに茶色のスカート、そして素足に白のサンダル。上品そうなお母さんだ。
約束していたことを話すと、早朝に父と渓流釣りに行ったとのこと。

「ごめんなさいねえ」と謝りながら、
「ま、冷たい物でも飲みなさい。」と俺らは居間に通された。

俺んちとは全然違う装飾品。

俺はキョロキョロしていて、ちょうどジュースを持って来たお母さんに肘があたってしまった。

お母さんがジュースをこぼし、俺のズボンに少しかかった。

「ごめんなさい」と言いながら慌ててタオルを持ってきて俺のズボンを拭いた。

お母さんの綺麗な唇、顔、体がほんの十数センチ先にあった。

ソファに座っていたため、下を向くと襟からブラウスのなかのブラジャー、そしてそれからはみだした乳房が、ズボンを拭くたびにゆれるのが見えた。

「もうたまらない」と思った時、山田を見ると俺の目を見て立ち上がりお母さんの後ろに回った。

そして山田は俺の方に向いてかがんでいるお母さんの両手を持ち、仰向けに倒した。

ちょうど万歳するような格好で、そして両手をしっかり押さえた。

何がなんだか解らず、驚愕の表情のお母さんの口に俺はさっきのタオルを押し込んだ。

事態を理解し、もがくお母さん。

おれはスカート、パンティを乱暴に剥ぎ取った。

俺はお母さんの足での抵抗に屈せず両足を開いた。

そこには夢にまで見たおまんこがあった。

薄い恥毛に覆われた人妻のおまんこ。

俺は顔を近づけおまんこの中に思いっきり舌を入れた。

そして中を舌でかき回した。

お母さんの腰が俺の舌の動きを邪魔させそうとしたが、俺はかまわずかき回した。

「いい加減にしろよ」と両手を押さえながらお母さんの耳や顔を舐めていた山田が言ったので、俺はズボンとぱんつを脱ぎチンポをお母さんのおまんこに挿入した。

「なんて温かいんだ」
これまで味わった事の無い快感に夢中でピストンを繰り返した。

でも二・三分で中出ししてしまい、山田に変わり両手を押さえた、押さえながら、耳・首筋・鼻なんかを舐めまくった。

山田も二.三分で終わり俺は両手を離した。

「こうなったらもう声を出さないよな」と俺は言い、お母さんの手を取り立ち上がらせた。
そして寝室に案内させた。

「もう、帰ってよ。主人と子供が帰ってくるの」と言ったが山田が「さっきロッジに泊まって明日帰るって言ったじゃない」と尻を叩いた。

夫婦の寝室、ダブルベットで2人で攻めた。

1人がおまんこにチンポを入れている間、もう一人はお母さんの足の指の1本1本から尻の穴、背中、乳房ところかまわず舐めまくった。

おいしかった。俺たち2人共童貞だったもんなあ。

お母さんはもうされるがままだったが感じている事は十分解った。

2時間位そんなことやってると3人とももう友達みたいになって、一緒に浴室に行った時なんか体を洗いっこしたり、ディープキッス、フェラチオなんかもしてくれた。

結局長井の家には朝の10時頃から夜中の1時ぐらいまでいた。
ひたすらセックス。

帰るとき「今日だけだと約束して」って言われて頷いたけど、俺も山田も別々にチョコチョコ連絡して会っていた。

でもやっぱり最初のあの日が強烈に印象に残っている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする