【H体験談】このままだと中に出ちゃうから・・

【H体験談】このままだと中に出ちゃうから・・

高校2年の時、

1年前に腕の骨折で入れたプレートを抜く手術のため、

とある病院に入院した。

俺が入院していた当時、ある噂がその病院に流れていた。

見た目どこも悪い所がないのに、

なぜか退院せずに2年も入院し続けている女がいるらしい。

彼女の年齢は17歳。

身寄りがないため、

児童保護かなんかで療養として入院している。

スタイルが良く、胸も大きい。

伸びきった髪をかき上げる姿は、

病院の浴衣のせいもあってか妙に色っぽかった。

俺は手術後、傷の治りが悪く2週間入院した。

術後は傷の治りが悪いだけで、

比較的自由な入院生活を送っていた。
そんなある日、談話室の自販機でジュースを買っていると、後ろから噂の彼女に話しかけられた。

「学校はどこ」とか「彼女はいる?」とか、他愛のない話。

今も覚えてるのは、彼女の浴衣の襟辺りから見えた乳首ぐらい。

綺麗な胸をしてた・・・やらしい丸みを帯びててね。

そんな彼女は夜眠れない事が多いようで、1階にある病院の外来の待合室でテレビを観てたりしているらしい。

「夜、一緒に話したいから23時に降りて来て」

その夜、約束していた通り1階の待合室に行くと、彼女は薄暗い中で雑誌を読んでいた。

声をかけると、彼女は「シーッ」と人差し指で口を押さえた。

次の瞬間、首を傾げる俺の手を掴んで女子トイレへと連れて込まれた。

「ずっと入院してるとおかしくなっちゃう。

今日、お風呂の日だったし、大丈夫だからしよう」

強引に唇を重ね、俺の口に舌を滑り込ませてくる。

うねるように動く舌に俺も興奮して彼女の胸を揉みしだいていた。

彼女はブラジャーをしていなかった。

凄く弾力があり、手に吸い付いてくる。

「・・・んんっ」

絡む舌に彼女の吐息と声が混じった。

俺は彼女のパンツの中に手を入れて指で中を弄くり回した。

始めはネチッこく、徐々に激しく。

彼女は口を離し、「もうダメ・・・我慢出来ない」と・・・。

彼女の片足を洋式便所の便座に上げさせ、立ったまま正面からいきり立ったモノを入れた。

彼女は壁を背に、突き上げた快感に浸った顔をしていた。

彼女の膣内はグチョグチョで、その濡れた感触は下腹部や腿でも感じられた。

彼女の足を便座に下ろし、完全に立ったままの状態にした。

対面立位だ。

彼女は俺の腰に手を回し、俺は胸を掴み弄んだ。

激しく腰を動かすと、声を殺しているのに、「んっんっ・・・」と声が漏れた。

彼女の膣内はウネウネと躍動し、俺のモノをしっかり咥え、強く、時に優しく包んだ。

その気持ち良い具合に腰を振る速度が増していく。

「・・・出そう」

俺は彼女の耳元でそう囁くと、「中に出して・・・」と荒い息のまま彼女が呟いた。

俺は中出しするのに対してちょっと不安になり、1度昇りつめた快楽をやり過ごそうと腰の動きを止めた。

すると彼女は「うーんっんっ」と声を出すと、アソコをグッと締めてきた。

「ねぇっ、早く・・・」

その言葉に完全に理性がなくなり、彼女の腰を抑えつけ、ガンガンと激しく腰を振った。

完全に声が漏れてる。

そんな事すら忘れてひたすら腰を振る。

「あっん、イク・・・」

その彼女の声を耳元にで聞きながら、一番深い所で精を放った。

入院前日からオナ禁してたので、大量の精液が彼女の中に出て、腿に伝って流れて出てきていた。

彼女は引き抜いた俺のモノを口に含み、丹念に掃除してくれた。

するとまた俺のモノは彼女の口の中で大きくなり、そのまま口ピストンを続ける。

スピードを増すピストンに耐えられず、彼女の口の中で2度目の射精をした。

「またたくさん出た・・・」

ビックリした彼女は、また口に含んで綺麗にしてくれた。

「今日は気持ち良かった、また明日ねっ」

そう言って巡回員や看護士にバレないように時間差でトイレを出て、部屋に帰った。

こうして入院中毎夜、彼女との秘密の関係が始まった。

彼女と関係を続けてから5日後くらいに、談話室で新しい話を耳にした。

どうやら、2日前から入院してきた12才の女の子に保健体育の講義をしてるらしい。

確かにその子も彼女に懐いて仲良くしてるのを昼間に見かけた。

そんなある夜の事、彼女はその子を連れてきた。

なんでも、してる所を見せたいらしい。

その子も興味津々という感じてドキドキしてるようだった。

彼女はその子の前で俺のモノを取り出し、しごきながら説明してる。

またフェラやしごき方まで教えてる。

そして、便座に座った俺に向かい跨がって挿入。

浴衣を捲し上げ、挿入部位を見せてる。

しばらくピストン運動をした後、彼女は俺のモノを抜き、俺から降りた。

そしてその子に「やってみる?」と聞き、勧め始めた。

その子は少し不安そうだったが、浴衣を脱いでパンツを脱ぎ始めた。

まだ胸も毛もない裸が目の前に・・・。

当時、高校2年の俺には“イケナイ事”という考えが浮かばなかった。

というよりも、目の前の現実に好奇心と本能だけが剥き出しになっていた。

その子は彼女に指でアソコを弄られていた。

指を舐め、唾液のたくさん付いた指で。

彼女はその子を俺に跨がらせ、俺のモノを掴みアソコにあてがい、ゆっくりと中に押し込んでいく。

痛みや違和感に耐え、ちょっと歪んだ表情の子に戸惑いつつも愛おしく感じ、抱き締めた。

彼女は「もう少し」と言うと、その子の両肩を掴みグッと下へ押し込んだ。

「あ゛あ゛っ」

ちょっと悲鳴に近い声が出た。

次の瞬間、1番深い部分まで俺のモノは埋まっていた。

痛みが治まってきた頃になって、彼女はその子に「ゆっくり動いてもらいな」と話し掛ける。

俺もゆっくりと腰を動かし始めた。

しばらくゆっくり腰を動かすと、濡れた声が聞こえてきた。

気持ち良いようだ。

聞いても答えはしなかったが、何かに耐えるような、また気持ち良さそうな何とも言えない表情で頷いていた。

甘い吐息も漏れる。

中はさすがにキツく締め付ける感じ。

しかし蠢くような生暖かく心地よいウネリが感じられ、俺はすぐにでも射精しそうな切羽詰まった状態になった。

「出そうだから、抜くよ」

そう言ってその子を降ろそうとしたが、その子の両腕はガッチリ俺を抱き締めてて離れない。

「このままだと中に出ちゃうから・・・」

そう言うと、その子は「大丈夫・・・」なんて言う始末。

とりあえず、必死に耐えつつも腰を動かす情けない俺。

そして俺の上に乗っかって腰をぎこちなく動かす子・・・。

そんな俺たちを見て、彼女は指で自分のアソコを弄って気持ち良さそうに恍惚の表情を浮かべていた。

そんな姿がさらに俺の興奮を煽り、結局俺はその子の中で果ててしまった。

その子は一瞬何があったのか分からず、キョトンとしていた。

俺のモノを抜くと、破瓜の出血も見られず、ちょっと感動しつつも罪悪感に襲われた。

まだ俺のモノは治まっておらず、次に彼女にも挿入。

自分で弄ってたせいか、いつも以上にグチャグチャなアソコ。

対面座位で胸を舐めたり、指で弄ったり・・・とにかく激しく絡んだ。

「出るっ」

そう呟き彼女の腰を掴んで激しく突き上げた。

リズミカルに喘ぎ声がトイレに響く。

彼女は先に絶頂を迎えたらしく、失神したように口をだらんと開け、焦点の定まらない目をしていた。

脱力からか身体が後ろに倒れそうになる。

慌てて受け止めると彼女は意識を戻した。

「最高・・・今までで一番好き」

そう言った。

しかし、それ以来、夜にその子を連れて来る事はなかった。

彼女曰く、俺を独占したいとの事。

結局、退院するまでの間の約2週間。

正確には11日間の関係だった。

もう10年経つが、それ以来、彼女やその子とも会う事はなかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする